dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > 初心者 > metamask > 【スマホ版】メタマスクの使い方|アプリでの入金・送金のやり方
【スマホ版】メタマスクの使い方|アプリでの入金・送金のやり方

【スマホ版】メタマスクの使い方|アプリでの入金・送金のやり方

ETHをメインとした仮想通貨ウォレットのMETAMASK(メタマスク)がアプリで登場。入金・出金を始めとした使い方を紹介しています。

β版の使い方

メタマスクのモバイル版がβ版でリリース。紹介する使い方についてはβ版のものになるので、本リリースでは内容が変更される可能性があります。

メタマスクがアプリで登場

アプリでついにメタマスクがリリースされました。

これまでメタマスクはPC専用のウォレットとなっていましたが、モバイルアプリで扱えるようになったため、今まで以上に利便性が向上することでしょう。

多くのブロックチェーンゲームやDappsでも活用できるようになっているので、このアプリを利用して多くのサービスを触ってみてください。

ここではこのアプリ版のメタマスクの使い方について紹介します。

アプリの始め方

メタマスク アプリ 使い方 Metamask スマホ インストール

まずはアプリのインストールからです。

β版は事前登録が必要になりますが、申請をすればすぐに利用することができるので、まずこちらは「公式ページ」で登録を行っておきましょう。

メタマスク アプリ 使い方 Metamask スマホ インストール

公式ページでは以下の情報を入力を行えばOKです。

  • 名前
  • メールアドレス

この2点を入力してSUBMITを押せば申請は完了となります。

メタマスク アプリ 使い方 Metamask スマホ インストール

後はすぐに登録したメールアドレス宛にアプリがダウンロードできるリンク付きのメールが届くので、こちらからアプリを落としてください。

この時はiOSであればTestFlight、androidであればメール内のリンクからテスター登録を行って、ストアからアプリをダウンロードすればOKです。

TestFlight

GooglePlay

ウォレットの作成

メタマスク アプリ 使い方 Metamask スマホ インストール

ウォレットの作成方法は簡単です。

アプリを立ち上げるとStart exploringというボタンがあるので、こちらをタップすることで、規約が出てくるので同意を行えば作成は完了します。

ただこちらはバックアップを取っておく必要があります。

ウォレットで最も重要な資金管理にも直結するので、バックアップは必ず行っておいてください。(これを行わないと資金を失う可能性も出てきます)

