CoinCheck コインチェック企業情報

CoinCheck(コインチェック)取引所の口座開設から取引・入出金まで幅広く解説。開催中のキャンペーン情報など情報満載!国内でも初心者に人気の仮想通貨取引所です。

  • ご利用ガイド
  • 仮想通貨を取扱う前の注意点

基本情報

CoinCheck コインチェック企業情報

CoinCheck|コインチェック

コインチェックは、国内でもトップクラスの知名度を誇る取引所です。

通常の仮想通貨(暗号資産)のトレードはもちろんのこと、近年流行を見せるNFTマーケットの設立など、国内取引所の中では、どんどん先進的なサービスを提供しています。

また取引所としては、国内で取り扱いの少ない通貨も網羅。

幅広い取り扱いがあり、ビットコインなどは手数料も少ないユーザー間取引が出来る取引所となっているので、使い勝手もよく重宝される取引所となっています。

CoinCheck コインチェック手数料・スプレッド

現物取引

取引手数料
販売所スプレッド約6.1%
取引所スプレッド約0.02%

入金手数料

入金手数料
銀行振込無料
※振込手数料は別途
コンビニ入金770円~1018円
クイック入金770円~1018円
※50万円を超える入金は入金額×0.11%+495円
仮想通貨無料
※別途ネットワーク手数料

出金手数料(日本円)

出金手数料(日本円)
日本円(銀行振込)407円

出金手数料(仮想通貨)

出金手数料(仮想通貨)
BTC0.001 BTC
ETH0.01 ETH
ETC0.01 ETC
LSK0.1 LSK
FCT0.1 FCT
XRP0.15 XRP
XEM0.5 XEM
LTC0.001 LTC
BCH0.001 BCH
MONA0.001 MONA
XLM0.01 XLM
QTUM0.01 QTUM
BAT21.0 BAT
IOST1.0 IOST
ENJ14.0 ENJ
OMG2.2 OMG

