ツイート

キャプテン翼 RIVALSの遊び方|各種実装コンテンツとゲームルール

キャプテン翼 RIVALSの遊び方とゲームルールを紹介しています。NFTとなったキャラを活用したコマンドバトルやゲームプレイによるトークンの獲得など魅力的な要素が多いゲームとなっているので、こちらもぜひチェックしてプレイに役立てましょう。

Information

弊サイトで掲載される記事内には取引所のプロモーションを含むものがございます。

また掲載プロジェクトのプロモーションについては個別で記載いたします。

キャプテン翼 -RIVALS-とは?

あのキャプテン翼がブロックチェーンゲームで登場!

キャプテン翼 -RIVALS-はIPを活用したゲームとなっており、ゲームプレイを行うことでNFTやトークンが獲得できるものとなっています。

  • ライバルと対戦を行うPvE
  • 必殺技やスキルを駆使するPvP
  • NFTは専用のイラストを用意
  • ゲームはPolygon上で作成

ざっくりとした概要は上記です。

ゲーム性はもちろん、NFTのイラストは専用のものを用意し世界感を崩すことなくゲームを楽しめるようになっているので、ファンにはたまらなさそう。

そこでここでは、このゲームの概要や実装コンテンツを紹介します。

キャプテン翼 -RIVALS-

ゲーム性

大まかなゲーム性としてはキャラカードを使ったターン制コマンドバトル。

PvEとPvPで異なるゲーム性とはなりますが、基本的にはRP(Rivals Point)と呼ばれるポイントをバトル終了時に多く持っていたプレイヤーの勝利となります。

ただし選手の選別から必殺技の使用など戦略は千差万別。

かなり戦略性の高いゲームとなっているので、このようなゲームが好きという方は、次に紹介する各ゲームモードについてもチェックしてみて下さい。

ライバルモード(PvE)

ライバルモード

ライバルモードは、原作にも登場するライバル(NPC)とのバトル。

基本は3ターンのバトルで、プレイヤーは6枚の選手カードの中から毎ターン任意の枚数のカードを選択し、各選手の持つRPポイントの合計を競うものとなっています。

要するに3ターン中2ターンでRPポイントの合計値が勝てば勝利ということです。

もちろん勝利することでプレイヤーは色々な報酬を獲得することができるようになっているので、まずはこのゲームモードで遊んでみるといいでしょう。

  • 報酬一覧
  • ユーティリティトークン
  • 宝箱
  • ライバルピース
  • 熟練度
  • PvP参加チケット
  • ※PvPチケットは負けでも貰えることも

報酬の宝箱にはCommon~Legendaryの5段階のレアリティが存在。

宝箱の開封にはトークンが必要となり、レア度によって必要量が変わってくるので、こちらも覚えておくといいと思います。

またこのライバルモードをプレイするにはスタミナが必要。

Energyが不足しているとゲームに参加することができないようになっているので、こちらが足りないときは時間を置いてプレイするようにしてください。

PvPモード

PvPモード

PvPではライバルピースを賭けて、他ユーザーと対戦するモード。

こちらはPvEとは違い、オフェンスとディフェンスを交互に繰り返すものとなっており、この中で各ターンに選択した選手のRPポイントを競う形となります。

  • キーパー+プレイヤー3人の4人編成
  • 攻守入れ替え式のバトル
  • コマンドを入力し勝負

ただし、このPvPではスキルや必殺技、ゴールキーパーなどの要素が追加。

PvEよりもかなり複雑な戦略が要求されるものとなっており、高度な心理戦要素も加わるようになっているので、こちらもどんどん楽しんでいくといいでしょう。

ライバルピース

もちろん勝利をすればライバルピースを獲得。

このライバルピースはライバルカードを6分割したものとなっており、全て集めることで抽選に参加することができNFTやその他の貴重な報酬をGETすることができます。

アリーナモード

アリーナ

アリーナはより大規模なPvPコンテンツ。

プレイヤーは11人デッキ(選手10名+GK1名)を編成し、PvPモードと同様に攻守の入れ替わり制のバトルを行い$TSUGTの獲得を目指します。

  • 11人でデッキを編成
  • 攻撃、防御、攻撃、防御、攻撃の5ターンで勝負
  • サポートプレイヤーも活用可能
  • ランキング上位入賞者はSpecialMatchチケットとトークン獲得

