dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > ContractServant > コンサヴァ|アンレアで育成を優先したいコモンサーヴァント一覧
コンサヴァ|アンレアで育成を優先したいコモンサーヴァント一覧

コンサヴァ|アンレアで育成を優先したいコモンサーヴァント一覧

コントラクトサーヴァントのレア以下で、育成を優先したいおすすめサーヴァントを紹介。優秀なサーヴァントも多いのでデッキ編成の参考に。

初心者は必見のおすすめサーヴァント

コンサヴァ コントラクトサーヴァント コモン おすすめ

コンサヴァのアンレアで使えるおすすめコモンサーヴァントを紹介。

今回は効率よくデッキを強化するために、ある程度の育成優先度の目安をつけて解説を行っていきます。初心者の方は、しっかり確認しておきましょう。

ただレゾナンスやNFTの所持などは考慮していないので、あくまでも参考程度に。

強化の優先度高

コンサヴァ コントラクトサーヴァント コモン おすすめ

最優先で育成すべきサーヴァントです。

攻防それぞれの要、オリヴィエとフルールの2体はコモンとは言えど、主力になる力もあるので、育てるだけでも勝率が変わってきます。

ではそれぞれの特徴や使い方などについて紹介します。

フルール

コンサヴァ コントラクトサーヴァント コモン おすすめ

バリアが強力な挑発ディフェンダー。

こちらはバリアを貼れる他、VIG(ガード発生率)も高いので、コモンレアのサーヴァントの中でも非常に耐久力に優れているものとなります。

挑発で周囲へのダメージを防ぐ間に相手を殲滅。といった流れを作るイメージ。

優先して育成すると勝率がだいぶ変わってきます。

オリヴィエ

コンサヴァ コントラクトサーヴァント コモン おすすめ

DFを破るのに優秀なアタッカーでアンレアでの採用率も高いです。

単マス攻撃なのでダメージが分散されず、ディフェンダーキラー持ちなので、DFにはかなりの高ダメージを与えることが可能なサーヴァント。

特に9オーダー(少なくとも後半)で挑発というのは、多く活用されています。

このようなサーヴァントには次のラウンドで大ダメージを与えることができるので、かなり重宝するサーヴァントの1つと言っていいでしょう。

強化の優先度中

コンサヴァ コントラクトサーヴァント コモン おすすめ

オリヴィエやフルールほどの優先度はありませんが、使用率も高く、ある程度育成しておきたいサーヴァントです。

こちらもそれぞれの特徴について解説を行っていきます。

カーター

コンサヴァ コントラクトサーヴァント コモン おすすめ

ディフェンダーキラー持ちの2マスアタッカー。

育成するとオリヴィエで倒しそびれたディフェンダーに追撃をかけることもできます。連撃で確実にDFを仕留めたいという方は活用をおすすめします。

横に一段飛ばしの2マスなので、他のディフェンダーを巻き込みやすいです。

デリト

コンサヴァ コントラクトサーヴァント コモン おすすめ

クリティカルアップのスキルを持つ単マスアタッカー。

確率はそこまで高くありませんがクリティカルが発動すると高ダメージが期待できるので、上手くいけば一気に相手のサーヴァントを倒せます。

アタッカー不足を感じるのであれば、採用を考えたい1枚です。

エンタ

コンサヴァ コントラクトサーヴァント コモン おすすめ

パワーアップ系スキルを持つ単マスマジシャン。

マジシャンは行動回数の少なさから攻撃力に補正が入ります。さらにスキルでパワーアップもできるので、挑発をしているDFも一気に消し去ることも可能。

そこから広範囲マジシャンの連撃というのも使えるテクニックです。

スロット

コンサヴァ コントラクトサーヴァント コモン おすすめ

フルールよりは優先度が落ちるもののオーダー後半の挑発ディフェンダー。

DF2枚採用もアリなので、フルールと同時に編成に加えてあげることで、その他のサーヴァントを敵の攻撃から守りやすくはなってきます。

VIGもそこそこあるので、耐久力も問題なしと言えるでしょう。

強化優先度低

コンサヴァ コントラクトサーヴァント コモン おすすめ

アンレアのデッキには入るものの育成の優先度は少し低めのサーヴァント。

主に状態異常や回復スキルを持つサーヴァントになります。

HP上げのために若干は上げても損にはなりませんが、基本的な役回りとしては、ダメージ以外の部分になるので、そこまでレベルは意識しなくても大丈夫です。

フローリス

コンサヴァ コントラクトサーヴァント コモン おすすめ

バリア付与のスキルを持つヒーラー。

ディフェンダー、特にフルールとの相性がいいサーヴァントです。

HPもコモンの中では高めのため、育成優先度は低めですが、多少のレベルを上げて壁役に使うといった戦法も取ることができるようになります。

サオチンニャイ

コンサヴァ コントラクトサーヴァント コモン おすすめ

氷結付与のマジシャン。

こちらのデッキ採用はかなりの高め。ただしこちらは相手の足を止めるために採用されているので、育成を最優先しなくてはいけない!とまではないです。

現在は、このサーヴァントの対策も多いので、必要に応じて使い分けましょう。

ノエリア

コンサヴァ コントラクトサーヴァント コモン おすすめ

サオチンニャイと同じく氷結付与のマジシャン。

範囲とオーダーが若干ズレるため、ノエリアを入れる方がいいこともあります。

こちらも状況に応じて使い分けといったイメージです。

アルティン

コンサヴァ コントラクトサーヴァント コモン おすすめ

火傷を与えるアタッカー。

こちらも相手の対策なしなら下手な単マスアタッカーよりも◎。広範囲に火傷を撒くことで、徐々に相手の体力を奪えるのでおすすめです。

その分、対策されることも多いので、相手を見て使っていきましょう。

一部のレアはショップで交換可能

コンサヴァ コントラクトサーヴァント コモン おすすめ

一部のコモンレアはショップでも交換が可能です。

今回育成最優先で挙げたフルール、オリヴィエなどはショップに並んでいるので、レゾナンスが進んでいない時は、積極的に活用しましょう。

特にステータスやスキル効果の伸びがあるレゾ4や6までは優先したいですね。

まとめ

まとめ

よく使われるコモンサーヴァントを育成優先度別にまとめました。

もちろん今回は育成の優先度を重視。デッキに必須かどうかとは少しニュアンスが変わってくるので、この点だけは間違えないように注意してください。

ただこれらのサーヴァントを育成すれば勝率も変わってくるはず。

またさらにはデッキの組み方も重要になってくるので、こちらについてはコンサヴァのアドバイザーが直伝する考え方も一緒に参考にしてみてください。

Check:コンサヴァ|アドバイザーが語るデッキ編成の考え

Contract Servant | コントラクトサーヴァント

大手企業発!注目のトレーディングカードゲーム
バトルはオフチェーンを利用しスムーズな展開に

記事一覧