dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > Enjin Wallet|登録の手順と入金・出金方法や使い方を徹底解説
Enjin Wallet|登録の手順と入金・出金方法や使い方を徹底解説

Enjin Wallet|登録の手順と入金・出金方法や使い方を徹底解説

Enjin Walletの登録方法、使い方をまとめています。多様な通貨に対応するだけでなく使い勝手もかなりいいのでオススメです。

Enjin walletとは?

Enjin wallet エンジンウォレット 登録方法 使い方 入金 出金 インポート

Dappsで今話題のEnjinが独自に開発したウォレットです。

Enjin wallet自体ブラウザウォレットではないので、そのままゲームをプレイするということは出来ませんが、Enjinの技術を用いたDappsはアプリで作成されるものが多く、連動していくものと見られます。

またその他のウォレットと違う点としては、対応している通貨が多いという事です。

イメージ動画が公開されたので、簡単に紹介します。かなり気合の入った動画なのでぜひご覧ください。

独自のトークン規格であるERC1155にも対応しており、今後はBTCやLTCも対応する予定です。もちろん既にDappsで使われているERC20やERC721も扱うことが可能です。

Enjinの技術を使ったブロックチェーンゲームは、これからますます注目を浴びる可能性があるため、このウォレットも必需品となってくるでしょう。

登録の手順

Enjin wallet エンジンウォレット 登録方法 使い方 入金 出金 インポート

登録は5分程度で終わります。

まずはアプリのストアからEnjin walletをインストールしましょう。

iOS

android

アプリのインストールが終われば、起動しウォレットの作成に入ります。ウォレットの作成をタップし、規約が書いてあるので同意を行いパスワードを決定します。

このパスワードについては、最低数字が1文字入った8文字以上の設定にしないといけないので覚えておきましょう。

セキュリティとしては指紋認証をかけることも出来るのですが、こちらも出来るだけ複雑なものにしておいたほうが、より安全性が高まります。

検索:パスワード 生成

このようなところでランダムなパスワードも生成できるので、好きなサイトを選んで活用してください。手軽に強固なパスワードが作成できます。

Enjin wallet エンジンウォレット 登録方法 使い方 入金 出金 インポート

パスワードの決定後は、表示する通貨の選択を行います。こちらは後にも自動で追加できるので、好きなものを選んで大丈夫です。

通貨の選択が終わればウォレットは完成なのですが、必ずバックアップをとっておきましょう。これは資産を守るためにも絶対に必要なことです。

画像真ん中の黒矢印で示してあるBACK UPをタップし、パスワードを入力してください。バックアップに必要となる単語が表示されます。

Enjin wallet エンジンウォレット 登録方法 使い方 入金 出金 インポート

表示される英単語は全部で12単語です。これらを全てメモしておきましょう。

全ての単語を控え終えたら、最後に確認のためにテストのようなものが行われます。画像で言えば5番目の単語を入力してください。と言う感じです。

問題はいくつか出ます。全て入力を終えることで、バックアップも完了となります。

入出金方法

まずは基本的な使い方である入出金方法についてです。

  • 入金方法
  • 出金方法

それぞれ分けて説明します。

入金方法

Enjin wallet エンジンウォレット 登録方法 使い方 入金 出金 インポート

入金を行う場合は、まずウォレットの画面より入金したい通貨もしくはトークンをタップします。ERC20トークンの場合は、トークン自体をタップしてもいいですしETHで入金することも可能です。

またタップ後に通貨の画面が出てくるので、上部にある受信ボタンをタップすることで、アドレスやQRコードが表示されます。

アドレスはコピーもできるので、それを送金元のアドレス入力欄に入れてください。

スマホウォレットからの送金であればQRコードを使った方が早い場合もあるので、状況に合わせて使い分けることをオススメします。

入金方法については以上です。

出金方法

Enjin wallet エンジンウォレット 登録方法 使い方 入金 出金 インポート

出金方法は先ほどと同じようにTOPから送金を行いたい通貨を選択し、受信ではなく送金をタップしてください。

出金に必要な情報は以下の通りです。

  • 送金先のアドレス
  • 送金量
  • ガス代の調整(任意)

