ツイート

【インタビュー】Joyfa|資金調達とNFTエコシステムの開発について

資金調達を発表したJoyfa。今回はこのCEOの平手さんに資金の使い道やJoyfaのNFTエコシステムの内容など色々な内容について聞いてきました。

CEO平手さんにインタビュー

平手さん

今回はJoyfaのCEOである平手さんにインタビュー!

直近では3,000万円の資金調達の発表や新ブランドの設立、さらにはJoyfaの大きなエコシステムの柱も決まったとのことなので色々なことを聞きました。

今後の展開やNFT、さらには独自トークンの話も!?

色々な初公開情報解禁です!

また平手さんには以前も取材を行っているので、こちらも合わせてご覧ください。

NFT – Joyfa

Joyfa|デジタルファッションが目指す未来

Joyfa公式

資金調達の経緯と使い道

今回調達した資金はどのような経緯で投資を募り、どのような形で利用される予定でしょうか?

回答:

まずは経緯についてですが、自分のネットワークを活用して色々ご連絡させていただいき、Joyfaの目指す未来に共感いただいた方から支援を受けることとなりました。

まだまだ未開拓な領域ですが、この段階でご協力いただけることは非常にありがたく感じます。

そしてこの資金の使い道ですが、今後Joyfaで展開予定のシステム開発が主です。

現状の予定でいうとNFTスニーカーを投影できるARアプリの開発や、今後ユーザーの方がスニーカーのデザインをできるような機能開発に資金を充てていきたいと思います。

AstarNetworkも活用?

Next Web Capital

今回の出資者の中にはNext Web Capitalも含まれていますが、今後はETHだけでなくAstarチェーンも活用の予定はありますか?

回答:

可能性はあると思います。

現時点ではETHとPolygonですが、将来的にはより幅広いユーザーへリーチするために様々なチェーンに対応していきたいと考えています!

今後はNFTスニーカーに注力?

今回の資金調達のリリースでファッションよりもデジタルスニーカーに注力するようなイメージを持ったのですがどうでしょうか?

回答:

はい。これまでデジタルファッションの大枠で見ていましたが、まずはデジタルスニーカーに注力することを決めました。

例えばStockXもスニーカーから始まり、徐々にファッションに展開してきました。

私たちもまずはより細かな部分に注力することで、よりクオリティの高い製品とサービスの提供を行っていきたいと考えています。

もちろんその後の展開次第で、この幅を広げていければと思います。

新たなクリエイターを支援

NFTスニーカーについてですが、今後は自社での開発だけでなくクリエイターなどの募集は行われる予定でしょうか?

回答:

今後の予定の一環としてはクリエイターの募集も考えています。

世界中から多くのクリエイターを集めることで、それぞれのアイデンティティを象徴したスニーカーデザインなどができればうれしいです。

もちろん収益の大部分はクリエイターに還元予定。

そうすることで新たな収益の窓口を創出していきたいとも思っています。

これまでのデジタルファッションは?

デジタルファッション

ちなみにですが、今までリリースしたデジタルファッションの活用は今後行われる予定でしょうか?

回答:

はい、もちろんです。

これまで提供したデジタルドレスは、引き続き写真投影などのサービスを継続していき、これまでと変わらない活用を行っていただけるようにします。

また今後の展開次第では、現状開発しているアプリなどに統合できればと思います。

NFTエコシステムとは?

NFTエコシステム

今回の話でNFTのエコシステムとありますが、この具体的な内容や構想はどういったものですか?

回答:

大きく分けるとJoyfaのエコシステムには3つの柱が存在しています。

1.NFTの制作・販売

将来的に3Dクリエーターの方は、自身で作成したスニーカーをJoyfaで販売出来るようになります。

また後にマーケットプレイスも実装予定なので、色々なクリエイターの方が集まればより個性のあるデジタルスニーカーの売買ができるようになるでしょう。

スニーカー制作が難しい一般ユーザーの方は自身の持つNFTを真っ白なスニーカーの柄にするサービスもローンチ予定なので、それぞれの楽しみ方ができるようになります。

2.NFTでの体験

デジタルスニーカーを体験する場所を提供します。

具体的には近日ローンチ予定のARアプリや自分だけの展示室などを作ってその他のユーザーに閲覧してもらえるような体験を提供する予定です。

また将来的には位置連動を使ったデジタルスニーカー収集などができないか検討しています。

さらには来年出ると噂されているARグラスへの対応も考えています。

もちろんこちらは外部の開発状況などにも左右されますが、より多くの人がJoyfaのデジタルスニーカーを体験できる場所を確保する予定です。

3.ガバナンスへの参加

ガバナンスはまずJoyfaトークンの発行します。

総供給量の一部をコミュニティのトレジャリーに割り当て、ガバナンス投票によってこれらの使い道を決定していく仕組みを作る予定です。

また初期発行の段階でエアドロップも行おうと思っています。

多くの方がJoyfaのガバナンスに参加することで、より自走できるサービスの提供を行っていきたいと考えています。

Joyfaトークンについて

もしこのトークンにガバナンス以外の活用法もあれば教えていただけると嬉しいです。

回答:

トークンは単にガバナンスだけでなく、アクセストークンとしても機能します。

  • NFTエアドロップの権利
  • 新作購入の優先権

このような用途も考えているので、こちらは続報をご期待下さい!

どのような価値を持たせる?

今まで販売されたもの、またこれから販売されるNFTにはどのような価値やユーティリティを持たせようと考えているのでしょうか?

回答:

価値というのは体験価値と考えています。

こちらは先ほどを伝えたようにARを通したNFTの投影や自身の展示室などで実際にNFTが使える場を提供していきたいと思います。

またその中で新たな発想が出てくれば、柔軟に対応はしていきたと思います。

今後の仕掛け

ユーザーを楽しませる仕掛けとして今後予定しているものなどありますか?

回答:

まずは楽しんでいただくことに焦点を当てると、先ほど紹介したARの活用やデジタル上の体験を存分に楽しむ仕掛けは多く行っていきたいです。

また今後はインスタがNFTに対応するとの話もあるので、こちらと上手く連動できるような機能も実装できればしたいと思っています。

さらには今も話題の位置連動ゲームなどの仕組みを用いて、マップを探索しNFTの収集などができるようなコンテンツも作成して楽しみを広げていきたいです。

最後に一言!

今回の取材協力ありがとうございました。最後にユーザーやファンの方に一言お願いします!

回答:

今後Joyfaでは「デジタル版のスニーカーを集めたい、体験したい」と思っていただけるような、ワクワクする仕掛けをたくさん行ってまいります!

ぜひ楽しみにしてください!

まとめ

まとめ

Joyfaの平手さんへのインタビューでした。

資金調達の内容から今後の具体的な展開、さらには独自トークンのリリースなど色々な話題が出てきたので、さらに今後が楽しみなものとなりそうです。

「デジタル上のStockXを目指す!」

このように平手さん自身も大きな目標を掲げていたので、今後Joyfaがどのように展開していくのかは注目しておきましょう。

NFT – Joyfa

Joyfa|デジタルファッションが目指す未来

Joyfa公式

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所を比較
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所
仮想通貨取引所ランキング

記事一覧