ツイート

暴走東京 AMA振り返り|プロジェクトへの質問と回答まとめ

暴走東京(BOSO TOKYO)のAMAを開催したので、こちらの質問と回答をまとめています。当日参加できなかった方は、ぜひこちらもご確認下さい。

暴走東京のNFTの購入方法

暴走東京のNFTの販売詳細が発表されました。

注目を集めるNFTプロジェクトとなっているので、この販売の詳細を知りたいという方は、事前に下記の内容もチェックしておきましょう。

暴走東京|NFTの購入方法と手順を解説

暴走東京のAMAを実施

6/28に「暴走東京×ダプマ」でのAMA(質問会)を開催しました。

このAMAでは録音を含め、すでに1,500名以上の方が視聴をされており、プロジェクトの注目度も伺えるものとなっているので内容が気になる方も多いはず。

アーカイブは30日の保存となるので、今回はこの質問と回答の内容を記事化します。

AMAに参加できなかったという方は、こちらで内容を要約するので、暴走東京の最新情報を知りたいという方は、こちらもチェックしてみて下さい。

NFT – BOSO TOKYO

暴走東京|NFTメタバースプロジェクトの概要

暴走東京 公式

プロジェクトの概要は?

今日集まった方の中には、まだ暴走東京って何?と思われている人も多いと思うので、こちらの紹介を簡単にお願いします!

回答:

BOSO TOKYOは、「メタバースのアイデンティティブランド」をビジョンとして掲げているNFTプロジェクトです。

日本を代表するイラストレーターである天神英貴氏がメンバーとして参加し、唯一無二のアートワーク、メタバース空間に持ち込めるクオリティの高いアバターを用意します。

さらに商用利用権の提供や、独自のイベントへのアクセスが可能になります。

そして、都内初の泡パーティー、ネバダ州で8万人以上が参加するバーニングマンの日本リージョン「Burning Japan」を立ち上げし、累計200万人以上が参加したオンライン音楽フェス「BLOCK.FES」を主催したアフロマンス氏がクリエイティブディレクターに就任しています。

それ以外にも仮想通貨業界のプロフェッショナルや、トップクリエイターが集まり、日本発の本物のNFT作品を世界に送り込む体制を整えました。

暴走というコンセプト

暴走東京

なぜ暴走族をテーマにしようと思ったのでしょうか?暴走族と言えばちょっと荒いイメージもあったので、懸念などなかったですか?

回答:

暴走族そのものがテーマというわけではありません。

何かに反抗し、自由を求めて走る彼らの姿が、中央集権にあらがい、自由で新しい分散型の世界に向かう今のWEB3の思想に近いという点や、彼らの掲げるスローガンである「天上天下唯我独尊」自分はこの世界でただ一人しかいない尊い存在であるという信念から着想を得て暴走東京は生まれました。

アイデンティティブランドとは?

ビジョン

暴走東京は「メタバースのアイデンティティブランド」をビジョンに掲げていると仰ってましたが、具体的にどういった内容か教えて下さい。

回答:

アイデンティティというのがわかりづらいと思いますが、これはメタバース中心のデジタルスペースにおいて、自分を表すものという意味で使ってます。

今後、仕事用やプライベート用のメタバースなど、複数のメタバースを行き来する時代が来ると考えています。

その際、メタバース毎にアバターを変えるのが主流になる一方で、どこのメタバースでも共通のアバターを求める需要というのも発生すると考えています。

PFPでもあり、メタバースアバターでもある。そのような未来のメタバース中心の世界におけるアイデンティティの実現を目指すのが暴走東京です。

メタバースプラットフォームへの対応

暴走東京は、できるだけ多くのメタバースプラットフォームに対応したいというイメージでしょうか?またすでに各事業者にコンタクトをとったりもしていますでしょうか?

