ツイート

メタマスク・レイヤー2に接続|カスタムRPC設定を行う方法まとめ

メタマスクをレイヤー2のチェーンに接続する方法や手順を紹介しています。カスタムRPCの設定が必要なので、覚えておくといいでしょう。

レイヤー2でガス代節約

メタマスク レイヤー2 カスタムRPC

ガス代の高騰で注目が集まるレイヤー2。

このレイヤー2を使用することで、これまで必要であったガス代を削減できたり、トランザクションの高速化が行えるので、今後もこれらは発展するでしょう。

ただこちらは、既存のイーサリアムのチェーンとは別です。

そのため、これらのチェーンでメタマスクを活用する場合は、少し設定を行わないといけないので、今回はこちらの設定方法を解説します。

今後多くの場面で活用するはずなので、しっかり覚えておきましょう。

カスタムRPCの設定方法

メタマスク レイヤー2 カスタムRPC 設定手順

では早速、レイヤー2に接続を行う方法を説明します。

メタマスクをその他のチェーン上で活用できるようにするためには、カスタムRPCの設定を行う必要があるので、まずはメタマスクを開きます。

メタマスクの上部にある接続ネットをクリックしてください。

すると、接続が行えるネットワークの一覧が表示されるので、こちらの一番下にあるカスタムRPCをクリックして、新たに接続するネットの情報を入力します。

メタマスク レイヤー2 カスタムRPC 入力情報

入力する情報は、以下になります。

  • ネットワーク名
  • PCR URL
  • チェーンID
  • 通貨シンボル(任意)
  • エクスプローラーURL(任意)

これらの情報を入力して、保存を行えばチェーン情報は保管されます。

あとは、対象(例えばPolygonなど)のチェーンにメタマスクでアクセスを行いたい時に、上部のネットワークを該当のものに変更してアクセスすればOKです。

また入力する情報については、公式サイトなどで公表されています。

こちらも間違って入力すると、チェーンへの接続ができない他、フィッシングサイトなどの情報を参照すると、変なものに繋がれる可能性があるので注意しておきましょう。

具体的な設定例は、後に紹介します。

ネットワークの削除

メタマスク レイヤー2 カスタムRPC 削除

もし何かしら間違ったものを登録した場合は、削除も簡単にできます。

削除は、上部から保存しているネットワークの一覧を表示し、消したいものにカーソルを合わせることで、「×」が出るので、こちらを押せばOKです。

あとは削除のボタンを押せば、ネットワークを消去できます。

こちらは再度追加も可能なので、状況に応じて活用ください。

代表的な対応チェーン

メタマスク レイヤー2 Polygon BinanceSmartChain

では、今後メインで活用されるであろうチェーンの情報も記載します。

  • Polygon・Matic
  • BinanceSmartChain
  • Avalanche
  • AstarNetwork

特にこの2つは、国内外のプロジェクトでもよく利用されているので、以下で紹介するカスタムRPCの情報を入力し、いつでも接続できるようにしておきましょう。

入力は、1分もあれば完了します。

Polygon・Matic

メタマスク レイヤー2 Polygon カスタムRPC 設定
Polygon カスタムRPC
ネットワークPolygon mainnet
PCR URLhttps://polygon-rpc.com/
チェーンID137
通貨シンボルMATIC
エクスプローラーURLhttps://polygonscan.com/

Polygonは、国内のプロジェクトも多く活用するチェーン。

マイサガやnanakusaなど、ゲームからアート関連まで、幅広い分野で活用されているチェーンなので、まずはこちらの設定を行っておくといいと思います。

今後も対応は増えるはずなので、こちらはチェックしておきましょう。

Check:Matic|接続方法と入金のやり方

BinanceSmartChain

メタマスク レイヤー2 BinanceSmartChain カスタムRPC 設定
BSC カスタムRPC
ネットワークBinance Smart Chain
PCR URLhttps://bsc-dataseed.binance.org/
チェーンID0x38
通貨シンボルBNB
エクスプローラーURLhttps://www.bscscan.com

BinanceSmartChain(BSC)は、大手取引所バイナンスが作成したチェーン。

現状は、PancakeSwapなど多くのDeFiで活用されることが多いので、DeFi系のプロジェクトを触る人は、こちらも設定しておいて損はないです。

ゲーム関連も少しづつ増えているので、こちらも注目しておきましょう。

Check:バイナンス|口座開設のやり方

バイナンス公式

Avalanche

カスタムRPC設定
カスタムRPC設定
ネットワーク名Avalanche Mainnet C-Chain
RPC URLhttps://api.avax.network/ext/bc/C/rpc
チェーンID43114
通貨記号AVAX
エクスプローラーURLhttps://snowtrace.io/

AvalancheはDeFiに特化したチェーンとして注目を集めています。

現在はDeFiにとどまらずブロックチェーンゲームやNFTにおいても活用が増えているので、チェーンの追加を行っておくといいでしょう。

こちらも低コストで処理速度がかなり速いので要チェックです。

AstarNetwork

AstarNetwork カスタムRPC
ASTAR カスタムRPC
ネットワークAstar Mainnet
PCR URLhttps://evm.astar.network/
チェーンID592
通貨シンボルASTR
エクスプローラーURLhttps://astar.subscan.io

AstarNetworkは日本発のパブリックチェーン。

ポルカドットにスマートコントラクトが実装できる機能を備えたチェーンとなり、今後はこれらを活用したDappsの登場が期待されています。

※ポルカドットとDappsのハブになるイメージ

すでにこのチェーンを利用したNFTのセールなども始まっているので、興味のある方こちらのカスタムRPCの設定も行っておくといいでしょう。

メインネットのプロバイダー変更

メインネットのプロバイダー変更も記載しておきます。

なぜこれが必要かというと、現状のメタマスクは利用しているプロバイダーの規約変更の影響で利用制限などがかけられる可能性があるためです。

※ウクライナ問題で顕著化

そのため、現状利用しているInfuraからの変更方法も覚えておきましょう。

Alchemy

変更を行うには、まずAlchemyでアカウントを作成します。

  • アカウント作成
  • Googleアカウントなどで作成可能
  • 利用するネットを選択
  • Ethereumを選択
  • 名前の設定
  • チーム名とアカウント名(任意で設定)

あとはプランの選択(FreeでOK)とクレジットカードの登録(スキップも可能)を行えば、Alchemyのアカウントの作成は完了します。

Alchemy

ETH キー
Alchemy カスタムRPC
ネットワークAlchemy-ETH Mainnet
PCR URL表示されているもの
チェーンID1
通貨シンボルETH
エクスプローラーURLhttps://etherscan.io/

アカウントの作成が完了するとRPC URLが発行されます。

あとはこれを使って、メタマスクのカスタムRPC設定を行えばでETHメインネットで利用するプロバイダーの変更を行うことが可能です。

このAlchemyは無料プランであると利用に関する制限がつくようになっているので、こちらは色々と検討して利用するものを決定しましょう。

※今回のAlchemyは一例です

まとめ

まとめ

メタマスクをレイヤー2で活用するための設定を紹介しました。

現状は、対応しているチェーンも少ないですが、今後はより多くのL2チェーンにも対応するはずなので、こちらのやり方は覚えておくといいでしょう。

L2を活用すれば、スケーリング問題も快適になるのでおすすめです。

ぜひこちらも活用して、色々なプロジェクトも触ってみてください。

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所を比較
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所
仮想通貨取引所ランキング

記事一覧