SBINFT Market SBINFTマーケット企業情報

【決定版】SBINFT Market|始め方・使い方と口コミ評判ガイド

SBINFTマーケット(SBINFT Market)の登録方法やNFTの購入・買い方・出品(販売)方法まであらゆる情報をまとめています。口コミ評判も記載しているのでご参考下さい。

SBINFT Market SBINFTマーケット新着情報

新着情報はありません
新着情報を更新次第、こちらに追記致します。

基本情報

SBINFT Market SBINFTマーケットSBINFT Marketとは?

SBINFT Market SBINFTマーケット特徴

SBINFT Market SBINFTマーケット掲載・取り扱いNFT

利用ガイド

SBINFT Market SBINFTマーケット始め方:登録・アカウント作成

SBINFTマーケット

SBINFTマーケットを利用する手順を紹介します。

基本的には以下のものがあれば大丈夫です。

  • ウォレット(メタマスク)
  • 決済手段(ETH、MATIC、クレジットカード)

この2つがあれば購入から二次流通などすべて利用できます。

まずはこちらの準備を行ってSBINFTマーケットのNFTを売買するようにしてください。各準備については、以下で解説しています。

Guide - NFT

NFTの始め方|必要な準備を紹介

  • STEP1

    ウォレットの接続

  • STEP2

    アカウントの作成

SBINFT Market SBINFTマーケットNFTの購入方法

NFT一覧

NFTの購入・買い方

次はNFTの購入について説明します。

ウォレットを使う部分以外には、基本的にネットショッピングとあまり変わらない手順でNFTの購入が行えるようになっているので試してみて下さい。

またクレジットカード決済であれば、いつも通りの購入で大丈夫です。

  • STEP1

    掲載NFTの一覧を表示

  • STEP2

    欲しいNFTを探す

  • STEP3

    購入するNFTの詳細画面へ

  • STEP4

    支払い申請

SBINFT Market SBINFTマーケットオークション

オークション

オークションの場合は入札が必要です。

こちらも購入するNFTの詳細ページに行くと、入札するのボタンがあるので、こちらを選択して自身の入札価格を入力していきます。

この時、最高入札額より高い金額が必要なのでボタン上部の入札状況も見ておきましょう。

入札情報入力ページ

入力画面では入札価格を設定します。

また規約の同意にチェックを入れて、入札するのボタンを押せばメタマスクが起動するのでトランザクションを発生させて下さい。

入札完了画面

トランザクションが通れば入札の申請は完了。

注意点としては、入札のたびにトランザクション手数料(ガス代)が必要となるので、入札合戦になるとガス代が思った以上にかかることも。

もちろんこのガス代については落札できない場合も返却されません。

SBINFT Market SBINFTマーケットクレジットカードでの購入

メールアドレス登録画面

クレジットカードは一次流通で決済が設定されているもののみに利用が可能。

こちらは事前にメールアドレスの登録が必須になるので、設定がまだの方は事前にメールアドレスを申請しておいてください。

クレジットカード

あとは支払い時の確認画面でクレジットカードを選択。

こちらを選択することで、クレジットカード情報の入力フォームが出てくるので、こちらに必要な情報を入力して購入を進めて下さい。

情報入力画面

入力に必要な情報は以下です。

  • クレジットカード番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード(裏面3桁の数字)
  • カード名義

これらの情報を入力したあとは、規約に同意を行い購入するのボタンを押せば支払いの申請を行うことができます。

このタイミングでカードの本人確認(パスワード入力)が発生するので、最後にこちらの情報も送信すれば、購入の申請は完了です。

NFTの購入が完了すると登録したメールアドレスに連絡がくるので確認してみて下さい。

SBINFT Market SBINFTマーケットNFTの出品方法・売り方

出品

NFTの売却方法

購入したNFTを二次流通するのも簡単に行えます。

基本的に公認クリエイターでなければ、このNFTの売却は二次流通(購入したNFTを手放す)となるので、やり方などもしっかりと覚えておくといいでしょう。

  • STEP1

    MYPAGEにアクセス

  • STEP2

    出品するNFTの詳細画面へ

  • STEP3

    販売情報の入力

  • STEP4

    売却の申請

SBINFT Market SBINFTマーケットNFTの送付

NFT詳細画面

SBINFTマーケットではNFTの送付も可能です。

こちらはプレゼントしたいNFTの詳細ぺージに行き、下部にあるカバンのようなアイコンをクリックすることで送付の申請が行えるようになります。

ウォレットアドレス入力画面

あとは送付先のウォレットアドレスを入力。

転送のボタンを押すとウォレットが起動するのでガス代を支払って、トランザクションが通ればNFTの送付は完了しています。

ここでもガス代だけ必要になるので覚えておきましょう。

口コミ・評判

SBINFT Market SBINFTマーケットユーザー評判・口コミ

ユーザー評判・口コミ

  • @ryua_marines

    りゅー

    初めて期待できるNFTが出てきた気がする。がんばれSBINFT!

    午前11:23 · 2022年3月17日·TweetDeck

  • @sunnyday_photo

    mutoyuya.eth | 武藤 裕也 FND

    SBINFT @sbinft_marketのメタバースにNFT作品を飾ってもらっている~😆

    午後7:19 · 2022年3月17日·Twitter Web App

  • @2929ojisan

    2929おじさん

    SBINFT,リリースラッシュですごいな……NFT盛り上がってくね

    午後7:17 · 2022年3月17日·Twitter Web App

  • @ggganpj

    ggga

    SBINFTで何となくトロタク買ってみた。
    あまり他のマーケット知らないけど使いやすいっぽい。
    トロタクはうまいよね。

    午後6:49 · 2022年3月17日·Twitter for android

SBINFT Market SBINFTマーケット当メディア評価

ロードマップ・提携

SBINFT Market SBINFTマーケットロードマップ

ロードマップ

明確なロードマップは公開されていません。

ただ今後の予定としては、対応チェーンの拡大(現在はWAXを検討)することや、ユーザビリティ強化のため、ソートや検索機能の拡充も。

またSBINFTが保有しているメタバースでのイベントなども開催される可能性はあるので、公式の情報は随時チェックしておくといいと思います。

公式ツイッター

SBINFT Market SBINFTマーケット提携先・投資家

提携先

SBINFT Marketの投資家・提携先を紹介。

すでにブロックチェーンをメイン事業としている企業からも出資が行われているので、こちらの内容も興味のある方はチェックしてみて下さい。

SBI Investment

SBI InvestmentはSBIグループのベンチャーキャピタル。

これまでも1,000社以上に投資を行っており、この中からもIPOやM&AでEXITと言った企業が多く出てきています。

SBI Investment公式

スタートバーン株式会社

スタートバーン株式会社はブロックチェーンに関する事業を展開。

SBINFTとのシナジーについては、同社が知見を持つ証明書NFTを公認クリエイターのNFTに付属させるという取り組みも行っています。

スタートバーン株式会社公式

株式会社和らしべ

株式会社和らしべはWeb3分散型ブログHiÐΞを運営する企業。

ブロックチェーン関連の開発力も優れており、日本でも注目されている企業となっているので今後の連携に期待です。

株式会社和らしべ公式

JPYC株式会社

JPYC株式会社は日本円ステーブルコイン「JPCY」を発行する企業。

nanakusaの頃から共同でイベント開催などを行っていたので、今後も両社が連携して何かしらのイベントが開催される可能性も。

またJPYCを活用した決済導入にも期待です。

JPYC株式会社公式

SBINFT Market SBINFTマーケットよくある質問

ツイート