CoinCheck コインチェックメリット

初心者も安心の使い勝手

コインチェックの使い勝手は、国内トップと言っても過言ではないです。

誰でも迷うことなく取引が出来るような設計や、自分の資産状況・保有割合の確認なども見やすく表示されるので、初心者の方にもおすすめです。

もちろんPC版だけでなく、アプリの使い勝手も抜群。

トレードだけでなく、チャートの確認や入出金・仮想通貨の受け取りや送金も簡単に出来るようになっているので、ぜひこちらも利用してみて下さい。

アプリでサクサク注文が可能

アプリを利用すれば、いつでもどこでも取引が可能です。

ワンタップで購入・売却画面まで遷移できたり、総資産の確認も感覚的に操作できるようになっているので、色々な注文も手軽に行えるようになっています。

ただアプリは販売所メインの扱いなので、そこだけ注意。

少額のみ取引を行う場合は、こちらもそこまで気にならず、即時でビットコインなどの仮想通貨が売買できるので状況に合わせて活用しましょう。

Coincheck NFTなど新規サービスも注目

また今仮想通貨業界で話題のNFTに関連するサービスもいち早く行っています。

国内外のブロックチェーンゲームプロジェクトのアセット(NFT)を売買できるようになっており、場合によっては限定品の販売もあるので注目しておきましょう。

このNFTマーケットは、PCのみでのリリース中です。

数多くのゲームアイテムが陳列されているので、興味がある方はこちらもチェックしてみて下さい。非常に面白いものが並んでいます。

取り扱い通貨数も国内トップクラス

コインチェックで取り扱われる通貨数は16種。

その他の取引所では扱っていないものも多く、さらにはまだ通貨自体はリストしていないものの提携は行っているプロジェクトもあるので、今後も増えていきそうです。

特に最近では、NFT関連の通貨の上場も目立ちます。

近年急速に市場を拡大しているNFT分野なので、今後上場が行われる通貨についても将来性など期待できるものになっているでしょう。

こういった通貨もいち早くリストする傾向があるので、非常にオススメです。

セキュリティも大幅強化

2018年より運営体制も変わり、セキュリティも大幅に強化されています。

二段階認証(SMSやアプリ)を始めとし、顧客の資産は運営資金と別管理で完全に保管されているので、安全性も非常に高いです。

金融庁の監査のもと、厳密なチェックもあるのでセキュリティは強固と言えます。

もちろん何かしらの操作をするためには、本人確認も行っておかないと実行ができないようになっているので、不正な操作はしにくい環境が整っています。

CoinCheck コインチェックデメリット

販売所のスプレッドが大きい

1つ目のデメリットとしては、販売所のスプレッドが大きいこと。

BTCは平均して約6%ほどの開きがあるので、余計な手数料がかかってしまいがち。トレードを行う場合は取引所を選択するといいでしょう。

もちろんコインチェックでは、取引所の利用も可能です。

売買が簡単にできるからと販売所を利用しがちですが、より詳細な使い方を覚えることで余計な費用も使わずに仮想通貨の取引が出来るようになります。

この点だけ注意しておけば、非常に快適に取引が可能です。

キャンペーン期間が短い

コインチェックでは、定期的に色々なキャンペーンが行われています。

ただその内容によってはちょっと期間が短いものもあるので、これらのキャンペーンを見つけたら早め早めに参加をしておくといいでしょう。

逆に言えば、定期的に多くのキャンペーンが切り替わっています。

それだけ色々なプレゼントを獲得できるチャンスがあるので、ツイッターなどの発信情報は、見落とさないようにチェックしておいてください。

レバレッジ取引ができない

コインチェックでは、レバレッジ取引が出来ません。

ただ国内でレバレッジ取引を行おうとしても、規制で最大2倍までの制限があるので、こちらはさほど問題ではないかも。

レバレッジを行うのであれば海外の取引所の活用をおすすめします。

人気レバレッジ取引所

CoinCheck コインチェック当メディア評価

CoinCheck コインチェックユーザー評判・口コミ

ユーザー評判・口コミ

  • @yuruzeim_

    永江理憲@税務調査専門の税理士。年200件対応

    仮想通貨の最高税率55%や雑所得扱いで損失は繰越できない等、理不尽すぎる今の税金のルールをみんなでかえましょう!

    今の税制じゃ、仮想通貨の活用でも国際社会でまた遅れをとるだけ。国は税金潤うかもしれないが、長期的に誰も得をしない。

    コインチェックはいろんな意味で優秀だと思う。ナイス企画

    午後0:20 · 2021年6月7日·Twitter Web App

  • @GANBL7

    ギャン@投資家ギャンブル銀行員

    今日のコツコツ🤩🤩
    相変わらずビットコインですが、実はGMOだけではなくコインチェックでも毎月1万円を毎日積立してます🤩🤩

    コインチェックは自動なので日々の操作はなにもしてません🤩🤩
    去年の春から始めて、その時は50万円台だった...🥺
    数年後楽しみ🤩🤩

    午後7:25 · 2021年6月12日·Twitter for iPhone

  • @klortu868o

    zaq

    bitbankとかTaoTao触ると思うけどUI/UXだけはコインチェックすごい使いやすいなーって思う

    午後10:04 · 2021年4月24日·Twitter for iPhone

  • @shinchanbl0g

    しんちゃん曲げた上腕二頭筋自重トレーニー

    俺はbitbankとコインチェック使ってるよ😌

    使いやすいのはコインチェックかな

    午後3:16 · 2021年4月16日·Twitter for android

  • @chi_hamachan

    ちぃはま

    NFTの取扱いが遂に来ましたね!

    これから楽しみな事業😃

    午後3:57 · 2021年6月10日·Twitter for android

利用ガイド

CoinCheck コインチェック口座開設の流れ

パソコンの登録手順

  • 登録画面

    まずはメールアドレスとパスワードの登録です。

    公式サイトにアクセスを行い、会員登録のボタンがあるので、こちらをクリックすることで、入力欄が出るので、こちらに2つの情報を入力しましょう。

    その後、登録下メールアドレス宛にメールが届きます。

  • 認証メール

    次はメールアドレス認証です。

    先ほど登録したアドレス宛にメールが届いているので、この中にあるリンクをクリックすれば、認証は完了するのでURLを押してください。

    URLをクリックした後は、コインチェックの本画面に遷移します。

  • 本人確認画面

    最後は重要項目を読んで本人確認です。

    こちらは遷移した本画面上に、画像のような項目があるので、重要事項の部分を選択し、書類を読んだ後に下部の本人確認書類の提出を行います。

    ※本人確認はかんたん確認のできるスマホがオススメです

  • 個人情報入力画面

    本人確認には以下の情報・書類が必要です。

    • 電話番号
    • 本人確認書類(運転免許証など)