回答:

プラットフォームはできるだけ多くのものに対応していきたいと思っております。

またコンタクトについてですが、こちらは自分達だけのことではないので、ここでの発言は控えさせてください。(笑)

天神氏の参加について

天神さん

メインデザイナーの天神氏はどのような経緯で参加されることになったのでしょうか?またどのような思いを持ってプロジェクトに参加されているのでしょうか?

回答:

天神さんの思いというだけではなく、チームの総意でもありますが、現在、世界最大のNFTマーケットプレイスであるOpnesea(オープンシー)を見ると、日本のアニメやゲームに影響を受けたNFT作品も多いことが分かります。

ただ、それらの中には模倣も多いのが現状です。

私たちはそれをみていて、日本人として悔しいと感じていました。

日本で生まれたオリジナルのIPを、そのまま世界に届けたいという純粋な思いに共感してくれたのが天神さんであり、現在のプロジェクトが立ち上がったきっかけにもなっています。

その他運営メンバー

運営メンバー

現在公開されている主要なメンバー以外も、色々な方面のプロフェッショナルな方が参加されているのでしょうか?

回答:

天神さん、アフロマンスさん、大木さん以外のメンバーに関しても、国内外のCryptoマーケティング、NFT事業会社、ブロックチェーン開発者、海外のインフルエンサーといった、crypto関連のプロフェッショナルなメンバーが参加しています。

そこに加え、私や天神さん、アフロマンスさんと言ったcrypto以外の業界でクリエイティブなメンバーが加わったスペシャルチームとなっております。

グローバルで見ても、強いメンバーが揃っていると思います。

NFTのデザインとコンセプト

NFT

暴走東京のデザインはどのようなものになるのか、またコンセプトを改めて教えて頂ければと思います。

回答:

大まかなコンセプトでいうと日本の暴走族 x サイバーSFです。

キービジュアルは人間型ですが、天神氏が最も得意なメカニックデザインを生かしたモデルのアバターも登場しますので、楽しみにしていてください。

品質はかなり高いと自負しています。

3種類のZOKU(族)が発表

また暴走東京の新たなデザインが公開!

この公開で判明したこととしては、各NFTはZOKU(族)という種族を表すものが付属しており、こちらが全部で3種類になるものとなっています。

  • 魔姿隠(マシーン)
  • 飛遊曼(ヒューマン)
  • 鬼滅羅(キメラ)

新たに出てきたデザインもかっこいいですね!

またこのZOKU・族はステーキングとの関連性も。こちらは後に紹介しますが、非常に興味深い内容となっているので、ぜひチェックしてみて下さい。

レアリティについて

NFTにレアリティの概念は実装されるのでしょうか?またリリースされる10,000体のデザインはどれもユニークなものですか?

回答:

レアリティとも少し違うのですが、Revving(ステーキング)と関連した仕掛けを用意しています。ここについては、後日情報公開を行いますので、お待ちいただきたいです。

1万体のデザインは、全てが世界でただ一つのユニークなものになります。

現在の冬の相場への考え

BTCチャート

今は相場も悪くCrypto冬の時代が到来と言われていますが、この時期にプロジェクトをリリースすることに対しては、懸念はなかったでしょうか?

回答:

ご存じの通り、仮想通貨業界は主にBTCの半減期である4年サイクルで動いています。

必ずしもそうなるとは言えませんが、これまでの動向を見ていると次のバブルは2025年あたりに来る計算です。

そう考えると今の相場は市場サイクルの一部と考えています。

またここからが重要なことで、この冬の相場の時にいかに仕込みをできるかが勝負(大きな発展を遂げる)と思うので、じっくりと計画を立てています。

特に暴走東京では、所有者限定のコミュニティーやRevving(ステーキング)の実装を行う予定で、中長期的な価値の維持に力を入れています。

またメタバースが主流になる未来もそこまで遠くはないと思うので、長期的な目線で皆様にはご期待いただければと思います。

ステーキングの内容

このステーキング(Revving)はどういったものが貰えるようになるのか、どういう風に行うのか構想だけでも…!

