dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > ContractServant > コントラクトサーヴァント|効率的なマーケットとゴーストの使い方
コントラクトサーヴァント|効率的なマーケットとゴーストの使い方

コントラクトサーヴァント|効率的なマーケットとゴーストの使い方

コンサヴァのマーケットとゴーストの効率的な活用法について紹介しています。国産のブロックチェーンTCGとして、こちらも要チェックです。

マーケットの活用は重要

コンサヴァ コントラクトサーヴァント マーケット ゴースト 使い方

コントラクトサーヴァント(以下コンサヴァ)で実装される機能の1つとして、重要なものがサーヴァント(キャラ)のトレードができるマーケットです。

このマーケットではサーヴァントの売買の他、レンタル機能も実装されており、自分のアセットを上手く活用することでETHを稼ぐことができるようになっています。

サーヴァントの購入やレンタルで、自身のデッキを強化するだけでなく収益化も図れるコンテンツなので、こちらを上手く活用することは非常に重要です。

ここではこのマーケットやレンタルで使用するゴーストサーヴァントの活用方法について、どうやれば効率的な使い方ができるのかを紹介していきます。

MIX効率を考える

コンサヴァ コントラクトサーヴァント マーケット ゴースト 使い方

まずコントラクトサーヴァントで重視したいものの1つはMIXです。

このMIXとはサーヴァント同士の配合を行うことによって、新たなサーヴァントを生み出すことができるようになっています。

このMIXでは親のサーヴァントのレア度などは関係なく、レジェンダリークラスまで高ランクサーヴァントを入手することができるため、MIX効率をよくすることで、より強力なサーヴァントが手に入る確率が高くなります。

そのMIX効率を上げるためには、世代の若いサーヴァントが必要です。

通常MIX後はリカバリータイムと言うものが設定されてあり、この世代数が大きければ大きいほどこのタイムが長くなり、MIX効率が悪くなります。

リカバリータイム
0世代1時間
1世代2時間
3世代4時間
4世代8時間

このように世代数が大きくなれば、次のMIXを行うまでの時間がかなりかかってしまうので、新たなサーヴァントを生み出す効率が悪くなってしまいます。

そこでまずはマーケットを活用し、若い世代のサーヴァントを買ってどんどんMIXを行っていくことで、効率よく新たなサーヴァントを獲得できます。

また更には、公式から販売されるサーヴァントもマーケットに出品され、それらは0世代の状態となっているので、このようなものを購入していくといいでしょう。

サーヴァントの進化を効率化

コンサヴァ コントラクトサーヴァント マーケット ゴースト 使い方

サーヴァントの進化を効率化させるためにもマーケットの活用は重要です。

進化を行うためには、同一名のサーヴァントが必要となるので、自分のアセットを素早く進化させたい場合は、マーケットで同一のサーヴァントを購入しましょう。

またサーヴァントは同一名であっても、各能力値が異なるので自分の編成したい能力の高いサーヴァントなどがあれば、掘り出し物と言えるでしょう。

これらのサーヴァントは各プレイヤーによって需要も異なるので、もしかするとかなりお得な価格で目的のサーヴァントを入手できるかもしれませんね。

また更には自分が不要と思っているアセットを出品しても、その他のプレイヤーにとっては非常に入手したいものとなっている可能性もあります。

この場合は出品してから早めに売買が成立する可能性もあります。

不要なものはマーケットに出し、必要なものをしっかりと入手して効率よくサーヴァントを進化させていきましょう。

進化ではサーヴァントのスキルも強化されるので、バトルを有利に進めることができます。ぜひこちらも覚えておいてください。

レンタルも有効

手持ちのサーヴァントだけでは生み出すサーヴァントの幅が広がらないことも。

その場合はその他のプレイヤーのサーヴァントをレンタルし、MIXの相手とすることができます。新たなサーヴァントを購入してもいいですが、レンタルを行った方が、比較的良心的な価格でMIXのバリエーションを増やすことができるので有効です。

ぜひレンタルも活用して様々なサーヴァントを生み出しましょう。

ゴーストの活用

コンサヴァ コントラクトサーヴァント マーケット ゴースト 使い方

他のプレイヤーからバトルで使用するサーヴァントを借りることも可能です。

このサーヴァントは元のサーヴァントのコピーのようなものなので、ゴーストサーヴァントと呼ばれています。一定の強化などがされたサーヴァントを借りることも可能なため、バトルの即戦力として活用することも可能でしょう。

レア以上のサーヴァントやリミテッドサーヴァントがこの機能の対象となっているので、この点についても即戦力となる要素は十分ですね。

逆に貸し出した側はレンタル料を獲得することができ、本体のサーヴァントも残るので、そのまま自分のバトルでも使用できるようになります。

強いサーヴァントの貸し出しを行えば、デメリットなしでどんどん資金も稼ぐことができるので、こちらも有効活用していきたい機能となっていますね。

貸し出しの制限

ゴーストサーヴァントは1体だけ生成できるのではなく、元のサーヴァントのレア度によって貸し出しを行える枚数(体数)が変わります。

MYTHIC:進化度×5
LEGENDARY:進化度×3
EPIC:進化度×2
RARE:進化度×1

レア度が高く進化も進んでいれば、かなり強力なので借りたいプレイヤーは増えるでしょうし、多くの枚数も貸し出すことができます。

こちらも制限もかなり重要なので、ぜひ覚えておくといいでしょう。

借りる側の制限

ゴーストサーヴァントにはコストと言う概念があります。

借りる側のプレイヤーは、コストが5になるまでサーヴァントを借りることができるようになっています。各ランクでのサーヴァントコストは以下の通りです。

MYTHIC:コスト5
LEGENDARY:コスト3
EPIC:コスト2
RARE:コスト1

高ランクのサーヴァントになればなるほど貸し出しのコストが高くなるので、ゴーストをレンタルする時はコストにも注意を払っておきましょう。

また貸出の期間の単位については1週間予定となっています。

まとめ

まとめ

効率的なマーケットとゴーストの活用方法について紹介しました。

世代0のサーヴァントで多くのサーヴァントを生み出して、レア度の高いものを生み出したり、売却用として育成したりするものアリですね。

また高レアリティのサーヴァントを獲得すれば、ゴーストとして貸出を行うことで多くの資金を稼げる可能性も十分にありますね。

特にリミテッドサーヴァントなどは、バトルイベントの報酬としても配布される予定なので、上位を狙うプレイヤーはゴーストの活用も多くなってくるでしょう。

そのため強力なサーヴァントを持っている方は、出来るだけ多くのゴーストを貸し出すことで収益を上げるようにするのも有効な手だと思います。

今回紹介した内容にはMIXの要素も十分に絡んでくるので、こちらは「コンサヴァの強化・進化・MIXの解説」で、合わせて確認してもらうといいでしょう。

Contract Servant | コントラクトサーヴァント

大手企業発!注目のトレーディングカードゲーム
バトルはオフチェーンを利用しスムーズな展開に

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players