dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > 【コラム】プレイヤーが見る2020年ブロックチェーンゲームの動向Vol.1

【コラム】プレイヤーが見る2020年ブロックチェーンゲームの動向Vol.1

2020年のブロックチェーンゲーム界の動向を振り返ります。今回は垂水ケイさんが寄稿してくださったので、ぜひご覧ください。

こんにちは。垂水ケイ(@tarumi_kei)です。

2020年はクリプトもBCG界隈も大きく変わりましたね。

2021年へ向けて、プレイヤーとして注目している業界の動向についてまとめていきたいと思います。

NFTの流動性改善なるか!?

ブロックチェーンゲーム 2020年 動向

2020年はBCGの課題が少しずつ解消された年でした。

  • ETHなしでのアセット購入
  • ゲームコインの購入やマーケットでのアセット購入に円決済が導入

  • ネイティブアプリの登場
  • エグリプトのように、ウォレットを意識せずにプレイできるゲームの登場

  • 取引の簡略化
  • アセットミラーリングシステム(AMS)により、ゲーム内から出品可能に

となると、BCGの残された大きな課題はNFTの流動性。

実際にゲームアセットを売ろうとした方は体感したことがあると思いますが、適正価格がわかりにくいので、なかなか売れなかったり、ダメ元であろう高値でしか売り板が出ていなかったりします。

NFTの希少性とトレードオフではありますが、エピックくらいまでのアセットであれば、流動性を意識せずに取引したいところ。

2020年からコインチェックがNFTマーケットに手を出し始めてきました。

SANDBOXやクリスペなどと提携を発表していましたね。

多くの顧客を抱えるコインチェックがNFTマーケットを始めることで、NFTの取引が活発になり、流動性が生まれることを期待しています。

Uniswapのように、自動でNFTのプライシングがなされるマーケットの発明も期待しておきます。これができたら革命ですね。

国内BCGの復権

ブロックチェーンゲーム 2020年 動向

2019年は日本のBCGであるマイクリが世界一となったり、クリスペ・コンサヴァのセールが盛り上がるなど、BCG界隈では日本がトップランナーでした。

しかし、2020年はアクシー、ゴッズアンチェインド、SANDBOXなど(セールだけだけど)、海外勢に押されていた印象。

海外勢が積極的にDeFi要素を取り入れたり、Play to Earnなゲームシステムにしていた一方で、日本は法律の絡みもあって遅れをとりました。

個人的には、このリードは一時的なものだと思っています。

実際にDeFi要素を取り入れたようなBCGを初めてプレイした時は、その真新しさからテンションが上がったものの、ゲーム自体がしっかりしていないことが多く、すぐに飽きてしまいました。

プレイヤーの属性的にも、稼ごう稼ごうとするユーザーが多くなりますから、ゲームとしても長続きし難いかなという印象。

ゲームの面白さが同じであれば、法定通貨決済やオンチェーン/オフチェーンをあまり意識させないインフラが整っている方がプレイヤーは喜びます。

国内のBCGは、2020年はゲームコンテンツやインフラの土台を堅実に固めてきたと思います。

2021年はこれが効いて、世界一に返り咲くんじゃないかなと期待しています。

NFTコンテンツの拡大

ブロックチェーンゲーム 2020年 動向

NFT=ゲームアセットというのが、2020年前半でした。

DeFiが盛り上がってきたあたりから、NFTにDeFi要素を持たせたり、アートNFTが盛り上がってきたりと、NFTの用途に広がりが見られました。

日本国内でも、SKEのNFTトレカが販売されたり、漫画と絡めたNFTが登場したりしましたよね。

特にSKEのNFTトレカはすぐに完売して、SKEの強さとNFTの可能性を垣間見ることができたと思います。

NFTの用途がゲーム以外のエンタメにも広がり、NFTを通じたゲームとのコラボが2021年に出始めるかもな、と期待しています。

2020年の総括と2021年のテーマ

ブロックチェーンゲーム 2020年 動向

2020年はマイクリやクリスペが2周年を迎えました!おめでとうございます。

正直、2年も続かないんじゃないかと思うこともありました。

アセットの売れ行きが悪くなって不安になったり、ゲーム運営の儲けってちゃんとあるの?って気にするのは、自分のアセットの使って遊ぶBCGだからこその体験。

個人的に2021年のBCGのテーマは「持続可能性」だと思っています。運営も、プレイヤーも。

生き残っている姿を見せないと、後続の参入もし難いですし、プレイヤーからしてもアセットを購入するのを躊躇してしまいます。

生き残ることってすごく重要だと思います。

2021年は、2020年に整えたインフラを生かしつつ、新しくBCGで遊ぶプレイヤーも安心して楽しめるような状況・雰囲気になっていくといいですね!

まとめ

まとめ

プレイヤー目線で、2020年のBCGの振り返りと2021年への期待をまとめました。

今年はNFT用途の広がりやインフラ構築が印象的な一年でした。

俺がBCGを始めた2018年と比べると、かなり快適で楽しめるようになってきた印象。スキャムも減ったし。

2021年は今以上にBCGを楽しめる一年になりそうです!

2020総括!プレイヤーが見るBCGの動向
プレイヤー:垂水ケイさん
プレイヤー+運営:でりおてんちょー
プレイヤー+クリエイター:キヨスイさん
メディア:ダプマ執筆
暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所

記事一覧