アリーナではサポートプレイヤーを含む2名まで毎ターン選択可能。

また立ち位置などでのバフやトークン消費などのバフなどもあり、非常に戦略性は高くなるので、こちらも把握してバトルに臨むといいと思います。

アリーナのバトルはより高いRPを獲得した方が勝利。

バトルに勝利した場合はランキングポイントが付与され、最終的にはこの上位者に報酬が配布されるので覚えておきましょう。

スペシャルマッチ

またアリーナにはSpecialMatchも存在。

こちらは上位報酬や参加賞としてもらえるSpecialMatchチケットを消費して挑戦することができ、カーディアンや翼を倒すことで$TSUGTなどを獲得可能。

豪華報酬を獲得するチャンスなので、こちらもぜひチャレンジしてみましょう。

NFT(選手)の要素

NFT

キャプテン翼 -RIVALS-の選手たちはNFTとして登場。

このNFTにはレアリティやレベル、属性など細かな要素が詰め込まれており、各ゲームモードで共通する要素や独自の要素があります。

  • 共通の影響要素
  • ライバルモード独自の影響要素
  • PvP独自の影響要素

基本的にはこの分け方でOKです。

こちらもわかりにくい部分ではあるので、それぞれ紹介を行っていきます。

共通の影響要素

  • レアリティ
  • レベル
  • 属性
  • サポートスロット・サポートキャラ

以下はPvE、PvPモードで共通の要素になります。

バトルの結果を左右するものも多いので要チェックです。

レアリティ

レアリティ

レアリティはCommon~Legendaryまでの5段階。

Legendaryが最高ランクです。レアリティが高くなることで、ステータスが高くなるのはもちろん、疲労回復時の必要トークン量も変化します。

レベル

レベルアップ

各選手(NFT)のレベルです。

レベルを上げることでパラメーターの上昇(ポイント振り分け制)や必殺技やスキル、サポートスロットが解放される仕様です。

ただし、レベルアップにはトークンや待機時間が必要ので注意。

属性

属性

選手は「力・速・技」のいずれかの属性を保持。

  • 力>技
  • 速>力
  • 技>速

このように3すくみのような関係性を持ちます。

サポートスロット・キャラ

サポートスロット・キャラ

サポートスロット・キャラはいわゆる装備的な扱いです。

こちらはNFTのレベルアップを行うことで解放され、任意のものをセットすることで選手のパラメーターを向上させることができるので活用していきましょう。

サポートキャラもレベルアップは可能なので、こういった要素で戦力強化も可能です。

ライバルモード影響要素

ライバルモード

ライバルモードで大きく影響する要素はパラメータです。

このパラメータはPvPモードでも活用されるものとなっていますが、PvEでは別(独自)の要素として取り入れられており、以下の影響を及ぼします。

  • Efficiency(効率)
  • トークンの獲得量に影響
  • Resilience(回復力)
  • PvE時の選手の疲労回復度に影響
  • Luck(運)
  • 宝箱のドロップ率に影響

