ツイート 目次 目次を閉じる
ELF Masters(エルマス)|ゲームの概要と実装コンテンツを紹介

ELF Masters(エルマス)|ゲームの概要と実装コンテンツを紹介

HashGamesからリリース予定のELF Masters(エルフマスターズ)のゲーム概要や遊び方、実装予定のコンテンツをまとめました。スマホで遊べるPlay to Eranの要素を持ったブロックチェーンゲームとなっているので注目です。

エルフマスターズとは

ダンジョン

エルフマスターズとは、ファンタジーアドベンチャー型ブロックチェーンゲーム。

こちらはHashPortのゲームスタジオ「HashGames」からリリースされるゲームタイトルとなり、P2E要素が盛り込まれたBCGとなることが発表されています。

今回は運営より色々と情報を伺ったので限定公開します!

簡単なゲーム性としては、マスターとエルフを使ってダンジョンを攻略。

ダンジョンをクリアすることで、NFTやトークン(PLT)を獲得できるようになっており、これらをマーケットで再活用したり、売却を行うことも可能です。

ゲームはスマホでプレイできるので、より多くの方が遊べるようになっています。

エルマス公式

ゲームの遊び方

現状わかっているゲームコンテンツは以下となります。

  • ダンジョンを攻略(PvE)
  • ユーザー対戦(PvP)
  • 大会も実施予定

こちらはP2E(Play to Earn)にも関わるのでそれぞれ解説します。

PvE:ダンジョンを攻略

エルフマスターズ

まずメインとなるのはダンジョン攻略です。

ダンジョンはマップを探索することで、敵(NPC)とのバトルや装備品、強化アイテムなどを獲得することができるようになっています。

また、ゲームはソーシャルゲームによく採用されているスタミナ制の予定です。

このダンジョンにはデイリークエストのようなものが用意されており、こちらを達成することでPLTのトークンが獲得できるようになっています。

PvP:ユーザー対戦

PvPもリリース後に実装予定となっています。

こちらはリアルタイムのバトルとなっており、対戦に勝利することでトークンが獲得できる仕様となっているので、こちらも覚えておいてください。

また今後は次に紹介を行う大会などのイベントも実装予定となっています。

大会も実施予定

PvPの大会も今後は実施される予定。

このイベントの入賞者にはPLT(トークン)だけでなく、ゲームで活用が行えるNFTも獲得できるようになっているので、こちらも積極的に参加してみて下さい。

イベントは定期的に開催予定とのことなので、こちらも注目です。

バトルシステム

バトル画面

バトルはスキル(カード)を使ったターン性のバトルゲーム。

※スキルは装備に依存

このスキルには使用コストや威力などがあり、これらを駆使しながら敵のモンスターを倒していくものとなっています。

アクシーをプレイしたことのある方は、こちらもわかりやすいはず。

スキルによってはダメージだけでなく、何かしらの効果(バフ、デバフなど)を持ったものもあるはずなので、組み合わせを練ることが大事になりそうです。

ゲームに必要なもの

エルマス イメージ画像

またバトルを行う(ゲームプレイ)ために必要なものは以下です。

  • マスターNFT(3体)
  • バトルでのメインキャラ
  • エルフNFT(3体)
  • マスターをサポートするキャラ

基本的にエルフはマスターに「バフをかける+スキル(カード)」と思ってOKです。

マスター 装備

またマスターは装備(5ヵ所)を行うことができます。

この5ヵ所にそれぞれの装備を行うことで各スキル(カード)とキャラのデザインが変わってくるので、この組み合わせがバトルの重要ポイントとなりそうです。

各装備についてはゲームプレイで入手可能。

マスターやエルフのNFTは今後公式からセットで販売が行われる予定となっています。

無料プレイも可能

ダンジョン画面

基本的にはゲームプレイにはNFTは必要です。

ただしトークンなどのインセンティブ設計が用意されていない無料プレイモードもあるので、わからないものに初期投資を行いたくない方は、こちらの利用をおすすめ。

まずは無料で試して、本格的にNFTを購入してスタートするか検討してみて下さい。

ゲームフロー

ゲームフロー

ゲームフローは上記のようなイメージです。

ダンジョン(デイリークエスト)やPvPなどのコンテンツでPLTトークンを稼ぎ、これらをキャラ強化や新たなアイテム購入に充てるものとなっています。

PLTは取引所で売却もできますが、強化した方がダンジョンの周回効率も上がるように設計は行われているので、どのような振り分けをするのかも重要になりそうです。

もしPLTの売却するならコインチェックで可能となっています。

スカラーシップも実装予定

スカラーシップ

またエルフマスターズにはスカラーシップも導入予定です。

この制度で貸し出せるものとしてはエルフとマスターなっており、自身が保有しているものをその他のユーザーに貸し出すことによって収益を得ることが可能。

こういったトークンの稼ぎ方もできるので、ぜひ試してみて下さい。

自身のコロニーも作成可能

コロニー

さらにエルマスでは自身のコロニー(土地)も作成可能です。

このコロニーには、装飾品のようなアイテム(NFT)を設置することができ、それぞれの効果を得られるようになっているので覚えておきましょう。

※NFTはダンジョンで獲得可能

  • ゲームスピードの向上
  • NFTを使ったステーキング

こういったことが可能になるので、ぜひこちらもチェックしておいてください。

ゲームをより快適にプレイする、また収益化の効率化を図ることができるようになりそうなので、このコロニーの充実もゲーム攻略で大事な要素となると思います。

メタバースの構想も

メタバース

このゲームはメタバースの構想も。

現状このメタバースについては、先ほど紹介したコロニーを活用した交流の場を予定しており、今後のアップデートで機能を拡充させる予定となっています。

こちらもトレンドに合わせた期待の要素なので注目です。

マーケットプレイスについて

Palette Market

今後ゲームで利用するNFTはHashPaletteのマーケットで販売が行われる予定です。

販売は4/1を予定しており、PLTおよびクレジットカードで決済ができるようになっているので、仮想通貨を持っていない方でもゲームプレイは可能となりそう。

  • マスターNFT
  • エルフNFT

まずはこれらの販売が行われる予定です。

ゲームプレイに必要なマスター3体+エルフ3体を1セットとし、通常のゲームと同じ価格帯から始められそうです。

GameFiで気になる回収率のところも運営設計ではユーザーに満足してもらえるように作りこみを行っている自信が見えました!

また先ほど紹介したように無料プレイも可能なので、まずはそちらを試しましょう。

キャンペーン情報

また現在はエルマスのNFTがもらえるGiveawayが開催中!

参加も簡単に行える(上記ツイートのフォロー&RT)ようになっているので、アセットを獲得したいという方は、こちらの参加も行ってみて下さい。

また今後の予定としてはユーザーを巻き込んだイベントも予定。

ゲーム内で実装したいNFT案を出してもらい採用されたものはゲーム内に実装といった内容となっています。こちらも3月中を予定しているので要チェックです。

公式ツイッター

まとめ

まとめ

エルマスのゲーム内容について紹介しました。

実はキャラデザインは大手ゲーム開発に携わった会社が手掛けているので、リッチなデザインにも注目ください。

また今後も公式より様々な情報が発表予定となっているため、興味のある方はこちらの新着情報もチェックしておくといいでしょう。

スマホアプリで遊べるので、より気軽に触れるゲームタイトルとなりそうです。

またゲームは徐々にアップデートしていき、最終的にはメタバースの構想などもあるようなので、こちらがどのように進展するかも楽しみにしておくといいと思います。

最新情報は公式ツイッターを要チェック!

仮想通貨取引所ランキング

記事一覧