ツイート

Tales From The Wild|総合エンタメでIP化を狙うプロジェクトの概要

ブロックチェーンゲームに始まり、さまざまなエンタメ分野でIP化を狙うTales From The Wildの概要について解説。ゲームから小説、視聴コンテンツ、AR、メタバースなどさまざま展開を予定しているので注目です。

Tales From The Wildとは?

Tales From The Wild
  • Web3-IPスタジオ
  • 30人を超える作家でストーリーを作成
  • MMORPGをリリース予定
  • ファーストNFTはドロップ済み
  • メタバースにも展開予定
  • UBISOFT支援プログラムに参加

Tales From The Wildは数々のエンタメを届けIPを育てようとしているプロジェクト。

トランスメディアとしてIPが流通していくことを目指しています。予定しているエンタメ要素は、読む、聞く、見る、遊ぶをメインに様々なものを計画中。

特に直近ではMMORPGを展開するものとなっています。

この他にもDecentralandとTheSandboxに土地の開設、小説とオーディオブックの展開などもすでに話が進んでいるようなので、今後の展開にも注目。

色々なことが起こりそうなので、今回はこちらの概要を解説します。

Tales From The Wild

ゲーム:MMORPG

MMORPG

まずTales From The WildではPlay to Earn要素のあるMMORPGを展開予定です。

こちらはブラウザ版のゲームとしてリリースされる予定となっており、プレイヤーは、悪霊、モンスター、強力なボスに立ち向かいます。

このバトルをクリアしていくことで、プレイヤーはキャラの経験値を獲得したり報酬としてゲームで活用できるアイテムをGETすることが可能です。

またこのゲームのアイテムは全てNFTで作成され、ユーザー間の取引も可能に。

さらには後に紹介するGenesis NFTを所有しているユーザーは$APEを獲得するゲーム性も備えているとのことなので、こちらの続報もチェックしておきましょう。

4月頃にクローズドα版をコミュニティ内でリリースしています。

ここでテストを行なっているようです。

ただ動画を見た感じでは、ゲームの完成まではまだまだといった状態で、バトルの仕様を少し確かめることができるようになっているレベルのものと推測されます。

より多くのコンテンツや具体的なゲーム内容は今後発表予定。

その他コンテンツやトランスメディアの要素など、色々な情報が出てくるはずなので、こちらも気になる方は公式の発信をチェックしてみて下さい。

公式ツイッター

その他の展開

またゲーム以外のメディア戦略としては色々なものを想定しています。

今後は読む、聞く、見るという展開も控えており、ゲームである程度のIP認知を得た後、これらの物語や小説、視聴覚プロジェクトを展開する予定です。

ただ現在はこの詳細については未確定の段階。

ゲームストーリーに合わせた小説だったり、映像が作成されることで、よりTales From The Wildの世界感に没入できるようになるかもしれません。

そうなれば複数のコンテンツの接点が密接になり、色々な流入が見込めそう。

ゲームをして小説に興味を持つ。動画を見てゲームをプレイしてみる。このように複数の入り口からユーザーの獲得もできそうなので、後々の展開にも期待です。

FIRST DROP NFT

FIRST DROP NFT
チェーンイーサリアム
発行数2,222体
発行日2022年5月20日
レアリティコモン
レア
シークレット
レジェンダリー

すでにTales From The WildのNFTはファーストセールが完売となっています。

このNFTのユーティリティとしては専用Discordへのアクセスや先ほど紹介したゲーム内での$APEの獲得、定期的なエアドロップなど多くのことを想定。

NFT キャラ

各NFTには属性やレアリティの概念もあり、ゲームプレイにも関わるので注目です。

現在は安いものであればOpenseaで0.015ETH(2022/8/3時点)で購入できるようになっているので、ゲームプレイでAPEを狙う方などは検討するといいでしょう。

以下がNFTと属性の内訳になるので、ご参考に。

レアリティと属性
コモン(1,500体)石×350
水×320
風×300
木×280
火×250
レア(600体)動物×200
氷×200
雷×200
シークレット(113体)全てデス(Death)
レジェンダリー(9体)全属性×各1

販売ページ

メタバース展開

The SandboxがTales From The WildのNFTに出資したと発表がありました。

後に紹介するロードマップにも載っていますが、今後はThe Sandboxへのメタバース展開も行われる予定とのことなので、このコラボも楽しみにしておきましょう。

また運営の構想ではSandBoxだけでなく、Decentralandへの展開も。

どのような形でこれらのメタバースに関わるかわかりませんが、この展開も同プロジェクトが注力する部分だと思うので今後の発信にも注目です。

ロードマップ

  • ステップ1(CREATION)
  • 開発中のストーリーテリングの執筆と録音
  • アートワーク作成
  • Discord Twitterでコミュニティ構築
  • 最初のNFTドロップの準備
  • ステップ2(FIRST PUBLICATIONS)
  • 最初のNFTをドロップ
  • Webゲームの準備
  • 小説とオーディオブックの準備
  • 体験を向上させるための複数のアートワーク
  • オンライン百科事典
  • ステップ3(MOBILE APP + IRL EVENTS)
  • モバイルアプリのリリース
  • P2Eミッションの開始
  • NFTグッズの新しいドロップ
  • フィジカルなグッズを展開
  • イベント 宝探しを開催
  • ステップ4(EXPANSION)
  • DecentralandとTheSandboxに土地を開設
  • Webtoon/コミックに対応
  • フィジカルなグッズを展開
  • イベント 宝探しを開催
  • ステップ5(NFT/AR)
  • ARでのNFTハンティング
  • ARプロジェクトが明らかに
  • LATER(MOTION PICTURE/TV SERIES)
  • テレビ対応
  • 最初の大会を開催
  • 伝説のアイテムを手に入れるイベント

ロードマップはこのようになっています。

このロードマップを見ればエンタメを総合的に展開しようとしていることがわかりますし、まだ発表されていないARコンテンツの実装など将来を見据えた予定も。

多角的な仕掛けも面白そうなので、こちらの進捗も要チェックです。

Tales From The WildというIPを使って様々なエンタメコンテンツを生み出すことで、色々な方面から認知を得ることができる可能性があるので楽しみにしておきましょう。

まとめ

まとめ

Tales From The Wildの紹介でした。

まずはゲームから展開をしていくようですが、小説、漫画、テレビ、メタバース、ARとブロックチェーンと相性の良いエンタメ全てを拡大していくイメージです。

30人の作家もいるとのことなので、ストーリー性にも期待できそう。

またこのゲームはThe Sandboxと提携(同社はNFTも購入)しているだけでなく、Ubisoftの支援プログラムに選出されていることも大きなポイントです。

この支援プログラムに採用されたプロジェクトは次々と成功を収めるものばかり。

こちらの内容も下記でまとめているので、興味のある方は合わせてご確認下さい。

Game – Ubisoft

Ubisoftが支援するブロックチェーンプロジェクト

Tales From The Wild

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所を比較
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所
仮想通貨取引所ランキング

記事一覧