ツイート 目次 目次を閉じる
【要注意】メタマスク|地域制限がかけられたときの対処法3つ

【要注意】メタマスク|地域制限がかけられたときの対処法3つ

メタマスクの地域制限がかかった時の対処法です。ウォレットが利用できないことで資産が凍結されるのを防ぐためにも覚えておきましょう。

ウォレットの利用制限は可能

メタマスク ヘルプページ

メタマスクなどのウォレットは地域ごとの利用制限をかけることが可能です。

この理由としては、メタマスクもプロバイダーを通してネットワークを活用するものとなっているので、プロバイダーに制限がかかればその影響を受けるものとなります。

つまりはプロバイダーに依存しているということです。

そのためメタマスクが利用できなくなることで、事実上の資産凍結とならないように、今回はこの制限の対処方法について紹介します。

Wallet – MetaMask

メタマスク|ウォレット作成方法と使い方

Metamask公式

具体的な対策方法

地域制限をかけられた場合の対処法は3つです。

  • 利用するウォレットの変更
  • プロバイダーの変更
  • VPNの活用

だいたいこの3つのどれかで問題は解決するでしょう。

これらがどのようなものなのか、またそのやり方について解説します。

利用するウォレットの変更

ウォレット 種類

1つ目は利用するウォレットごと変えてしまう方法です。

ウォレットを変えるのは、資金の移動やNFTの移動などかなり大変そうと思われるかもしれませんが、実際はインポートを行って表面の内容を変えれば大丈夫!

インポートを行うには秘密鍵が必要です。

インポート方法

この秘密鍵については、メタマスクで表示します。

秘密鍵はウォレットの内容を復元することができるものとなっているので、こちらをその他のウォレットにインポートして活用を行えばOKです。

※この秘密鍵は他人に絶対見せない

また制限がかかったメタマスクでは、秘密鍵を表示できるかどうか不明なので、こちらは事前にメモか何かに控えておくといいと思います。

詳しいインポート方法は下記をご参考に。

MetaMask – Import

メタマスク|インポートのやり方を解説

プロバイダーの変更

プロバイダーの変更

2つ目はメタマスクが利用しているプロバイダーの変更です。

現状メタマスクではInfuraというものをデフォルトで活用しているので、こちらの変更を行えば、引き続き利用が可能となります。

※Wi-Fiの切り替えのようなイメージ

新規RPC URL

変更の手順

  • 新規プロバイダーと契約

  • RPC URLを発行

  • カスタムRPCから設定変更

上記のような手順で変更を行います。

この手順が少し特殊なものとなっているので、こちらは下記のカスタムRPCの記事でプロバイダーの変更方法を解説しているので参考に試してみて下さい

一回覚えてしまえばやり方は簡単です。

MetaMask – CustomRPC

メタマスク|カスタムRPCの設定方法

VPNの活用

VPN説明

最後はVPNの活用です。

基本的にどの地域からアクセスしているのかはIPで判別されているので、VPNを使って制限区域以外からアクセスしているように見せれば解決はするはず。

※VPNを使った違法行為は罰則の対象

VPNは基本的に月額制で色々なサービスがあるので、こちらの利用を検討する方は検索などで自分の用途に合ったものを探してみて下さい。

こちらも1つの方法なので覚えておいて損はないでしょう。

まとめ

まとめ

メタマスクの利用制限がかかった時の対処法でした。

実際に日本で規制がかかるということは考えにくいですが、さまざまなトラブルに備えて知識を高めておくことは非常に重要です。

特にメタマスクについては多額の資産を管理している人もいるでしょう。

そのウォレットがもし利用できなくなると考えるとゾッとするので、こういったリスク対策も覚えておくこともとても大切なことだと思います。

Wallet – MetaMask

メタマスク|ウォレットの作成と使い方

メタマスク公式

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所
仮想通貨取引所ランキング

記事一覧