ツイート 目次 目次を閉じる
仮想通貨を取り扱う時の注意点!初心者が覚える6つのポイント

仮想通貨を取り扱う時の注意点!初心者が覚える6つのポイント

仮想通貨を始めるにあたり、覚えておきたいポイントをまとめました。どれも基本的なことですが、かなり重要なことなのでご確認ください。

  • ご利用ガイド
  • 仮想通貨を取扱う前の注意点

仮想通貨を始めるにあたり、初心者の方が注意したいポイントを紹介します。

リスクやどのような注意点があるのかを知っていることで、自分の資産を守ることができるので、こちらは必ず覚えてから仮想通貨の取り扱いを行いましょう。

今回あげるポイントとしては以下です。

  • 価格の変動リスク
  • 操作上のミス
  • 資金の保管体制
  • ギャンブル性の高い取引
  • 詐欺や勧誘など
  • 税金関係

まずはこれらが仮想通貨を扱う上での基本です。

ここではこれらの詳細な内容について解説を行っていきます。

価格の変動リスク

仮想通貨 変動 ボラティリティ チャート

まず1つ目が価格変動があることです。

世間では、ビットコインの価格高騰でニュースなどにも大きく取り上げられますが、もちろん金融商品の1つなので、上がり続けることはありません。

上記は、4日で価格が約115万円下落した事例。

仮想通貨では、株などの金融商品よりも価格変動が激しい(上下20%はよくある)ので、買ってから下がる可能性も十分にあります。

仮想通貨 変動 ボラティリティ チャート

特によくわからない銘柄などは、特に変動が激しいです。

何も知らないうちから、むやみやたらに投資するのではなく、まずは少額で始めて、価格変動に慣れてきてから投資金を徐々に上げていきましょう。

下落時の対策は下記でまとめているのでご参考に。

Check:ビットコイン下落時の4つの対策

ポイント

ボラティリティが怖いという方は、ナンピン投資がオススメです。

ナンピンとは、定期的に決められた金額だけ仮想通貨を購入する方法なので、平均取得価格を安定させることができるので、初心者の方にも有効です。

コインチェックであれば、積み立て投資も対応しています。

操作上のミス

仮想通貨 ウォレット 送金

2つ目は操作上のミス。特に入出金時のアドレス入力ミスです。

仮想通貨を送金するときは、ウォレットアドレス(銀行の口座番号のようなもの)を入力するのですが、もちろん送金先それぞれで、別の英数字の羅列になります。

このアドレスの入力を間違ったまま送金してしまうと…

基本的に送金分の資金は、無くなってしまうことと同意なので注意しましょう。

ウォレットアドレスの例
BTC16WqKXMUMtWt9koY5gDz2WJZMC3XFOview
ETH0x886c6c008a5db88ef75e145348nn6f453a34d8bc
XRPrNQOGJA5PsoSrZRn9J6RajAYhcDzzhf8ok
XEMNA3FZM69LRCVRJYXLIXWHQDKIKMLHY6KFO253ICC

また、送金する仮想通貨の種類によっても、アドレスは異なります。

BTC(ビットコイン)を送ろうとしているのに、ETH(イーサリアム)のアドレスに送ってしまっても、資金を失う可能性は高いので注意してください。

送金ミスは、よく問い合わせも来るので、最も重要視したいポイントです。

ポイント

仮想通貨の送金を行うときは、事前に少額を送ってテストしましょう。

特に大きな資金を動かそうとして、送付先を間違った場合はシャレになりません。仮想通貨に慣れたユーザーもミスをするので、この手間は大事です。

資金の保管体制

仮想通貨 ウォレット パスワード 秘密鍵

資金の管理体制もかなり重要です。

特に仮想通貨を自身のウォレットで保管する場合に、バックアップ(シードフレーズや秘密鍵)を取っていない人が多すぎます!

