dApps Market > other > 快挙!NFT・VRアート「幻想絢爛」が約69.6ETH(約1300万)で落札
快挙!NFT・VRアート「幻想絢爛」が約69.6ETH(約1300万)で落札

快挙!NFT・VRアート「幻想絢爛」が約69.6ETH(約1300万)で落札

せきぐちあいみ氏の初のNFTアートである「幻想絢爛」が約69.7ETH(約1300万)で落札されたので、こちらの話題について記載しています。

幻想絢爛が1300万で落札

3/24に「幻想絢爛」のオークションが行われ、結果的に約1300万円で落札。

これは日本のクリプトアートでは、最高値となっている。

NFTを発行した前日からオファーなどもあり、価格は徐々に吊り上がっていったが、残り10分からは、価格も倍近くまで高騰を見せた。

※10分切っての入札は延長も発生

さらに驚くことは、落札から1分後に、77ETH(約1450万)の提示も。

日本の著名なアーティストの初のNFTオークションは、「大きなインパクトと成功をもたらした」ということは言うまでもないだろう。

クラブハウスでライブ配信

せきぐちあいみ NFTアート

オークションの行方を観戦するため、クラブハウス内にもルームが設定された。

さらにはアートの作者本人も登場。

終始、クリプトアートや仮想通貨の税金の話、今後詐欺師が近寄ってくる可能性など、様々な話で盛り上がりを見せた。

もちろんこのライブ配信も価格高騰の勢いを増した要因の1つだろう。

配信には、せきぐち氏(アートの作者)だけでなく、入札者も参加しており、ライブでやり取りをしながら、価格を上げていくという一面も見れた。

ただこの配信で明確化されたことの1つとして、仮想通貨の基本とも言える部分は、まだまだ一般のアーティストには、理解されてはいないということも。

これを受け、他の販売運営もサポートを行っていくことを表明。

今回の例において、多くの日本人アーティストがクリプトアートないし、NFTに関心を示し参入してくる可能性は高い。

仮想通貨はわからないけど、とりあえずチャレンジしたい。

もちろん中には、このような認識で参入するアーティストもいることが推測されたため、このような地盤を確立していくことも、重要だと再認識させられた。

収益問題の改善

また、アートのマネタイズ問題にもNFTアートは打開策を提示するだろう。

今回の作者、せきぐち氏のツイートを見る限りでは、どのように優れた作品であってもマネタイズが可能とは限らない。

しかしながら、今回の例で直接的なマネタイズが可能なことを示した。

NFTアート 二次流通

さらには、自身で設定すれば、二次流通が行われたときも、アーティストに一部の収益を還元することが可能となっている。

これがNFTアートの魅力の1つとも言えるだろう。

今回の例で言えば、落札後に提示された77ETHの取引もユーザー間で行われることで、せきぐち氏のウォレットには更なる収益が入ってくる形となる。

二次流通での還元の仕組みの改善。

これもNFTアート・ブロックチェーンを活用する大きなメリットとなるだろう。

さいごに

まとめ

今回の件は、多くのアーティストにもインパクトを与えた。

またそれにより、多くの参入者も現れると思われる。

しかし誰が参入しても、収益があげられると勘違いしてはいけない。

  • せきぐち氏の知名度
  • ライブ配信
  • 初めての作品

さまざまな要因が絡み、今回の価格が成立したと考えられる。

とはいえ、今回のオークションの件が、多くのアーティスト、ユーザーに大きな影響を与えるろう。まだまだ成熟していない市場がどう変化するか楽しみだ。

せきぐち氏ツイッター

幻想絢爛

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所

記事一覧