回答:

Revvingの仕組みはユニークで、今までのステーキングには無い機能を実装しています。

現段階で詳しいことは公表できませんが、こちらも期待いただける内容となっているので、後の続報も注目していただけるとありがたいです。

Revvingの詳細について

NFT

RevvingはNFTでステーキングを行う仕組みです。

ステーキングを行うことで、ステイカーはRPMを獲得し、この量が一定量以上貯まると報酬が獲得できる仕様とのことなので楽しみにしておきましょう。

またこのRPMの貯まるスピードはZOKUによって異なるよう。

このスピードの差や報酬内容は判明していませんが、こちらも注目を浴びている要素の1つではあるので、しっかりと覚えておいてください。

NFTのユーティリティ

ユーティリティ

ステーキングの他にもNFTのユーティリティというものは多く存在するのでしょうか?

回答:

もちろんその他のユーティリティも多く検討しています。

その中で特に力を入れる部分としては、所有者の限定コミュニティを活かして新たなユーティリティを生み出すような展開というのも設計しています。

こちらも続報をどんどん発信してくので楽しみにお待ちください。

ユーティリティの新情報

暴走東京がNGSと共同で開催したAMAにてユーティリティの言及がありました。

  • NFTホルダーには2種のエアドロ
  • 2DモデリングのNFT、天神氏の新作アートワークNFT
  • 以前から言われるイベント参加権
  • アフロマンス氏の手掛けるイベント
  • YAO(クリエイターDAO)のWLやエアドロ
  • こちらは今後の展開により順次決定予定

これ以外にもファッション系のコラボや、まだまだ公表していないサプライズなども順次公開していければとのことでした。(すでに話が進んでいるものも)

もちろん複数のメタバースで活用できるアバターの作成を最優先し、これらのことも考えているとのことだったので、こちらも楽しみにしておきましょう。

ホルダーの投票による使い道も

またこのAMA中で興味深かったのは、ホルダー投票(ガバナンス)で新たなメリットが追加される可能性があるということです。

  • 例えば…
  • YAOからのWLかエアドロップ
  • 発案者の意向もあるが、ホルダーの投票で内容決定も

このようになれば、ジェネシスNFTを持つ方の継続的なメリットを確保できるとのことなので、こちらも楽しみにしておくといいと思います。

今後のイベント開催予定

暴走東京では多様なイベントを開催するとのことですが、こちらは具体的にどのようなことを行う予定となっているでしょうか?

回答:

まず昨日のイベント(月曜開催のローンチパーティ)に関して簡単に説明をさせていただくと、暴走東京のカルチャーを世界に向けて発信するため渋谷のクラブでイベントを開催させていただきました。

700名以上の方にご参加いただき、いいスタートを切れたと思います。

またその他にも渋谷の大きなスクリーンをジャックしたり、宣伝トラックを走らせるなどして暴走東京のカルチャーを発信しました。

さらにイベントなどの様子は専属の撮影チームを作り編集を行っています。

この映像を世界に向けて発信していく予定です。

また今後はイベントだけでなく、Web3カンファレンスにも登壇を予定しています。そういった意味では世界規模で暴走東京の世界感を発信していこうと考えています。

そしてチームにはご存じの通り、数々のイベントでの成功を収めたアフロマンスさんが在籍しているので、ホルダー限定の泡パーティなども行うと面白いと思っています。

リアル×メタバースを通じて色々なイベントを行っていきたいです。

資金調達について

イベントやプロモーションを行う上で、費用がかなりかかると思うのですが、この点についてはすでに資金調達などされているのでしょうか?

