dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > 【コラム】ダプマが見る2020年Dapps市場の動向と今後の期待
【コラム】ダプマが見る2020年Dapps市場の動向と今後の期待

【コラム】ダプマが見る2020年Dapps市場の動向と今後の期待

2020年のDapps市場の注目しておきたい動向と今後の期待をまとめました。ざっくりとした内容ですが、NFTの可能性は大きく変わったと思います。

今回は特別コラムとして、様々なプレイヤーの方々から2020年のブロックチェーンゲーム・Dapps関連の動向を寄稿していただきました。

こちらのコラムは下記でご確認いただけるので、合わせてご確認を。

2020総括!プレイヤーが見るBCGの動向
プレイヤー:垂水ケイさん
プレイヤー+運営:でりおてんちょー
プレイヤー+クリエイター:キヨスイさん
メディア:ダプマ執筆

そして最後の締めとして、ダプマもDapps市場の動向を振り返りたいと思います。

何かと色々新しい動きが見えた2020年。

今後に期待できることも多かったので、簡単にまとめていきます。

2020見るべき業界の動向

Dapps 2020 総括

ではダプマが面白いと感じた2020年の動向を振り返ります。

ちょっと広めのテーマで以下に注目しました。

  • DeFiの活性化
  • IP系プロジェクトの参戦
  • アート系NFTの需要

これまでのゲームでは、主にゲーム面での注目ポイントを解説してもらったので、今回はゲーム面以外の部分にもフォーカスしていきたいと思います。

DeFiの活性化

まず今年の最大のインパクトとしては、DeFiが活性化したこと。

こちらはUNI給付金などで盛り上がったことも覚えている方も多いと思います。

またDeFiでは大きな資金をつぎ込むことで、強力なリターンが得られる可能性があることから、一気にブームが訪れ、その結果ガス代も高騰。

これはブロックチェーンゲームにも大きな影響となりましたね。

ユーザー間の取引や運営のセールもこの影響で中止という事態にも。

ただこのガス高騰によって、運営側の対策も進み、今ではガス代なしでトレードができる環境を構築したり、よりユーザーに負担のかからない仕組みが出来始めています。

インフラを整えるという意味ではよかったのかもしれませんね。

またこのDeFiのブームの影響はDapps市場にとどまりません。

DeFiのブームはBTCの価格にも影響したと考えられます。

コロナショックから、大きな価格の伸びを見せたビットコインですが、1万ドルの節目を彷徨っている頃にDeFiブームが到来し、もう一段価格がジャンプしています。

この背景には、DeFiを活用するためにWBTCが活用されたこと。

※WBTCは、イーサチェーンで使えるBTCのようなもの

Dappsにとどまらず、仮想通貨市場全体に影響を与えた大きな事例としては、2020年の中でも、このDeFiのインパクトはかなり大きなものとなったでしょう。

また今後はこの精査も進み、より良いプロジェクトが出ることに期待。

もちろん既存のプロジェクトでも、ブロックチェーンゲームに関する通貨のトレードが容易になったりといい面もあったので、この辺りのシナジーも楽しみです。

IP系プロジェクトの参戦

ブロックチェーンゲームとしては、IP系の参入が多かった年と言えます。

F1・NBA・MotoGP・ファンタジースポーツなど以前から動いていたプロジェクトではありますが、ゲームローンチやNFTのリリースなど、本格的な動きも見せています。

さらにこれらのアセットセールについては、かなり大きな金額も動きました。

特に凄かったのがF1デルタタイムの初トラックセール。

当時の価格で223,000ドル(約2,300万円)と驚異的な記録を打ち立て、日本でも話題となったことが記憶に新しいです。

またこの他にも、NBA TOP SHOTのアセット販売は、β段階で2億円以上。

20~30分の間で2,000万円以上の売り上げを叩き出すなど、ファンアイテムへの需要がいかに高いかということが明確化された事例になったと感じます。

NBAに至っては、まだゲームすらリリースされていません。

NFTの唯一性とファンの熱が、このような結果をもたらしたと考えると、今後もIP系や著名人のDapps参戦と言うのは、大きなテーマとなってきそうです。

アート系NFTの需要

Dapps 2020 総括

また2020年の後半は、アート系のNFTにも需要が。

日本ではあまりイメージがないかもしれませんが、すでに海外では、独自アートのNFT販売で1週間に40ETHや70ETHを稼いだというユーザーもいます。

ユーザーが「NFTを使って稼ぐ」という選択肢が1つ増えた印象です。

またこのアート関連には、著名人の参戦も。

上記は世界的お嬢様のパリスヒルトンが、自分の猫の絵を描きNFT化したものが40ETHで落札され、その資金が寄付に回されるという事例。

こういった著名人がNFTに触れることで、より認知度も高まるのはいいですね。

もちろん著名人の参戦も大きいですが、一般のアーティストでもNFTを使えば、稼げる可能性が出てきたというのは、個人的には面白い良い事例と思いました。

こちらはさらに来年もアツくなる予感がします。

2020年の総括

Dapps 2020 総括

2020年の総括としては、NFTの活用幅が広がってきた年になったと感じます。

もちろんこれは一般ユーザーにとって。

ツイッターを見ていると「NFT=ゲームアイテム」という認識が2020年中盤くらいまでは多かったのですが、この認識も徐々に変わってきたのではないでしょうか?

そういった意味ではNFTの可能性と言うのはまだまだ眠っていると思います。

また2020年は、プレイヤーやBCGの運営にとっては、ガス代の高騰で苦しい場面も強いられましたが、国内外でこの対策も徐々に進められています。

これが具現化した時が楽しみですね。

今年は我慢の年になりましたが、この間に地べたのインフラ整備を整えることで、今後の新規ユーザー層の参入ハードルも下がってくるはず。

こういったことに期待して2021年も面白い情報を追っていきたいと思います!

まとめ

まとめ

ダプマなりの2020年のDapps市場の動向と今後の期待を記載しました。

正直これはほんの一部です。

本当はもっと詳細に来年の期待なども書きたかったですが、ちょっと記事が長くなって読むのも疲れそうなので、一旦止めておきます。

ただNFTの活用幅は広がったと言いましたが、これらは点の状態です。

今後は、この点の要素がどんどん繋がっていくことで、より面白いプロジェクトや事例が出てくるので、2021年はこのような部分にも期待しておきましょう。

2020総括!プレイヤーが見るBCGの動向
プレイヤー:垂水ケイさん
プレイヤー+運営:でりおてんちょー
プレイヤー+クリエイター:キヨスイさん
メディア:ダプマ執筆
暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所

記事一覧