    電話番号は認証コードを受け取る必要があり、本人確認書類は表裏の両面の画像を提出する必要があるので覚えておきましょう。

    あとは個人情報の入力もあるので、こちらも済ませておいてください。

動画:パソコンの登録手順

CoinCheck コインチェック取引所の使い方

CoinCheck コインチェック入出金の手順

入金

  • コンビニ入金 コンビニ入金

    コンビニ入金

    コンビニ入金も簡単な方法です。

    • 入金額を決定
    • 支払いのコンビニを選択
    • 支払い情報を発行
    • コンビニで支払い

    このステップをこなせばOKです。

    支払い情報を発行すると専用のバーコードが表示されるので、こちらを持って指定したコンビニにお金を払いに行きましょう。

  • 銀行振込 銀行振込

    銀行振込

    日本円の入金の項目を選択すれば、JPYの入金を行うことができます。

    銀行振込の場合は、表示されている口座に振り込みを行うだけでOKなので、指定してある口座番号などを間違えないように振込を行いましょう。

    振込先を間違えるとアカウントに口座反映はしないので注意してください。

出金・送金

  • 口座情報 口座情報

    日本円の出金の項目を選択することで、JPYを出金することができます。

    事前に振り込み先を登録する必要があるので、登録を行っていない方は、新しい口座を登録するのボタンを押して必要な情報を記載しておきましょう。

    • 銀行名
    • 支店名
    • 口座種類
    • 口座番号
    • 口座名義(全角カタカナ)

    これらを入力し、登録を行ってください。

    ※登録する口座名義は、本人確認時と同名義の必要があります

  • 振込申請画面 振込申請画面

    振込先の指定が終われば、あとは出金申請のみです。

    こちらは日本円残高がある場合には、最初から記入欄に記載されているので、引き出しを行いたい分の金額を入力して申請を行ってください。

    数営業日で振り込みは完了するので待っておきましょう。

入金・出金のやり方を解説

CoinCheck コインチェックボーナスの受取

コインチェックでは、定期的なキャンペーンを行っています。

期間が短いものもあるので、自分が参加できそうなものは早めに参加を行っておくといいでしょう。なかなかいい金額のものもあるので要チェックです。

詳細は以下にも記載しています。

現在開催中のキャンペーン

CoinCheck コインチェックアプリの使い方

コインチェックで手軽に取引をするならアプリにも注目。

初心者の方でも使いやすい設計となっているので、場所を選ばずにトレードを行いたいという方は、アプリもインストールしてみて下さい。

ただ注意点としては、アプリの取引は販売所となります。

手数料が多くかかってしまうのはもったいないという方は、PCでトレードをした方がお得なので、状況に合わせて使い分けていきましょう。

またアプリを活用する場合には、事前に登録も必要なのでお忘れなく!