バックアップを取っていないと、万が一の時に復元はできません。

これらをオフラインで保管というのは面倒…

※オンラインではハッキングの危険性があるため

そんなことをいうのであれば、ウォレットに保管せず取引所に置きっぱなしにしておいた方が、数倍マシだと思います。(二段階認証は必須ですが…)

仮想通貨 ウォレット セキュリティ

仮想通貨を触るのであれば、セキュリティや保管体制は万全にしましょう。

どの通貨を買うか考える前に、どういった保管体制にするかを考えてください。

過去の失敗例も下記においておきます。

Check:メタマスク|バックアップを紛失した時の対策

ポイント

バックアップ関連は、絶対に保管するとともに、誰にも教えてはいけません。

このような情報を与えてしまうと、資産を抜き取ることが用意なので、シードフレーズや秘密鍵は、自身で管理を行ってください。

ギャンブル性の高い取引

仮想通貨 レバレッジ取引

またギャンブル性の高い取引もオススメできません。

これはレバレッジ取引を指すのですが、特に初心者の方は、最高倍率100倍をかけた取引を行いがちなので、こちらは止めておきましょう。

ちょっとした価格変動でロスカット(資金0)になるだけです。

もちろんレバレッジ取引が悪いものというわけではありません。

トレードが上手い方は、リスク管理を上手く行いながら資産運用を行っている(基本数倍で取引)ので、有効的に活用していくといいと思います。

ただ何も考えず高リターンを狙った取引が危険ということです。

ポイント

初心者の方でも、ボーナスを使えばリスクを抑えてレバレッジ取引が可能です。

現状Bybitでは、登録や入金等でボーナスが貰えるようになっているので、まずはこちらを使って、試験的にチャレンジしてみるのはアリでしょう。

ボーナス付き!bybitの登録方法を解説

詐欺や勧誘など

仮想通貨 詐欺 勧誘

仮想通貨も目立ったタイミングで詐欺が横行します。

  • 高配当を謳ったもの
  • 新規通貨の代理購入
  • 架空のプロジェクトへの出資

これ以上に様々なものがありますが、基本的に美味しい話はありません。

こちらは金融庁からも指摘があるように、最終的には運営や勧誘してきた人と連絡が取れなくなり、投じた資金が取り戻せなくなるので注意です。

美味しい話には裏がある。

どんなに信頼できる人からの誘いでも、まずは一回疑う癖をつけましょう。

Check:実例!詐欺の手法とその対策

ポイント

仮想通貨への出資勧誘や高配当を謳ったものは、大半が詐欺です。

最近では出会い系(マッチングアプリ)などで、異性と出会い出資を促されたといった内容のものもあるので、こちらも注意しておきましょう。

税金関係

仮想通貨 税金 累進課税

また仮想通貨の税制は少し特殊です。

まず基本的なこととしては、仮想通貨で得た所得(取引所から出金ではなく利益ベース)が年間で20万円を超えると、確定申告が必要になります。

しかもこの所得の計算もややこしいです。

  • 仮想通貨を売却したとき
  • 決済で仮想通貨を利用したとき
  • 仮想通貨同士の取引したとき

正直、こちらの管理も難しいので、税理士などに相談したほうが無難。

また課税の割合も、累進課税なので株などに配べて高いです。

課税される所得金額税率(所得税)控除額
195万円以下5%0円
195万円~
330万円以下
10% 97,500円
330万円~
695万円以下
20% 427,500円
695万円~
900万円以下
23% 636,000円
900万円~
1,800万円以下
33%1,536,000円
1,800万円~
4,000万円以下
40% 2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

参考:国税庁資料

こちらは累進課税なので「給与所得+他の所得」という計算。

しかも最高は45%の税率ですが、これに加え住民税等を加えると最高で55%の税金を納める必要が出てくるので、税金を確保することも大事です。

特にこのような計算や申請は面倒。。。

ただ放置していると、後々面倒なことになるので、しっかりと税金計算を行い、確定申告を行うようにしてください。

ポイント

仮想通貨の税制は特殊です。

個人ではわからないことが多いので、利益が出た場合はしっかりと税理士の先生に相談して確定申告を行うことをオススメします。

まとめ

まとめ

仮想通貨を扱う上で、まず覚えておきたい重要なことを紹介しました。

今回紹介したものは、絶対に覚えておくべきことですが、なかなか認知も広がっていないので、この記事を読んだ人だけでも、絶対に覚えておいてください。

どれか1つでもおろそかにすると絶対に後悔します。

まずは基本的なことを覚えた上で、仮想通貨に触れてみましょう。

Check:仮想通貨投資を0円で始める方法

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所

記事一覧