ガス代の調整については、上部にあるアドバンスモードをオンにすることで、GasやGaslimitを直接入力することも可能です。

つまみで調整が行いにくい場合は、こちらを活用するといいでしょう。これらの入力が終われば次に進み最終確認を行い、問題がなければ送信を行ってOKです。

送金時の注意点としては、ERC20トークンを送金するときなどの手数料は全てETHで支払うことです。ウォレットに前もってETHを入れておくようにしましょう。

出金方法については以上となります。

その他の使い方

入出金以外にもEnjin walletの使い方は色々とあるので、あわせて解説します。

  • …のメニュー
  • Ξのメニュー

これが主になってくるので、それぞれ簡単に解説します。

…のメニュー

Enjin wallet エンジンウォレット 登録方法 使い方 入金 出金 インポート

こちらで出来ることは以下の通りです。

  • バックアップ

登録時にバックアップを取った英単語の再確認ができます。

閲覧にはパスワードが必要です。

  • リネーム

ウォレットの名前を変更できます。

用途に合わせてウォレットを使い分ける場合に活用するといいでしょう。

  • コインリストを追加

表示されるコインを追加・削除することができます。

  • オートアドトークン

所持しているトークンを自動で追加します。

コインリストから追加するよりも手軽に持っているトークンの表示ができるようになります。エアドロップで貰ったものなども忘れず管理することが可能です。

  • マネージウォレット

ウォレットの追加やインポート、また使用するウォレットの切り替えができます。

ウォレットの追加やインポート方法については、後に記載します。

Ξのメニュー

Enjin wallet エンジンウォレット 登録方法 使い方 入金 出金 インポート

こちらは先ほどのメニューといくつか被っているものがありますが、紹介していきます。主に設定関係のものが多くなっています。

  • ウォレット

先ほどのマネージウォレットと同じです。

ウォレット追加やインポート、切り替えを行う事ができます。

  • 通貨

保有しているコインのレート換算を行う通貨を決定します。

日本の方であれば、JPYで大丈夫です。

  • 言語

言語選択です。日本語にも対応しているので選択するといいでしょう。

基本的にはデフォルトで日本語になっています。

  • パスワード

パスワードの変更

ができます。

セキュリティを極限まで高めるのであれば、定期的な変更をオススメします。

  • バックアップ

先ほど紹介したバックアップの確認と同じです。

同じページに飛ぶので、バックアップの確認を行いたいときはどちらを選択してもOKです。

  • ウォレットの解除

ウォレットの解除方法の選択です。

スマホの設定によっては、デフォルトで指紋認証になっている場合もありますが、パスワードに変更することも可能です。

また指紋やパスワードを設定しないことも出来ますが、セキュリティ面を考えるとどちらかは設定しておいた方がいいでしょう。

  • 自動ロック

ウォレットをどれくらい放置したらロックがかかるのかを設定できます。

すぐロックがかかると使いづらいこともあるため1分ほどの設定がオススメです。

  • セキュリティーキーボード

ウォレット内で使用するキーボードの種類を変更できます。

指の動きでパスワードを判断されないためのランダムキーボードなどもあるので、セキュリティを高めたい方は活用するといいでしょう。

ウォレットの追加・インポート

最後にウォレットの追加方法とインポート方法について紹介します。

すでにメタマスクやマイイーサウォレット、トラストなどお使いの方は、Enjin Walletにインポートしておくと便利です。

追加方法

Enjin wallet エンジンウォレット 登録方法 使い方 入金 出金 インポート

ウォレットの追加方法は簡単です。

まずは先ほど紹介したマネージウォレットをタップし、上部にある+ボタンを押して先に進んでください。

後は選択肢が出てくるのでウォレットの作成を押し、表示したい通貨を選択すれば、新しいウォレットを作成することができます。

簡単に作成できるので、色々使い分けを行う場合などにご活用ください。

インポート方法

Enjin wallet エンジンウォレット 登録方法 使い方 入金 出金 インポート

インポートの方法はウォレットによって様々です。

ここではメタマスクのインポート方法について紹介します。

メタマスクをインポートする場合は、メタマスクを作成したときに表示されたバックアップシードが必要になります。

インポート方法については、ウォレットを追加したときのように進み、ウォレットの作成を選択した部分で、ウォレットの移動を選択してください。

どのウォレット(方法)でインポートするかの選択肢が出るので、今回はメタマスクを選択し、バックアップシード(12単語)の入力を行います。

全て入力が終われば、表示するコインを選択(オートアドがオススメ)し、次に進めばインポートは完了です。

Enjin wallet エンジンウォレット 登録方法 使い方 入金 出金 インポート

メタマスクのバックアップシードは、セッティングよりReveal Seed Wordsを選択し、パスワードを入力することで閲覧可能となります。

インポートするときは、このような方法で確認しましょう。

まとめ

まとめ

Enjin Walletの登録方法と使い方についてまとめてきました。

単純にウォレットとしての使い勝手が非常によく、多様な通貨にも対応しているので、とても便利なウォレットと思いました。

Enjinを持っていなくてもこのウォレットを使用してもいいと感じるほど好印象

もちろんEnjinのゲームをするのであれば、このウォレットはマストアイテムです。

特にゲーム内アセットのクロスオーバーの可能性も示唆されているので、Enjinのブロックチェーンゲームを行うのであれば、このウォレットの使用は必須となると思います。

Enjinのゲームについては「Enjin技術を利用した仮想通貨ゲームまとめ」でも紹介しているので、こちらも興味がある方は合わせてご確認下さい。

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players