トレード

CoinCheck コインチェックツール・チャートの使い方

チャート画面

チャートを使うのであれば、PCのトレードビューを活用しましょう。

アプリなどでもチャートの確認はできるようになっていますが、トレンドラインやその他のインジケーターなどは触れないようになっています。

トレードビューであれば、色々な機能を活用可能。

しっかりとした機能を活用したい方は、ぜひこちらもチェックしてみましょう。

CoinCheck コインチェック現物取引

現物取引画面

現物取引は2種類の方法で行えます。

  • 取引所
  • ユーザー間売買で手数料が安い
  • 販売所
  • コインチェックとの取引で手数料が高い

販売所であれば売買額を入力して注文を出せば、即時で取引が可能ですが手数料が高いので、できるだけ取引所の活用を行いましょう。

取引所は、ホーム項目を選択します。

売買で必要な入力項目は以下。

  • レート(売買時の価格)
  • 注文量or概算

この2点を入力して売りor買いの注文を出せばOKです。

レートは売買を行うタイミングの通貨価格。注文量は通貨建て、概算は円建てで入力できるので、使いやすい方を選択して入力を行って下しさい。

詳しい売買方法は、以下で確認できるようになっています。

現物取引のやり方まとめ

CoinCheck コインチェックレバレッジ取引

CoinCheck コインチェック逆指値

逆指値 注文画面

コインチェックでは逆指値も可能です。

逆指値とは、設定したトリガー価格に達した場合に、あらかじめ注文したものが執行されるもの。例えば、BTCがこの水準まで下がったら暴落が来そうだから売り。

またトリガー価格に達して売る場合は、利益の確保も可能です。

こちらはトレードビューの活用が必要。

注文方法の例としては以下になります。

  • 成行で逆指値を有効にする
  • 注文量を設定
  • 逆指値(トリガー価格)を入力

こちらの設定が完了すれば、あとは売りor買いのボタンを押して注文完了です。

トレードを上手く行うには、重要な設定なので覚えておきましょう。

CoinCheck コインチェック両建て

コインチェックでは両建ては不可です。

現物を保有するかどうかになるので、こちらも覚えておきましょう。

CoinCheck コインチェック追証

コインチェックではレバレッジ取引がありません。

よって追証の概念もないので、こちらも覚えておいてください。

CoinCheck コインチェック取引ツール

トレーディングビュー

コインチェックの取引ツールは、トレーディングビューが採用されています。

このトレーディングビューは、世界中のトレーダー(仮想通貨に関わらず)が利用している人気のツールとなっているので、上手く活用していきましょう。

  • 基本的なトレンドライン
  • 各種インジケーター

これらの活用が可能となっています。

かなりの数のものが活用できるようになっているので、色々と触ってみて下さい。

セキュリティ

CoinCheck コインチェック二段階認証

  • STEP1

    二段階認証の設定

    二段階認証画面 二段階認証画面

    二段階認証の設定は、右メニューの歯車のアイコンを選択します。

    歯車を選択した後は、2段階認証という項目があるので、こちらをクリックし、設定するのボタンを押して、設定を行っていきましょう。

    この時は、外部の二段階認証アプリも必要です。

    こちらはあらかじめ準備をしておいてください。

  • STEP2

    認証メールの確認

    認証メール 認証メール

    まず設定するのボタンを押した後は、メールが届きます。

    このメール内に記載されているリンクをクリックすれば、二段階認証の設定に移行するので、こちらをクリックして続きの設定を行います。

  • STEP3

    コードの読み取り

    コード読み取り画面 コード読み取り画面

    最後は、表示されたQRコードを用意したアプリで読み取ります。

    • アプリでコード読み取り
    • セットアップキーの保存
    • 生年月日の入力
    • アプリに表示されるコードを入力

    この4つを行えば二段階認証の設定は完了です。

    ※表示されるコードは6桁の数字

    細かい二段階認証の設定方法や、アプリの使い方については、下記でも紹介しているので、こちらも合わせてご参考ください。

CoinCheck コインチェックKYC(本人確認)

本人確認書類提出画面

本人確認書類の提出はアプリからがおすすめ。

最短即日で審査は完了するので、アプリで出来る「かんたん本人確認」を利用して、本人確認に必要な書類を提出してください。

こちらはアプリにログインを行って本人確認をスタート。

電話番号の認証が必要になるので、こちらを入力すると6桁のSMSコードが送信されてくるので、こちらを入力して個人情報の入力に移ります。

あとは、個人情報の入力と本人確認書類の提出です。

個人情報は難しいものはないので、そのまま記載。

また本人確認書類は、運転免許証の表裏や自身の顔の撮影も行う必要があるので、動画のように指示に従って書類の提出を行ってください。

KYCも難しいものではないので、こちらもしっかり行っておきましょう。

詳しくは以下で解説を行っています。

本人確認のやり方

CoinCheck コインチェック取引所セキュリティ

CoinCheck コインチェック退会の手順

退会申請フォーム

退会は、コインチェック内の全ての資産を引き出せば可能です。

こちらはPCのメニューにある基本設定の変更を選択し、下部にスクロールすると退会の申請フォームが現れるので、こちらを活用しましょう。

申請後、翌営業日に退会が完了となります。

退会するとログインも不可能になるので、取引の履歴などが必要な方は、ファイルを事前にダウンロードするようにしておいてください。

設定変更ページ

CoinCheck コインチェックよくある質問

ツイート 目次