dApps Market > other > 【コラム】プレイヤーが見る2020年ブロックチェーンゲームの動向Vol.3

【コラム】プレイヤーが見る2020年ブロックチェーンゲームの動向Vol.3

2020年のブロックチェーンゲーム界の動向。今回は動画クリエイターでもあるキヨスイさんにお話しを伺いました。

こんにちは。キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

今回は2020年のブロックチェーンゲームの動向を振り返っていきます。

プレイヤーから見た海外勢の躍進や動画クリエイターから見た動画メディアについて語っていきます。

海外プロジェクトの躍進

ブロックチェーンゲーム 動向 2020 振り返り

もう、海外勢が目立った!ゲーム以外を考えてもDeFiやデジタルアートなど含めても海外が凄かった!

あれ?このまま乗っ取られる?って勢いで2019年にため込んでいたものを全て吐き出すようにプロジェクトが前進していきましたね。

  • アクシー
  • Sorare
  • F1 Delta Time

ゲーム関連で考えると、この3つが目立っていました。

アクシー

ブロックチェーンゲーム 動向 2020 振り返り

とうとうデイリーユーザーが17000人を超えているアクシー。

Play to earnがフィリピンをはじめ、めちゃくちゃ刺さってどんどんユーザーが増えていきます。

そして可愛い見た目をさらに可愛くしたランド!

デモ版がリリースされ、ランド所有者たちは盛り上がっていました。

こちらは今後の正式リリースにも期待です。

アクシー公式

Sorare

ブロックチェーンゲーム 動向 2020 振り返り

数年前からあったプロジェクトですが、2020年になって一気に火がつきました。

特にその中の要因の1つとしては、Jリーグのライセンス確保でJリーガーたちがNFTとなり、注目を集めたと思います。

もうひとつは、ビッグクラブとの契約でスター選手たちがどんどんNFTになっていく…こんな状況を2018年のあなたは想像しただろうか?

とうとうサッカーを見ない人でも知っている、レアル・マドリードと契約されましたからね…(笑)

そして、バルセロナのディフェンダーであるピケがアドバイザーとして参画するという…

あれ?ブロックチェーンってマイナー業界じゃなかったっけ?

Sorare公式

F1 Delta Time

ブロックチェーンゲーム 動向 2020 振り返り

ぶっちゃけ、これだけ全然触ってなくて眺めてただけなんで語れないんですよ…F1あまり興味がなくて…すいません。

とは言え、F1 Delta Timeの躍進は凄かったと思ってます。

まだ開発途中ですが、なんかわかんねーけど超すごくね?っていうゲーム映像がツイッターで流れてファンが盛り上がったのを記憶しています。

超有名IPになるので、アセットの売買価格も派手ですし、ブロックチェーンゲームでもこれだけ有名なものが使用されるときが来たのかという印象です。

F1DeltaTime公式

海外YouTuber出現

ブロックチェーンゲーム 動向 2020 振り返り

海外プロジェクトの躍進の裏付けは海外YouTuberが物語っているとも言えます。

2020年に海外でブロックチェーンゲームを専門に扱うYouTubeチャンネルがちらほら出てきました。

2019年はブロックチェーンという大枠で見たら、いくつかあったんですがゲームに特化したチャンネルはなかったと記憶しています。

なので、2019年はほぼ日本の動画クリエイターのみだったんですよね。。。

それが、2020年になって一気に風向きが変った…

ブロックチェーンゲーム 動向 2020 振り返り

こちらのチャンネルは今は3000人以上の登録者がいます。

彼、2020年の上半期は僕よりチャンネル登録者少なかったんですよね…僕は彼が出現した時から追いかけていました。

「お!海外でも同じようなことする人出てきた!」って喜んでいたのを覚えています。

喜んでいるのは束の間…

夏を過ぎる頃には一瞬で僕は追い抜かれていきました…

きっかけになった動画はこちら、アクシーでの稼ぎ方の動画です。

もう、この動画があれよあれよと再生回数が増えていく!フィリピンユーザーも増えていく!そして彼の投稿数も増えていく!

と、まぁこんな流れで僕は一瞬で彼に置いていかれました。

このチャンネルの出現が海外プロジェクトの勢いの証拠になっているのでは?と僕は思っています。

国内の動画投稿が減少

ブロックチェーンゲーム 動向 2020 振り返り

一方、国内の動画投稿者を見てみると…

あくまで把握している範囲ですが、定期的に投稿をするクリエイターは2020年でほぼいなくなったと認識しています。

もちろん、ミラティブやYouTubeライブ限定で配信している方はいますが、そういう感じじゃなくて対外的に定期的なやつはほぼいない…

おーい!みんなどこ行ったのぉ?

かく言う僕も投稿数は減っています。週に2~3本程度に激減しました。

登録者はちょこちょこ増えているものの、全体的に死ぬほど落ちています。

特にYouTubeは数字がほぼ全て見れるので、こういうのは如実になりますよね(笑)

僕が投稿数が減った理由は、やればやるほど赤字になる状態…いや、もう体身から目に見えない流血をしているしれないという状態になってしまったから(笑)

この様に海外プロジェクトの躍進と共に国内投稿者減少は、問題だなと感じていました。

この問題はどうすれば?

ブロックチェーンゲーム 動向 2020 振り返り

Youtubeという媒体の人気がどこまで続くのかはわかりませんが、現状だとYouTubeで調べ物をする人は圧倒的に増えてきていると感じています。

特にゲームという部類になると、尚更そうなっていく傾向が強いので市場拡大にはある程度の影響はあるはずです。

現状を改善するには「鶏が先か、卵が先か」の話になってしまいますが…

  • 再生が取れるゲーム(国産)の出現
  • 色んな要因を含め動画がバズる

基本的にこの2つのどちらかかなという感じはしています。

後者は前者の影響があると思ってはいますので、やはり前者の出現が鍵になってくるのかなと思っています。

数字が取れれば、うまみを感じて参入してくる動画クリエイターも増えてくると思います。あとは良いスパイラルになって拡大してくのが想像つきますね。

あくまでゲーム配信者はキュレーターという属性が強い立場なので、他力本願に聞こえてしまいますが…

これが実態なのでは?というところです。

2021への期待

ブロックチェーンゲーム 動向 2020 振り返り

少しネガティブな要素ぶち込み過ぎましたかね?(笑)

あくまで2020年のお話なので、もう終わった話と言えば終わった話です。

2021年、2022年と時間が経っていくごとに状況が変わっていく可能性もあるので、楽しみにしていきましょう。

LINEも少しづつ動きが出てきていますし、マイクリSもそろそろ動き出しそうな予感もありますので、国産ゲームという枠ではこの辺りに期待をしていきたいです。

企業が動き出してプロダクトを出した時に、少しでもバックアップできる様に僕は細々と動いていきたいと思っています。

その時、動画投稿する仲間が出てくることも同時に期待していきたいです。

まとめ

まとめ

2020年は海外プロジェクトの勢いが凄かったのは認めざる得ません。

日本と海外では法律の違いなどで、色々と大変なところもありますが、事業者のみなさま2021年も頑張ってください。

僕は僕で協力した時に良いシナジーが出せる様に少しでも登録者を増やしておこうかと思います(笑)

2020総括!プレイヤーが見るBCGの動向
プレイヤー:垂水ケイさん
プレイヤー+運営:でりおてんちょー
プレイヤー+クリエイター:キヨスイさん
メディア:ダプマ執筆
暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所

記事一覧