回答:

具体的なことはお伝えできませんが、プロジェクトのビジョンや思いに共感してくれる方に直接話をしていくことで、協力者を集めていく方法を取りました。

結果として、世界各国の有力者の協力をいただいています。

この協力者の公開も後々行う予定ですが、初期の協力者だけでなくこれから暴走東京に関わる人すべてがリターンを得る(体験価値含め)ような形にすることが重要と思っています。

そのため直接的な資金調達は必要最低限以上は行っていません。

安いバリエーションで資金調達を行ってしまうと、将来的にプロジェクトの足枷になってしまうので、この点もしっかりと考えています。

この点についてはチームメンバーに経営者、Crypto、Gamefi、NFT、VCのプロが入っていることもあり、最適な方法を選択できたと思っております。

その他プロジェクトとの差別化

暴走東京が世界に進出するためには、その他のプロジェクトとの差別化が必要だと考えていますが、どこに注目してほしいなどあるでしょうか?

回答:

共通して言えることは「品質」ではないかなと思います。

  • 天神さんのイラスト
  • イベントのクオリティ
  • マーケティングの手法

まず僕たちはブランドを作るということを目指しています。

このブランドとは何かと考えたときにやはり品質というワードがあげられます。

世界で戦うためには、何を行うにしてもこの品質が世界最高峰のものに落ち着くように作成しているので、この点はしっかり見ていただきたいです。

「これが本物の品質」というものを提供していく予定です。

商用利用権はどこまでOK?

商用利用権について伺いたいです。こちらで取得したNFTはTシャツなどのグッズ販売に繋げても良いということでしょうか?

回答:

結論としては問題ございません。

すべての商用利用権に関して無制限で開放する予定です。

色々な二次創作なども出てくることで、より大きな盛り上がりが出てくることを楽しみにしています。

権利を上手く活用できない場合

商用権が上手く活用できない(自身で二次創作ができない)という方は、権利を活用しないという方向で進めるしかないのでしょうか?

権利を持て余す方については、マーチャンダイズに関する仕組みを確立する話も出ているので、すぐすぐではないですが皆さまが権利の活用ができる環境を作りたいと思っています。

YAOなどもあるので、さまざまな展開を行っていきたいです。

※マーチャンダイズ=商品化計画

海外へのマーケティング

海外へのマーケティングはどのようなものを考えてますか?

回答:

先ほどに被るところはありますが、世界の多くの協力者の方にさまざまな形でプロモーション協力いただいております。

すでに動いているものもあり、このような展開をどんどん続けていく予定です。

現状の施策について

海外マーケティングの現状はまずWLの話からすると、こちらは全世界で約2,000ほど配布を行っている状態で、内訳は以下となります。

  • 英語圏:60%
  • 日本:28%
  • 中国:12%

英語圏ではBAYCのホルダーが1,500名以上いるコミュニティやその他のコミュニティのクローズチャンネルなどで配布を行っています。

また中国でもCloneXのコミュニティなどにアプローチしたものとなっています。

女性も魅力的に感じる要素はある?

BOSO TOKYO NFTは男性だけでなく、女性でも好きになるような要素はあるのでしょうか?僕は男性ですが、性別問わず楽しめるNFTプロジェクトに期待しています

回答:

女性にも聞いたところ、気に入る種類のものもあるという意見がありました。

しかもこれは意外とメカニカルなものだったので驚きました。

もちろん個人差はあると思いますが、こういった部分がいい、このようなデザインが欲しいという意見も取り入れているので、こちらはご期待下さい。

NFTがどのような存在になりたいか

NFTといえば投機のようなイメージがついてしまうほどに、高く売れるかに価値感が集中してしまっているように思います。

所持し続けたいと思えるような、誰にも渡したくないと思えるようなNFTになって頂きたいです。このNFTがホルダーにとって、どんな存在であってほしいですか?

回答:

まずは僕たちのコンセプトである「自由を求める」というエネルギッシュな活力を与えるものになってほしいですね。

あとはコミュニティというものも重視しています。

このNFTを所有する人々のコミュニティが一種のステータスになるような。少なくとも楽しんでもらえるようなものも作っていきたいと思います。

新規層の取り込みについて

プロジェクトの発展には新規層の流入が必要不可欠ですが、どのようにして取り込んでいこうとしているのか?