バックアップのやり方

メタマスク アプリ 使い方 Metamask スマホ インストール

バックアップは上部の「Ξ」のメニューから行います。

こちらをタップするとメニューが出てくるので、こちらの上部にある歯車のアイコンをタップしてSecurity & Privacyを選択してください。

メタマスク アプリ 使い方 Metamask スマホ インストール

バックアップを取る方法としては以下の2つがあります。

  • 秘密鍵
  • パスフレーズ

メタマスクのみでのバックアップであればパスフレーズ(シード)で対応できますが、その他のウォレットでも管理する場合もあるので両方説明します。

秘密鍵の表示

メタマスク アプリ 使い方 Metamask スマホ インストール

秘密鍵は外部ウォレットなどにインポートを行うときに活用します。

SHOW PRIVATE KEYをタップすることで、この秘密鍵が表示されるので、外部のウォレットにインポートを行うときはこのキーをコピーして使います。

インポートを行う場合は、この秘密鍵をインポートを行うウォレットの情報入力欄に貼り付ければOKなので、簡単にその他のウォレットでも資産管理は可能です。

パスフレーズの表示

メタマスク アプリ 使い方 Metamask スマホ インストール

パスフレーズはメタマスクのバックアップで使用します。

秘密鍵は英数字の羅列ですが、パスフレーズの場合は英語12単語で構成。

これらのものがあれば簡単にウォレットの復元などができますが、他人に見られた場合はウォレット内の資産を抜き取られる可能性があるので、扱いには注意が必要です。

メタマスクの使い方

アプリ版メタマスクの使い方は以下の使い方が可能です。

  • ブラウザ機能
  • ウォレット機能

PC版の機能に加え、アプリ版ではブロックチェーンゲームやDappsを利用できるブラウザ機能が付いているので、こちらから簡単に解説します。

ブラウザ機能

メタマスク アプリ 使い方 Metamask スマホ インストール

ブラウザ機能はメニューから選択することができます。

色々なDappsやブロックチェーンゲームがリストされており、アクセスすることができますが、リストにない場合でも検索を行えば利用可能です。

もちろんブックマークのような機能も付いているので、こちらを利用してリストにないものもメモしておけるので上手く活用を行っていきましょう。

ウォレット機能

ウォレット機能については以下のことを抑えればOKです。

  • 入金
  • 送金

これらの別々にやり方の解説を行っていきます。元のメタマスクもアプリのような作りとなっているので、ほとんどやり方は変わらないので理解しやすいでしょう。

入金のやり方

メタマスク アプリ 使い方 Metamask スマホ インストール

入金のやり方は簡単です。

こちらはアプリのウォレット画面にあるアドレスをタップすることでコピーすることができるので、こちらを送金するウォレットの情報入力欄に貼り付けます。

後は通常の送金と同じようにトランザクションを通せば入金が行われます。

かなり簡単に利用することができるので覚えておきましょう。

メタマスク アプリ 使い方 Metamask スマホ インストール

また初めての入金時にパスワードとパスフレーズの設定が要求されます。

パスワードは任意のものを設定して大丈夫です。またTouchIDでもロックの管理ができるようになっているので、設定しておくと便利でしょう。

メタマスク アプリ 使い方 Metamask スマホ インストール

その次は先ほど保管したパスフレーズの確認になります。

こちらは保管した英単語を順番通りに並べていく作業です。全部で12単語あるので、こちらが間違いの内容に並べ替えることで設定は完了です。

メモなどを取っておけば簡単に設定できるので行っておきましょう。

送金のやり方

メタマスク アプリ 使い方 Metamask スマホ インストール

送金もこれまでと同じように簡単に行うことができます。

まずこちらは送金を行う通貨をタップし、SENDを選択することで送金に必要な情報入力の一覧がでてくるので、こちらを入力して送金を行いましょう。

メタマスク アプリ 使い方 Metamask スマホ インストール

送金の時に必要な情報は以下の通りです。

  • 送金先アドレス
  • 送金額

これらの情報を入力すれば送金を行うことは可能です。

ガス代の設定が気になる方は、下のリンクをタップすることで細かくガス代を調整することができるようになっているので利用してみるといいでしょう。

Check:ETH|ガス代の目安と仕組みを解説

インポート方法

メタマスク アプリ 使い方 Metamask スマホ インストール

最後にウォレットのインポート方法について紹介します。

ウォレットのインポートとは、すでに利用しているウォレットのデータをこのアプリでも利用できるようにする機能とイメージしてください。

すでにPC版のメタマスクなどでブロックチェーンゲームをプレイしている場合でも、このインポートを行うことによってゲームデータを引き継ぐことができます。

まずこちらについてはインポートを行うウォレットの秘密鍵が必要です。

メタマスク アプリ 使い方 Metamask スマホ インストール

今回はPC版のメタマスクを例に紹介を行います。

まずPC版メタマスクの秘密鍵の抽出方法については、「Ξ」のメニューをクリックして詳細から秘密鍵のエクスポートを選択しましょう。

設定しているパスワードを入力することで、英数字の羅列が表示されます。

例:af645ga1g6w5rh45ash54g655h56

こちらをコピーしてアプリの情報入力欄に貼り付ければOKです。

メタマスク アプリ 使い方 Metamask スマホ インストール

入力する情報はウォレットのアカウントをタップすることで、切り替え画面が表示され、その下にImport an Accountとあるのでこちらを選択。

秘密鍵の入力欄が表示されるので、こちらに貼り付けを行ってImportのボタンをタップすればアカウントのインポートは完了します。

かなり簡単に行えるのでインポートの方法も覚えておくといいでしょう。

Check:メタマスク|その他ウォレットへのインポート

まとめ

まとめ

アプリ版メタマスクの使い方について紹介を行いました。

PCでは必須と言われたほどのウォレットがついにアプリでリリースされたので、こちらは多くの方が利用するブラウザウォレットとなりそうですね。

UIもPC版とほぼ変わりなくかなり簡単に扱えるので問題なしです。

ただPC版と違う点としては日本語にはまだ対応していないので、この点が気になるという方は日本語対応のブラウザウォレットを利用するといいでしょう。

それらのアプリについては下記で紹介しているので参考にしてみてください。

Check:Dapps対応|おすすめのウォレット4選

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players