ツイート

Delysium(デリジウム)|賞金を賭けたTPSバトルロワイヤルの概要

TPSでバトルロワイヤルを行うブロックチェーンゲームDelysium(デリジウム)の解説です。仮想通貨を賭けたバトルやマルチバース・メタバースの展開も注目。

Delysium(デリシウム)とは

DelysiumはImmutable上に構成されるWeb3ゲーム。

基本はTPSのバトルロワイヤルがメインのゲーム性となっており、今後はユーザーが色々なコンテンツ(ワールド)を作成するマルチバース展開も予定しています。

またこちらはFTXの親会社「Alameda Research」も投資中。

かなり注目を集めているゲームタイトルとなっているので、今回は現在判明しているゲーム性を中心に紹介を行っていきます。

Delysium公式

ゲーム性

  • ①TPSバトルロワイヤル
  • ②MMO(多人数参加型オンライン)
  • ③オープンワールド
  • ④UGC

まずゲーム性のメインはTPSでのバトルロワイヤルです。

このDelysiumはオープンワールドの中に大勢が参加できるようになっており、その中で勝者を決めるといったゲームモードが主軸となっています。

もちろんフィールドは広いので、その中でアイテム収集などできることも豊富。

またそれだけでなく、ゲーム内にはUGC(ユーザー作成)の要素も。

  • ゲームコンテンツの構築
  • アセット・アイテムの作成
  • カスタマイズ

要するにユーザーがゲーム開発を行うことも可能です。

このDelysiumの構想としては、色々なワールドを作成することで最終的にDelysiumMultiverseという大きなマルチバースを作り上げるというものも。

このような点でも色々な遊び方ができるゲームとなっていきそうです。

バトルロワイヤルの仕様

基本のゲームモードであるバトルロワイヤルは2つのモードが実装されます。

  • バトルロワイヤル(有料)
  • 賞金を賭けてバトルを行うモード
  • カジュアルロワイヤル(無料)
  • 一定数ゲームをプレイ後チケットを入手

まずバトルロワイヤルは分かりやすいですね。

こちらは参加するプレイヤーが入場料を支払って参加を行います。

バトルで勝ち上がる、シーズンランキングで入賞することでトークンやNFT、ゲーム内で活用するアイテムなどを獲得することが可能です。

またカジュアルロワイヤルは無料で参加できるライトモード。

こちらは1日あたりで一定数のゲームプレイを行うことで、バトルロワイヤルの参加料が免除されるチケットが獲得できるので、こちらもしっかりプレイしましょう。

このように無料プレイでも稼げる要素があるので注目です。

AIの活用

AI

またこのゲームはAI MetaBeingsというAIアバター機能を搭載。

こちらはプレイヤーに変わってゲームに参加したり、Delysiumのワールド内で生活することもできるようになっています。

それにより、このAIが自動で報酬を持ち帰ることも。

まだこちらの詳細は明かされていませんが、公式ページなどではこのAI機能を推す雰囲気も感じたので、こちらがどのようなものになるか楽しみにしておきましょう。

マルチバースの構想

マルチバース

先ほども説明したようにDelysiumは最終的にマルチバースの構想があります。

そのマルチバースの構想も単にいくつかのゲームワールドを作成するのではなく、ユーザーが作成できるようにすることで分散した運用を目指すとのこと。

この開発者はDMOと呼ばれ、自由にゲームの開発が可能です。

もちろんその中ではトークンインセンティブを組み込むことなどができるようになっており、よりDelysium盛り上げるゲーム開発が期待されます。

※開発は運営のサポート有り

  • 作成されるゲーム仕組み
  • プレイヤーは参加料を支払う
  • 参加料は賞金プールとしてカウント
  • ランキング等で賞金配布

こちらも色々なゲームが登場しそうなので期待です。

最終的にはDelysiumにアクセスすることで、多種多様なゲームをプレイできるプラットフォームになるようなイメージなので楽しみにしておきましょう。

NFTコレクション

NFT

Delysiumでは色々なものがNFT化されています。

  • 武器
  • バトル中の攻撃力などに影響
  • スーツ
  • シーズンパスのようなもの(報酬還元やアイテム獲得可)
  • グッズ
  • 報酬獲得に必要なアイテムなど
  • サイバーボディ
  • こちらは今後詳細が発表

バトルを補助するものや報酬に関わるものまで種類は豊富です。

これらはPolygonのNFTで作成されていますが、このゲームは今後Immutable上で開発されることが発表されており、アセットもそちらに移行する可能性も。

そのため、Immutableの使い方も覚えておくことをおすすめします。

すでに専用のページも出来ているので、今後はこちらで色々なゲームアイテムなどを取引することができるようになるでしょう。

NFT – Immutable

Immutable X|NFTの購入方法と使い方

Immutable公式

トークン

トークン

Delysiumは「$DESトークン」を活用します。

こちらはイーサリアムベースの通貨となっており、発行数は30億枚の予定。

  • ガバナンス参加
  • ゲームの参加費
  • 報酬の支払い
  • ステーキング

このようなものに活用される予定です。

まだ未発表な部分は多いですが、このゲームではこの$DESのみを活用するシングルトークンモデルを採用しているので、後々色々な活用法が発表されそう。

こちらの続報も楽しみに、今後の発表を楽しみに待っておくといいと思います。

パートナーシップ

パートナー

Delysiumはアルメダをメインに400万ドルの資金調達に成功してます。

他にも以下VCから投資をうけており、注目度の高さはお墨付き。

  • Galaxy Interactive
  • Republic Crypto
  • FTX Venture

Delysiumはこの資金を活用し、ゲーム開発をブーストすると発表。

現段階の発表内容以上のものが出来上がる可能性もあるので、こちらがどのように活かされてくるか、後の発表含め楽しみに待っておくといいと思います。

新たな資金調達も

Delysiumは新たなラウンドでさらに1000万ドルの調達に成功。

VC Anthos Capital、Immutableなど新たな投資家が参入し、ゲーム開発を促進するとのことなので続報には注目です。

ロードマップ

  • 2022/10
  • アルファテスト実施
  • 2023/6
  • Delysiumuのマルチバースの始動
  • 2023/12
  • βテストのローンチ

Delysiumのロードマップの情報は少ないです。

ただ最重要なゲームローンチの日程。こちらはちょっとスパンは長いですが、2023年12月にβテストが行われる予定となってます。

まずはこのマイルストーンを気長に待ちましょう。

ただこのDelysiumはすでにプレαテストは実行していたので、今後はβテスト前にもNFTホルダーなどに向けて、何かしらのテストプレイが行われる可能性も。

テストも好評だったようなので、このような続報には注目です。

まとめ

まとめ

今回の記事ではDelysiumの概要を解説しました。

まだプレαテストが終わった段階のゲームなこともあり、まだ未発表の部分などは多いですが、すでに大手の投資家などがサポートするなど注目度は抜群。

もちろんゲーム性も面白そうなので、正式リリースには期待です。

また今後はユーザーが作成するコンテンツなどマルチバースの展開も控えているので、これらが本格的に動き出すことでより魅力の多いゲームとなるでしょう。

リリースまでは時間がかかりますが、本格的なものとなりそうなので注目です。

Game – AAA

クオリティ抜群!AAA級ブロックチェーンゲーム

Delysium公式

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所を比較
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所
仮想通貨取引所ランキング

記事一覧