ツイート 目次 目次を閉じる
ブロックチェーンを活用!今後注目のメタバースプラットフォーム

ブロックチェーンを活用!今後注目のメタバースプラットフォーム

ブロックチェーンを活用する注目のメタバーズプロジェクトをまとめています。すでに多くのものが利用可能なので、ぜひ試してみましょう。

  • ご利用ガイド
  • 仮想通貨を取扱う前の注意点

今注目のメタバース

メタバース

元Facebook(現Meta)がメタバースに注力するとのことで今話題!

このメタバースはオンライン上で誰もが繋がることができる空間(仮想空間以外も含む)を指し、今後は新たな経済圏の確立やライフスタイルに影響を及ぼすと言われています。

※現状は仮想空間というイメージがしやすいです

またこのメタバースはNFTやブロックチェーンプラットフォームとの相性も抜群。

そこでここではいち早くメタバースを意識したブロックチェーンプロジェクトを紹介。非常に期待されているプラットフォームなのでチェックしておきましょう。

ディセントラランド

まずは代表的なものとしてはディセントラランドです。

こちらはブロックチェーンやNFTを活用した仮想空間のプラットフォームとなり、ユーザーはこの中でゲームやライブ、経済活動を行うことができるようになります。

  • コンテンツの提供
  • ランドを所有し独自コンテンツを配信
  • ゲームへの参加
  • 賞金付きゲームなど多数開催
  • イベント
  • 有名アーティストも参加するイベントに参戦

本当に遊び方や空間の使い方は無限大です!

もちろんランドを購入していなくても、アバターを作成して色々な土地を回ることはできますし、各種コンテンツを遊んだり、イベント参加も可能となっています。

すでに色々な遊び方も確立された空間なので、ぜひ遊んでみて下さい。

Check:ディセントラランド|ゲームの始め方と遊び方

Decentraland公式

The Sandbox

サンドボックスはマイクラのようなゲーム性を持ったブロックチェーンゲーム。

以前はアプリでもこのゲームはありましたが、現在ではブロックチェーンやNFT要素を取り込み新たなゲームとして登場しているので注目です。

こちらのゲームもバトルや建築・アイテム(NFT)の創作など色々なことができます。

また作成したアイテムなどを売買したり、自分の保有する土地(ランド)で独自コンテンツを提供して、何かしらの収益も得ることができるようになるでしょう。

出資者もかなり豪華でSoftbankやその他大手企業も名前があがっています。

非常に注目を集めている仮想空間の1つなので、ぜひチェックしてみて下さい。

Check:サンドボックス|メタバースゲーム空間の概要

The Sandbox公式

Cryptovoxels

CryptovoxelsはVRにも対応している仮想空間のサービス。

こちらはアート系のNFTとの相性がよく、自身の土地を購入しギャラリーとして活用(販売も可能)などこれまで紹介したものとはちょっと違った楽しみ方ができます。

もちろんですが、土地は自身の思い通りの装飾を施すことが可能。

土地を彩るために作成されたアイテム(NFT)は売買することもできるので、独自のギャラリーを作成して楽しむことができるようになっています。

このように日本人のユーザーもすでにこちらでギャラリーを展開しています。

  • 自分自身の作品展示
  • 仕入れたNFTの展示

自慢のコレクションを発表する場としても活用することができるようになっているので、興味のある方はこちらのゲームものぞいてみて下さい。

もちろん探索だけであれば、無料でできるので誰でもすぐに遊びに行けます。

Check:Cryptovoxels|NFTアートを彩る仮想空間の遊び方

Cryptovoxels公式

Somnium Space

Somnium SpaceはVRを活用できるブロックチェーンのメタバースです。

このSomnium Spaceのメタバースには、自身で土地を所有することでNFTの美術館を作れたり、その他のコンテンツ・イベントを実施することが可能となっています。

またこれらのNFTはOpenseaとの連携も可能です。

そのままこの空間内でNFTの購入ページに遷移することもできるので、アーティストの方やコレクターの方はチェックしてみると面白いと思います。

またNFTを飾るだけではなく、独自のゲームのローンチも。

土地の活用法も多種多様となっているので、Somnium Space内の独自の経済圏を開くことができるようになっており、今後はより多くのコンテンツ・イベントが充実してくるでしょう。

この空間内では、徒歩で散歩したり車の存在も。

非常に現実に近い状態でSomnium Space内を行き来することができるようになっているので、こちらのメタバースも興味のある方はチェックしてみて下さい。

パートナーにはSonyなどの大手企業の名前も。

早くから将来性を期待されているプラットフォームなので要チェックです。

Check:Somnium Space|ブロックチェーンメタバースの概要

Somnium Space公式

SensoriumGalaxy

SensoriumGalaxyはもう一つの銀河をブロックチェーン上に作るプロジェクト。

簡単に言えば以下のような惑星が複数存在するイメージです。

  • 音楽の惑星
  • 教育の惑星
  • ゲームの惑星
  • ダンスの惑星

このそれぞれの惑星でコンサートイベントや教育関連のイベント、またみんなでゲームをプレイすることなどが予定されており、非常に楽しそうな空間ができそう。

しかもこのプロジェクトには、大物有名人がすでに参加を表明。

  • スティーヴ・アオキ
  • デヴィッドゲッタ
  • アーミン・ヴァン・ビューレン
  • カール・コックス

このような有名DJも音楽の惑星(PRISM)でライブを行う予定です。

アバターへのAI実装などかなり壮大なプロジェクトとなっていますが、実際にこのようなメタバースが完成すれば、かなり近未来的で面白いと思います。

すでに多くの出資者(JAY-Zの会社も含む)もいるので、注目度も非常に高いです。

総合的なメタバースとして大きな展開を今後は迎えていくと思うので、こちらのプロジェクトに興味のある方は、ぜひ以下の内容もチェックしておきましょう。

Check:SensoriumGalaxy|VRメタバースの概要を解説

SensoriumGalaxy

Facebook(Meta)はNFTを扱う?

またメタバースで大注目のMeta(元Facebook)は、独自の空間でNFTを扱うのか。

それは大いにあり得る話だと思います。

実際に同子会社が開発しているNoviウォレットは、NFTのサポートも検討しているという情報も出ているのでMetaが開発するメタバースにはNFTも登場するでしょう。

また同ウォレットはMetaが開発を行うステーブルコインDiemがサポートされる予定。

Metaの作り出す仮想空間の基軸通貨がDiemになる可能性は十分あるので、これらを使ってNFTの購入やメタバースでの経済に活用していく見通しとなっているのだと思います。

非常に興味深い話なので、こちらの徐々に公開される情報が楽しみですね。

Check:Diem|Facebookの仮想通貨の購入方法を解説

まとめ

まとめ

ブロックチェーン×メタバースのプラットフォームを紹介しました。

どのメタバースもそれぞれの特徴があるので、まずはコンセプトの合いそうなプラットフォームを触ってどのようなものか体感してみるといいと思います。

もちろんアクセスして探索するくらいであれば無料で可能です。

また今後は大本命Meta社のメタバースも徐々にその構想が明らかになってくるはず。

先ほども紹介したように、すでに基軸通貨になり得る通貨の開発や対応ウォレットの構築も進めているので、こちらも乗り遅れないように準備をしておきましょう。

Check:Diem|Meta(Facebook)の仮想通貨の購入方法

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所

記事一覧