特にこの中で分かりにくいのはResilienceです。

PvEをプレイすることで選手は疲労するのですが、この疲れが貯まることでトークンの獲得効率が減少し、稼ぐためには非効率な状態となります。

ただこちらは回復も可能。

回復はユーティリティトークンを消費することで行えるようになっているので、選手の疲労度が高まってきた場合は、この回復も取り入れるといいと思います。

PvP独自の影響要素

PvPモードで大きく影響する要素は以下です。

  • VSパラメータ
  • 必殺技
  • スキル

PvPではゲーム性がより深くなっているため、影響する要素も多め。

各要素を知っておくことで、どの選手を採用するかなどの基準も変わってくると思うので、こちらの内容もしっかりと把握しておくといいでしょう。

VSパラメータ

VSパラメータ

属性と同じ「力・速・技」の3つが存在。

力はシュート、技はドリブル、速は守備のコマンドに影響するものとなっており、このPvPの勝敗を大きく左右する要素です。

報酬などで獲得できる熟練度を消費してパラメータ値を上昇させることができます。

必殺技

必殺技

必殺技は選手NFTを固有のスーパーテクニックのこと。

各選手は3つの必殺技を持っており、1つ目は初期から使用可能。また2、3個目の必殺技はゲームプレイ(レベルアップ)を行うことで解放することができます。

この必殺技を使えば威力をUPさせる効果などを持っており、レベルアップすることで、この効果も上昇させることができるので覚えておきましょう。

スキル

スキル

スキルは選手のパッシブスキルです。

※パッシブスキル=常時発動型のスキル

選手ごとに4つのスキルを覚えることができるようになっており、VSパラメータ・効果倍率のアップができるようになっているので覚えておきましょう。

中にはその他の選手をサポートするスキルも。

このようにバッファーのような役回りも攻略のカギとなるので注目しておきましょう。

Mintで新たな選手を作成

Mint

このゲームでは新しい選手(NFT)を作成することも可能。

Mintする際には以下が必要になります。

  • 選手NFT×2
  • ミントスクロール×2
  • ユーティリティトークン

Mint時に注意すべき点はミントスクロールです。

このミントスクロールにはレアリティが存在し、Mint時は親と同じレアリティの物を使用する必要があるので覚えておきましょう。

また獲得できる選手は親のレアリティやポジションなどの影響も。

さらには1体のMint回数の制限(7回)やクールタイム(48時間)も設けられているので、この仕様も覚えておくといいと思います。

トークンについて

トークン

キャプテン翼 -RIVALS-には2種類のトークンが登場。

  • $TSUBASAUT
  • ユーティリティトークン
  • $TSUBASAGT
  • ガバナンストークン

すでに公開された情報ではユーティリティトークンの用途も。

レベルアップ、疲労回復、必殺技・スキルの習得、Mint時の活用など色々なものにこのトークンが活用されることが分かります。

またガバナンストークンもゲームで活用。

こちらは育成やアップグレードに加え、ゲームメカニクスの強化、ホルダー向けNFTの販売など様々なことが想定されているので、こちらも覚えておいてください。

獲得方法

トークンの獲得方法はゲームプレイの報酬です。

UT、GTともにゲームプレイを介して入手はできますが、特にGTの方はアリーナなどの限られたコンテンツのみで入手できるものとなります。

また現在はBitpointなどの取引所でも売買できるので、ぜひご確認下さい。

Exchange – BITPOINT

ビットポイント|取引所の登録方法と使い方

BITPOINT

NFTマーケットやショップも

NFTマーケット

もちろんですが、ゲーム内にはNFTマーケットも実装。

またそれとは別に公式がアイテムを販売するショップなども登場するものとなっているので、ゲームの進行などに合わせて活用を行っていくといいでしょう。

  • NFTマーケット
  • 選手・サポートキャラ・ミントスクロールなど
  • ショップ
  • PvPチケット・トラップチケットなど

基本NFTであればユーザー間売買が可能です。

またショップではPvPチケットやゲーム攻略のサポートアイテムなどが販売される形となっているので、実装後はチェックしてみて下さい。

NFTはPolygonで作成

このゲームのNFTはPolygon上に作成されます。

そのため今後のセールなどはPolygon上での販売となることが予想されるので、セール参加を検討する場合は、仮想通貨をPolygonにブリッジする必要も。

この手順は以下で解説しているので合わせてチェックしてみて下さい。

PolygonNFTの買い方|アセットの購入手順を解説

ロードマップ

  • 2023 Q4
  • アプリリリース
  • 無料プレイ対応
  • クレジット決済導入

現在公開されているロードマップは上記です。

すでにアプリの事前登録はスタートしており、このリリース時に無料プレイの対応やクレカ決済なども導入される予定。

そうなれば、より多くのユーザーを惹きつけることとなるでしょう。

もちろんアプリはiOS・androidに対応しているので、興味のある方は、以下から登録を行ってアプリでのプレイを楽しんでみて下さい。

事前登録フォーム

まとめ

まとめ

今回はキャプテン翼 -RIVALS-を紹介しました。

ルール自体はシンプルですが、戦略性という部分を踏まえるとかなり奥深いゲームとなっていそうなので、ゲームのリリースが待ち遠しいものとなっています。

特に人気IPを活用しているということでこちらはユーザーの流入にも期待。

アプリのリリースや無料プレイに対応することで、より多くのユーザーが遊びやすくなるため、このリリースも楽しみにしておきましょう。

キャプテン翼 -RIVALS-

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所を比較
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所
仮想通貨取引所ランキング

記事一覧