ツイート

Aptos(APT)とは?|仮想通貨の買い方とおすすめ取引所を解説

Aptos NetworkのネイティブトークンであるAPTの購入方法を解説。ブロックチェーンゲームなどに活用される通貨にもなり、今後需要は高まる可能性があるので、今回紹介する購入方法やおすすめの取引所は覚えておくといいでしょう。

Aptos(APT)とは

Aptos(APT)

APTとはAptos Networkで活用されるネイティブ通貨です。

Aptos Networkは元Facebook(Meta社)が発行を予定していたDiemに関与したメンバーが作成するチェーンとなり、トランザクションの高速処理やガス代の低減が見込まれます。

またその中でAPTは以下のように活用される予定。

  • ガス代の支払い
  • ガバナンスへの参加
  • ステーキングに活用
  • Dapps等での利用
  • ※Dapps=ブロックチェーンゲームなどのサービス

上記のようになっています。

すでにAptos Networkのプロジェクトはバイナンスを含む大手企業から数百億単位の出資も受けており、今後の動向にも注目が集まっている最中。

そのため、APTも今後人気の通貨となりそうなので、今回はこの買い方を解説します。

APTを取り扱う取引所 Bybit公式

購入・買い方の手順

$RONDの購入手順

  • 国内取引所でBTCを購入

  • BTCをBybitに送金

  • BTCをUSDTに交換

  • USDTをAPTに交換

※BybitにはAPT/USDT or USDCペアしかないのでUSDTの入手が前提

APT購入までの手順は上記です。

現状APTは国内取引所には上場しておらず、購入を行うためには海外取引所を活用することになるので覚えておいてください。

またAPT購入におすすめの取引所はBybitです。

BybitではAPTを入手した後も放置ではなく、APTを活用して独自の資産運用ができるようになっているので、こちらもぜひ試したいものとなっています。

もちろんレバレッジ取引も可能なので、より幅広い戦略も練ることが可能です。

Exchange – Bybit

Bybit|登録・口座開設のやり方

Exchange – Bybit

Bybit|資産運用のやり方を解説

Bybit公式

国内取引所でBTCを購入

BTC購入の図

まずは国内取引所でBTCを購入しましょう。

BTCであればどの国内取引所でも入手は可能ですが、安く購入したいという方にはビットフライヤーがおすすめなので使ってみて下さい。

その他の取引所とは違いBTCをユーザー間取引できるので手数料が安く済みます。

Exchange – bitFlyer

bitFlyer|登録・口座開設のやり方

bitFlyer公式

取引画面

BTCの購入も簡単です。

上記がビットフライヤーのBTC購入画面となりますが、シンプルな取引フォームとなっており、初心者の方でも簡単にBTCを買うことができます。

  • 数量(BTC)
  • 購入したいBTCの数量
  • 価格(JPY)
  • 購入時の価格指定

この2点を入力して買うのボタンを押せば注文はOK。

あとは指定した価格でのマッチングが行われることでBTCの購入は完了するので、まずはこのやり方でビットコインの購入を行って下さい。

BTCを購入する

BTCをBybitに送金

送金

次はBybitにBTCを送金します。

送金先のウォレットアドレスを表示させるためには、まずBybitの現物アカウントのBTCの項目から入金を選択する必要があるので、この操作を行いましょう。

操作が完了すれば下記のように受取り用アドレスが表示されます。

入金アドレス

送金先のアドレスは2種類の方法で利用が可能。

  • QRコード
  • スマホで送金する場合に便利
  • ウォレットアドレス(英数字の羅列)
  • コピーをして活用

あとはこのアドレスをビットフライヤーに登録して入金を行います。

※ビットフライヤーでは、アドレスの登録を行ってからその他の取引所に送金を行うようになっているので、こちらは事前に登録しておきましょう

出金申請画面

アドレス登録後は出金の申請です。

この出金申請については、送付先のアドレスを指定し送付量を入力して送付するのボタンを押すことで操作は完了します。

あとはBybitへの着金を待つだけなので、少し時間をおいて確認してみて下さい。

Exchange – Bybit

バイビット|入金・出金のやり方

Exchange – bitFlyer

bitFlyer|出金のやり方を解説

BTCをUSDTに交換

BTC/USDTチャート

BTCが着金した後はUSDTを入手してください。

BybitでAPTをトレードする場合は、このUSDTが必要になってくるので、まずはBTC/USDTのペアでトレードを行ってAPT購入の資金を確保します。

もちろんこのトレードも簡単に行うことが可能。

売りの注文フォーム
  • 売り注文を選択
  • 今回はUSDTの入手なので売りでOK
  • 注文方法を選択
  • 指値・成行のどちらかを選択
  • 売却時の価格と売却量
  • 成行の場合は売却量のみの入力
  • 売り注文の申請
  • ボタンを押すことで申請が可能

取引のやり方は上記の通りに行えばOKです。

注文方法の選択では指値を活用すると価格のマッチングに時間がかかることがあるので成行を活用すれば、すぐにUSDTを入手できるので活用するといいでしょう。

あとは売りのボタンを押せばUSDTを保有することができます。

USDTを入手

USDTをAPTに交換

APT/USDTチャート

最後はAPTの購入を行います。

トレードのやり方は、先ほどと同じとなりますが、今回は購入になるので注文の申請は買いを選択するようにしてください。

注文のイメージは以下です。

注文フォーム
  • 買い注文を選択
  • 今回はAPTの入手なので買いでOK
  • 注文方法を選択
  • 指値・成行のどちらかを選択
  • 購入時の価格と注文量
  • 成行の場合は売却量のみの入力
  • 買い注文の申請
  • ボタンを押すことで申請が可能

難しい指定は一切ありません。

こちらもすぐにAPTの購入を行いたい場合は、成行を活用することですぐに入手できるようになっているので活用を行ってみましょう。

購入後は、そのままホールドでもいいですし、資産運用の選択肢も。

Bybitでは、国内にはないサービスも多く展開しているので、これらも上手く活用しながら自身の資産を増やすことにチャレンジしてみて下さい。

Exchange – Bybit

Bybit|資産運用のやり方を解説

Bybit公式

APTの将来性・価格動向

APT 価格チャート

APTは2023年に入り急激に価格が伸びています。

  • 期待のチェーンのトークン
  • 大手企業などから多額の出資
  • Aptos Networkでの開発者増加

このようなことが要因となっていそう。

ブロックチェーンのネイティブトークンはこれまでも有力なものは、大きく価格を伸ばした過去もありますし、すでにこれだけの知名度があれば活用の増加にも期待。

すでに大手ゲーム会社などもこのAptos Networkを活用してブロックチェーンゲームを開発するなど、着実に利用者も増えそうなので今後にも注目です。

まとめ

まとめ

Aptos(APT)の購入方法を紹介しました。

このAptos Network自体もすでに大きな資金調達や大手企業と提携を行っているので、今後の活用によっては、さらに飛躍する可能性もあるので注目です。

また実用面でも着実に進んでいるので、こちらも楽しみな要素と言えます。

実際にこのAPTは今後多くのDapps(ブロックチェーンサービス)で活用されることが想定さるので、入手したいという方は今回の手順をご参考ください。

Exchange – Bybit

Bybit|登録・口座開設のやり方

Bybit公式

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所を比較
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所
仮想通貨取引所ランキング

記事一覧