回答:

おそらく二次流通が開始してからの話だと思いますが、価値を維持するための施策やコミュニティの盛り上がり(入りたいと思うような仕掛け)は大事にしたいです。

  • ブランド価値
  • コミュニティ価値

この2軸を中心に多くの展開を行っていく予定です。

派生のNFTは登場する?

暴走東京には「纏」「信念」など複数のキーワードが散りばめられていますが、今後派生系のNFTの作成は予定されているのでしょうか?

回答:

これは先ほど紹介したコミュニティを使った新しいユーティリティを検討しています。

こちらはあまり詳しくは言えませんが、派生に近しいもの(新たなNFTが生まれるようなもの)を用意しようと計画を詰めている最中です。

NFTのカスタマイズ機能

やはりメカには注目されるとは思いますが、愛車『AI-SHA 』と呼べるようなカスタマイズやチューニングをNFTで施せるようなプランはありますか?

回答:

今回のメインはバイクではないですが、チーム内部でもカスタマイズ機能についての案が出ており、少しずつ検討を行っているところです。

将来的にもしかしたら、というようなことはあるかもしれません。

この辺りはコミュニティの皆さんとの対話も行い、進めていこうと思います。

コラボの予定

どこかとコラボ予定はありますか?

回答:

これは…すみません、現時点で回答は控えさせていただきたいです。。。

この回答で察していただければと思います。(笑)

Bybitとのコラボが決定!

まずはコラボの第一弾として大手取引所のBybitと発表がありました!

このコラボでは、なんと300名に暴走東京のWLが配布されるようになっているので、色々なタスクをこなして抽選に応募しましょう。

なお、タスクをこなすには取引所の登録は必須クラス。

Bybitの口座をお持ちでない方は、下記で登録方法などをまとめているので、こちらも合わせてご参考ください。登録だけであればすぐ終わります。

Exchange – Bybit

バイビット|登録・口座開設のやり方

Bybit公式

販売価格や利用チェーン

チェーン(ETH?)や所持することでどのような恩恵が得られるのかを教えていただきたいです。

また、チェーンが決まっているようであればおおよその販売価格についても知りたいです。

回答:

チェーンはETH(イーサリアム)です。

販売価格と日程については、公表する日時が決定しているので、こちらは今しばらくお待ちいただけるとありがたいです。

ぜひこちらも楽しみにお待ちください。

NFT販売の詳細について

暴走東京のNFTセールの詳細が公開されました。

こちらの内容は下記で詳しくまとめたので購入を検討する方は。事前に必要なものや手順を確認しておいてください。

パブリックで売れ残った場合

セールで売れ残ったNFTがある場合はMintをしません。

しかしこちらは天神さんが作成したものでもあるので、バーンを行うというわけではないので、こちらもご了承いただけるとありがたいです。

リビールについて

リビールはセールを終了し、1週間後の8/7を予定しています。

※セール延期のため、こちらの詳細も後日発表予定

このタイミングで保有するNFTのデザインが公開されるものとなっているので、こちらは楽しみにしておいてください。

もちろん配布されるNFTはランダムなので、この点もご安心ください。

まとめ

まとめ

今回ダプマが行ったAMAをメインに公開情報をまとめました。

かなり多くの情報が出てきたので、このプロジェクトに注目している方にとっては新たな発見のある場になったと思います。

徐々にセールも近くなってきたので、興味のある方は続報にも注目です。

またこのセールの参加方法尾や必要な準備については。下記で内容をまとめているので購入を検討している方はこちらも合わせてご確認下さい。

NFT – BOSO TOKYO

暴走東京|NFTの購入方法と必要な準備

暴走東京 公式

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所を比較
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所
仮想通貨取引所ランキング

記事一覧