ツイート 目次 目次を閉じる
Bybit(バイビット)|ローンチパッドの仕組みと参加方法まとめ

Bybit(バイビット)|ローンチパッドの仕組みと参加方法まとめ

Bybit(バイビット)のローンチパッドの参加方法とトークン購入までの流れを解説しています。上場前の通貨に投資できる人気のサービスです。

最新情報

新ローンチパッド情報
トークン名MIBR
価格1 MIBR = 1 USDT
総供給量10,000,000 MIBR
ローンチパッドの割当500,000 MIBR

最新のローンチパッド情報です!

今回ローンチパッドに登場するMIBRはeSports団体のファン投票、支援などに活用されるChilizブロックチェーン上のトークンとなっています。

要するにファントークンの1つです。

このMIBRには世界的なeSportsチームが所属しているので、こちらもどれ人気が出るのか楽しみなものとなっています。

このローンチパッドもBITかUSDTを預け入れする形式。

  • 09/22~09/27 8:59:集計期間
  • 50BIT以上を預け入れる
  • 09/27 12:30~:コミット期間
  • 割り当て計算後、コミットするBITを決定
  • 09/27 20:00~:配布期間
  • 配布終了後21時よりBybitに上場

このような流れとなっています。

ファントークンも最近の活用では人気のもの。

日本では目立ちませんが、すでに海外ではeSportsへの注目も高いので、こちらのローンチパッドがどのように進むかも要チェックです。

ローンチパッドにはBITだけでなくUSDTでも参加できますが、この場合は抽選になるので、どちらの方法で参加するかは検討しましょう。

Bybit公式

ローンチパッドとは

ローンチパッドとは、新規上場予定の仮想通貨をいち早く入手できるサービス。

簡単に言えばIEOのようなものとなっており、バイビットが精査したトークンを上場前に購入できるため、非常に人気の高いものとなっています。

過去にはこのローンチパッド後に100倍以上の価格を付けたものも。

将来的に有望なトークンを早期(上場前)に獲得できるサービスとなっているので、投資を行いたいという方は、こちらもチェックしておくといいでしょう。

ここではこのローンチパッドの仕組みや参加方法を紹介していきます。

バイビット公式

トークン購入までの流れ

ローンチパッド

ローンチパッドでトークンを購入するまでの流れは以下です。

  • BITを用意
  • BITの保有量によって割り当てが決定
  • 集計期間
  • BITの5日間の平均残高で購入枚数を決定
  • コミット期間
  • 購入に必要なBITをロック
  • トークンの配布
  • ロックしたBITをとトークンを交換

基本的にはこの流れで参加することが可能です。

ただこのローンチパッドに参加するためには、事前に本人確認(レベル1)を済ませておく必要があるので、参加を検討される方は下記を参考に済ませておいてください。

また次は具体的な各ステップの内容を解説します。

Exchange – Bybit

Bybit|登録・本人確認の手順を解説

バイビット公式

BITを用意

BITチャート

まずはBITの用意です。

このBITはローンチパッドに参加するために必須のトークンとなっているので、まずはこちらをBybitの現物取引で入手しておくといいでしょう。

国内の取引所でBITは入手不可です。

そのためあらかじめ国内の取引所などから仮想通貨を送金してBITを入手する必要があるので、こちらの準備も事前に行っておいてください。

BIT購入の手順は下記でも解説しています。

Exchange – Bybit

BitDAO(BIT)|トークンの買い方を解説

バイビット公式

USDTでの抽選形式も

このローンチバッドの参加はUSDTでも行うことが可能となるときも。

ただしこの場合の参加は抽選形式となるため、確実に参加を行いたいという方はBITでの参加を行いましょう。またBITの価格変動リスクは以下で回避できます。

ショートの使い方|リスクヘッジの活用法

集計期間

集計画面

次は集計期間です。

集計期間では決まった日程(約5日間)のBITの日次平均残高を計測。この残高によってトークンの割り当てが決まるので、新規通貨を多く保有したい方は多めに持っておくといいでしょう。

※厳密には1時間に1回集計し24で割る

基本的にこの集計期間で行うことはありません。

ただしBITの日次平均残高は50以上である必要が多いので、こちらはローンチパッドに参加する際にどれくらいの保有が最低限必要なのかご確認ください。

またByFiアカウントのBITも換算される仕組みですが、ローンチプールと積立ステーキング以外のサービスはカウントされないので注意しておきましょう。

Exchange – Bybit

ByFiセンターとは?自動で仮想通貨を稼ぐ仕組みを解説

コミット期間

コミット

コミット期間は最終的な購入額を決定する期間です。

日次平均残高で自分に割り当てられた金額内であれば自由にBITを預けることができるので、ここでトークンの購入量を調整(減らす)ことも可能となっています。

またこのコミットを行うためには、BITを現物アカウントに移動する必要があります。

こちらも忘れずに行っておいてください。

最終的な割り当て量

(コミットしたBIT÷参加者全員がコミットしたBIT)×総割り当てトークン数

トークンの配布

ウォレット画面と取引画面

最後はトークンの配布です。

基本的にこの場面でも行うことはなく、コミットしたBITと新規通貨が交換されるようになっているので、あとはウォレットに反映しているかを確認するのみ。

※反映は現物アカウントに行われます

個人が受け取れる新規通貨の量は上限が決まっていることがあるのですが、コミット量がこれらをオーバーした場合は、そのBITは返却されるので安心してください。

後は新規通貨がBybitに上場する(ぼぼ直後)ので、あとは自由に取引するだけとなります。

Exchange – Bybit

Bybit|取引のやり方を画像で解説

バイビット公式

BIT下落のリスクヘッジも

ローンチパッドに確実に参加するためにはBITの預入が必要。

しかしこの預入期間中にBITが下落するリスクもあるので、この辺りはショートを活用してリスクを最小限に抑えておくことをおすすめします。

具体的には預入するBITと同量のショートをかけておくこと。

そうすることでBITの価格が下落した場合もショートで損失分をカバーできるので、こちらも合わせて活用を行っていくといいと思います。

このショートの活用は下記でも紹介しているのでご参考に。

Exchange – Bybit

仮想通貨の豆知識|ショートの有効な活用法

まとめ

まとめ

バイビットのローンチパッドの参加方法を紹介しました。

有望なトークンにいち早く投資できるサービスとして世界的にも人気となっているので、興味のある方は、こちらの参加方法やルールも覚えておくといいと思います。

またこの新規通貨が上場した後は、積立ステーキングが可能なことも。

GETしたトークンを預けるだけで利回りを獲得できるようになっているので、そのまま資産運用を行いたいという方は、こちらの参加も検討してみるといいと思います。

Exchange – Bybit

ByFiセンター|積立ステーキングのやり方

バイビット公式

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所を比較
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所
仮想通貨取引所ランキング

記事一覧