【スマホ版】メタマスクの使い方|アプリでの入金・送金のやり方

【スマホ版】メタマスクの使い方|アプリでの入金・送金のやり方

ETHをメインとした仮想通貨ウォレットのMETAMASK(メタマスク)がアプリで登場。入金・出金を始めとした使い方を紹介しています。

  • ご利用ガイド
  • 仮想通貨を取扱う前の注意点

メタマスクのアプリ

仮想通貨取引、NFT発行・所持、ブロックチェーンゲームなどを利用する際に必ず必要になってくるのがメタマスクです。

PC版のイメージ多いと思いますが、実はスマホ版もリリースされています。

手軽に資産を管理したいという方も多いと思うので、今回はこのメタマスクのアプリの使い方について、徹底的に紹介を行っていきたいと思います。

まずは下記よりアプリのインストールを行ってください。

iOS

Android

アプリの始め方

メタマスク アプリ 始め方 初期設定

アプリを起動したらGet startedをタップします。

  • Import using seed phrase
  • シードフレーズでインポート
  • Sync with MetaMask extension
  • PCと同期
  • Create a new wallet
  • 新規ウォレット作成

こちらの3つ項目が出てきますので、条件に合うものをタップしてください。

今回は初めて利用する方が多いと思うので、新規作成をメインに紹介します。

新規ウォレットの作成

メタマスク 新規ウォレット作成

新規ウォレットの作成はCreate a new walletをタップ。

パスワード設定方法に移行するので、任意のパスワードを設定してください。その後、チェックマークを入れてCreate passwordをタップします。

※iPhoneは任意でフェイスIDの設定も可能

これで初期段階は終了です。

この後に重要なシードフレーズと言うものが出るので、次も覚えておきましょう。

シードフレーズの保管

メタマスク アプリ シードフレーズ

仮想通貨ウォレットで最も重要な項目です。

このシードフレーズは、ウォレットのバックアップを行うときに使うものなので、誰にも知られないように、厳重に個人で管理する必要があります。

これを保管するにはStartでページを進めてください。

最初に設定したパスワードを入力するとシードフレーズが出てきます。

メタマスク アプリ シードフレーズ

Viewをタップするとシードフレーズが表示されます。

必ず順番通り控えておきましょう。

控え終わったら次に正しい順番で、表示されたシードフレーズを入力していきます。これが完璧に終われば、シードフレーズの保管は完了です。

何度も言いますが、このフレーズは資産を守るためにも厳重に保管してください。

他人に知られると、資産を抜かれる可能性もあるので要注意です。

メタマスク アプリ 初期設定 完了

上記の画面が出ればウォレット作成の完了です。

Doneをタップしてください。

最後に利用規約が表示されるので、こちらも合わせて読み、I Agreeをタップすれば、ウォレット利用が可能になります。

メタマスクの使い方

アプリ版メタマスクの使い方は以下がメインです。

  • ブラウザ機能
  • ウォレット機能

PC版の機能に加え、アプリ版ではブロックチェーンゲームやDappsを利用できるブラウザ機能が付いているので、こちらから簡単に解説します。

ブラウザ機能

メタマスク アプリ ブラウザ機能

ブラウザ機能はメニューから選択することができます。

色々なDeFiやDEXがリストされており、アクセスすることができますが、リストにない場合でも検索を行えば利用可能です。

もちろんブックマークのような機能も付いているので、こちらを利用してリストにないものもメモしておけるので、上手く活用を行っていきましょう。

ウォレット機能

ウォレット機能については以下のことをおさえればOKです。

  • 入金
  • 送金

これらの別々にやり方の解説を行っていきます。

入金・送金ともに簡単に利用ができるので、しっかりとやり方を理解すれば、後に扱うときはスムーズに利用ができるようになるでしょう。

入金のやり方

メタマスク アプリ 入金方法

入金のやり方は簡単です。

アプリのウォレット画面にあるアドレスをタップすることで情報をコピーすることができるので、こちらを送金するウォレットの送金先の入力欄に貼り付けます。

後は通常の送金と同じようにトランザクションを通せば入金が行われます。

かなり簡単ですね。

通常のウォレットを使ったことがなくても、問題なく利用できると思います。

送金のやり方

メタマスク アプリ 送金方法

送金もこれまでと同じように簡単に行うことができます。

まずこちらは送金を行う通貨をタップし、SENDを選択することで送金に必要な情報入力の一覧がでてくるので、こちらを入力して送金を行いましょう。

メタマスク アプリ 送金方法 情報入力

送金の時に必要な情報は以下の通りです。

  • 送金先アドレス
  • 送金額

これらの情報を入力すれば送金を行うことは可能です。

メタマスク アプリ 送金方法 ガス代調整

ガス代の設定が気になる方は、Editから細かくガス代を調整することができるようになっているので利用してみるといいでしょう。

Check:ETH|ガス代の目安と仕組みを解説

インポート方法

メタマスク アプリ インポート

PCなどで利用しているウォレットのインポート方法について紹介します。

ウォレットのインポートとは、すでに利用しているウォレットのデータをこのアプリでも利用できるようにする機能とイメージしてください。

すでにPC版のメタマスクなどを利用している場合でも、このインポートを行うことによってゲームデータや資産内容を引き継ぐことができます。

まずこちらについてはインポートを行うウォレットの秘密鍵が必要です。

メタマスク アプリ インポート

今回はPC版のメタマスクを例に紹介を行います。

まずPC版メタマスクの秘密鍵の抽出方法については、Ξのメニューをクリックして詳細から秘密鍵のエクスポートを選択しましょう。

設定しているパスワードを入力することで、英数字の羅列が表示されます。

例:af645ga1g6w5rh45ash54g655h56

こちらをコピーしてアプリの情報入力欄に貼り付ければOKです。

メタマスク アプリ インポート

入力する情報はウォレットのアカウントをタップすることで、切り替え画面が表示され、その下にImport an Accountとあるのでこちらを選択。

秘密鍵の入力欄が表示されるので、こちらに貼り付けを行ってImportのボタンをタップすればアカウントのインポートは完了します。

かなり簡単に行えるのでインポートの方法も覚えておくといいでしょう。

Check:メタマスク|その他ウォレットへのインポート

PCと同期方法

メタマスク アプリ PC同期

PCと同期するには、アプリの利用開始時点で設定する必要があります。

  • Sync with MetaMask extension
  • PCと同期

※後に行うならインポート

こちらを選択します。

メタマスク アプリ PC同期

その後PC版のメタマスクを操作し、同期の設定を行います。

設定→詳細→モバイルアプリと同期を選択してください。

メタマスク アプリ PC同期

パスワードを入力するとQRコードが出てくるので、スマホでコードを読み込みましょう。読み込みが完了すれば、PCとの同期は完了です。

すでにPC版を使っている方は、こちらも利用してみてください。

まとめ

まとめ

アプリ版メタマスクの使い方について紹介をしました。

PCでは手軽にウォレット確認をすることができなかったのですが、スマホアプリならいつでも簡単にウォレットの操作ができるのでおすすめです。

かなり簡単に扱えるので非常に便利です。

ただPC版と違う点としては日本語にはまだ対応していないので、この点が気になるという方は日本語対応のブラウザウォレットを利用するといいでしょう。

それらのアプリについては下記で紹介しているので参考にしてみてください。

Check:Dapps対応|おすすめのウォレット4選

iOS

Android

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所

記事一覧