ツイート 目次 目次を閉じる
REALY|現物アイテムも取引可能なメタバースプロジェクトの概要

REALY|現物アイテムも取引可能なメタバースプロジェクトの概要

NFTと現物のアイテムを紐づけることができるメタバースREALY(リアリー)の概要紹介です。非常に面白い独自の取り組みは必見です。

  • ご利用ガイド
  • 仮想通貨を取扱う前の注意点

REALYとは?

REALYとはNFTとメタバースを組み合わせたプロジェクト。

元々はストリートカルチャーを元とした分散型マーケットプレイスの開発がメインでしたが、それに留まることなくメタバースの開発にも着手しています。

最終的には現状空間と密接に関連したメタバースが完成しそう。

REALY メタバース

ユーザーはアバターを作成してメタバース内を行き来することができますし、各土地でのアイテム購入や経済活動、さらにはコンサートなどのイベント参加も。

もちろんユーザーの交流機能も設けられる予定となっています。

さらには現物のアイテムの証明書をメタバース空間内で発行することで、それらの取引もシームレスに行える仕組みも実現しそうなので非常に注目です。

その中で現在着手しているものは以下。

  • メタバース空間の構築
  • アバター・ウェアラブル作成
  • 現物アイテムとNFTの紐づけ

この中にはかなり面白い取り組みも行われているので、それぞれ紹介を行います。

各内容を知ることで、より詳細なREALYの概要が感じられるでしょう。

REALY公式

メタバース空間の構築

メタバースイメージ

まずはメインテーマのメタバースの構築です。

画像や動画を見た感じでは、かなりリアルな都市を仮想空間に落とし込みユーザーの交流やその中でのイベントが行えるようになっていそうですね。

  • ショップの構築
  • 美術館の設置
  • コンサートなどのイベント実施

普段の世界と変わらない体験ができるようになる予定となっているので必見。

すでにREALYでは特定のブランドやアーティストとも提携しているようなので、メタバース内でどのようなものができるか楽しみにしておきましょう。

おそらくですが、最終的にはユーザーの中から土地を所有する人も出てくるはず。

そうなれば、それぞれの考えでコンテンツの提供も行えるようになるので、より沢山の楽しみ方ができる世界が構築されてくると思います。

車なども実装されそうなので、駐車場などニッチなものも作れそうですね。

アバター・ウェアラブル作成

アバター イメージ

メタバースと言えば、アバターの存在は欠かせません。

アバターはよりリアル感を追求したものとなっており、それぞれ独自のものを作成できます。そこにウェアラブルNFTを付属させることで独自性がより出る仕様。

このウェアラブルは多様でTシャツからスニーカーなど色々なものが登場する予定。

元々このウェアラブルに注力しているプロジェクトなので、非常にクオリティの高いアイテムがどんどんリリースされてくることとなるでしょう。

現物アイテムとNFTの紐づけ

ウェアラブルNFT

個人的に一番面白いと感じた取り組みがこれ。

現物のファッションアイテムにNFCチップを埋め込むことで、連動した証明書のようなNFTを発行し、オンチェーン上にアップロードすることも可能なよう。

ここで起こりそうなこととしては以下の2つ。

  • 現物と同じデジタルアセットの作成
  • 現物の商品をメタバースで取引

特に2つ目は有力な考え。

深くは触れられてはいませんでしたが、REALY Solution(証明書発行サービス)で認証された高級品は真贋を気にすることなく取引や譲渡が可能と記載されています。

現物も預ける必要があるかもしれませんが、この取り組みは面白いですね。

またこの証明書NFTと紐付けたファッションNFTを作成することができれば、どのようなアイテムかを識別しやすくなるほか、より現実に基づいたアイデンティティを表すものになるかも。

非常に今後の進展が楽しみな取り組みなので、こちらは今後も注目です。

メンバーシップコレクション:Bearache

BearacheのNFT

すでにこのREALYではメンバーシップの証明であるNFTも販売されています。

※所有者のみがアクセス可能というわけではありません

このNFTを所有することで、今後は以下のような特典が付与されるとのこと。

  • メンバー限定のエアドロップ
  • 各コンテンツの優先権付与
  • メタバース内での活用も

まずはメンバー限定のエアドロップです。

こちらはこのREALY Metaverse上で活用される見込みのREALトークンのエアドロップ(ランダム付与)であったり、その他のアイテムも獲得できそうです。

またコンテンツの優先権付与はNFT販売(ウェアラブル)であったり、後にメタバース上に構成されるイベントの参加券などを優先的に購入できるようになります。

さらにはメタバース内での活用も可能になりそう。

まだ確定ではありませんが、REALY MetaverseでこのBearacheを3D化し、活用できることにするとのことなので、こちらも注目しておくといいでしょう。

Bearache Opensea出品

現在はこのBearacheは二次流通も始まっています。

Openseaで購入できるようになっているので、早めにNFTを入手しておきたいという方は、こちらのNFTマーケットからBearacheをGETしておくといいでしょう。

とは言え、まだこのNFTはすべてが販売されたわけではありません。

10,000個のコレクションを発行する予定ですが、現状はまだ1,000個ほどの発行しか確認できないので、今後さらに公式リリースが行われる可能性があります。

Openseaが価格が上がっているので、もうちょっと待ってもいいかもしれませんね。

興味がある方は、公式・Openseaの両方を確認することをおすすめします。

REALトークンについて

こちらはREALY Metaverseで活用が見込まれるトークンです。

現状では以下の方法で入手するよう。

  • Bearache保有者のエアドロップ
  • メタバース内での獲得
  • バイビットで購入

特にこのメタバース内ではDeFiの仕組みも取り入れる構想。

そのため何かしらのアクションを行うことで、このREALトークンを獲得できるようになるとのことなので、こちらも楽しみにしておくといいでしょう。

さらに現物のものがメタバース内のNFTに変換できれば…

仮に質屋にアイテムを預けることなどで、販売益とは別にトークンを入手する方法などが確立できれば非常に面白い仕組みになると思います。

REALの買い方

今回初めてREALのローンチバッドが開催!

こちらはバイビットで行うものとなっており、いち早くREALを入手することができるようになっているので興味がある方はチェックしておきましょう。

今回のローンチパッドのルールとしては以下。

  • 12/5~12/10の間でのBIT保有量を計測
  • バイビットの現物・デリバティブ・ByFiアカウントに保有
  • 日次平均BIT残高を計測
  • BIT残高に応じてREALの割当を決定
  • 12/10にコミット申請

この手順で行えるので、参加を検討される方はチェックしておきましょう。

またこのローンチパッドで必要になるBITについては、下記でまとめているのでこちらも合わせてチェックしてみて下さい。

Check:BitDAO|プロジェクト概要とトークンの買い方

バイビット公式

まとめ

まとめ

NFT×メタバースを模索するREALYについて紹介しました。

単なるメタバースではなく、現物のアイテムをNFTの証明書と紐づけることで、より現実と密接した空間が完成しそうなので非常に面白そうな取り組みと感じます。

また彼らが排出するウェアラブルNFTもクオリティが高そうですね。

すでに多数のブランドとも提携を行っているので、今後はより一般層にも認知されやすいものが登場してくる可能性も十分あると言えるでしょう。

色々なことができそうなものとなっているので、ぜひこちらもチェックしてみて下さい。

REALY公式

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所

記事一覧