dApps Market > other > NFT(NonFungibleToken)とは?トークンの概要と活用例を解説
NFT(NonFungibleToken)とは?トークンの概要と活用例を解説

NFT(NonFungibleToken)とは?トークンの概要と活用例を解説

ノンファンジブルトークンの意味について解説しています。また具体的に活用例も紹介しているので、ぜひご覧ください。

ノンファンジブルトークンとは?

ノンファンジブルトークン NFT NonFungibleToken 活用例

ノンファンジブルトークン(NFT)とは、代替性のないトークンのこと。

特に今では、ブロックチェーンゲームでのゲームアイテムやクリプトアート、さらには証明書のような活用など多岐に活用が行われています。

ただ代替性がないと言ってもピンときませんよね?

ちょっと例を挙げると次イメージです。

代替性・非代替性

ノンファンジブルトークン NFT NonFungibleToken 活用例

例えば1BTCは、どれでも1BTCです。

仮にあなたが取引所に1BTCを持っていたとして、それが不慮の事故で一旦0BTC、つまりなくなってしまったとします。

しかし幸いにも、この1BTCは取引所が補填を行い残高は1BTCに。

ただ新たに貰ったBTCって、最初に保有していたものと違いますよね?しかし違うものだとしても、価値は変わらないので、誰も文句はないでしょう。

これはFT(ファンジブルトークン)と言われるものです。FTの認識としては、代替性があるので、違うものであっても価値は同じと考えるといいでしょう。

普段使っている1万円札なども近いイメージになります。

ノンファンジブルトークン NFT NonFungibleToken 活用例

しかしNFTは、その逆。

例えば上記は、ブロックチェーンゲームのゲームキャラなのですが、こちらは、レベルやステータスの概念があり、それぞれが固有のものとなっています。

特に上記のレベルはMAX。

これが不慮の事故でなくなってしまったとして、新たなものを貰えるとしても、レベルが1から。(また上記の場合はステータスの伸びもそれぞれで異なる)

そうなると同じものではないので、納得はできませんよね。

これはあくまで一部の例にはなりますが、このNFTにはそれぞれの個性や歴史も刻まれている(大会優勝など)ので、替えの効かないものとなっています。

この代替性のないトークンがNFTと言われるものです。

ノンファンジブルトークン NFT NonFungibleToken 活用例

そのため、NFTは同じものでも価値が変わってきます。

レベルの違いや好みのステータスの伸び方などもあるので、人によっても価値の違いが出てき、販売価格にも影響が出ているのでしょう。

もちろん物によっては、IDの違いだけというものもあります。

ただ発行IDが1番などは、やはり人気となりやすいので、この辺りも見てみると面白いかもしれませんね。(実際の取引価格に影響することも…)

Opensea公式

NFTの活用事例

では実際に、このNFTはどのようなものに活用されているのでしょう。

NFTと言っても一口には語れないので、主要なものをピックアップします。

  • ゲームのアイテム
  • クリプトアート
  • 何かしらの証明書

では、それぞれについて簡単に説明します。

ゲームのアイテム

ノンファンジブルトークン NFT NonFungibleToken 活用例

まず1つめは、ゲームアイテムとしての活用です。

NFTをまず最初に認知させたのは、ブロックチェーンゲーム。

このゲーム内のキャラや武器など、あらゆるものがNFTとなっています。ゲーム内で活用したり、獲得したものを売却することも可能です。

また最近では、ゲーム内の土地もNFTにし、そこでイベントを行うなどして、収益を上げ、保有者に還元が行われるといった使い方もされています。

クリプトアート

ノンファンジブルトークン NFT NonFungibleToken 活用例

2つめはアートです。

要するにオリジナルの絵画をデジタル化(NFT化)しているもの。

こちらは2020年後半あたりから注目され始め、現在では高値で取引されるアートも多く、徐々に取引量も活発になってきている印象。

日本では、アニメの原画をNFTにするプロジェクトもあります。

世界的にも日本のアニメは人気なので、今後のプロジェクトの方向性として、世界での販売も視野に入れれば、より大きな反響を呼びそうです。

何かしらの証明書

ノンファンジブルトークン NFT NonFungibleToken 活用例

また何かしらの証明書としての活用も視野に入れられています。

例えば、不動産の所有権を紙ではなく、NFTとして保管することもできますし、とあるサービスの会員権としても、活用されることがあります。

すでにこの会員権については、Forbesが実施中。

この例としては、メディア内で表示される広告を非表示にする権利となり、このNFT(会員権)は、ユーザー間でも売買できるようになっています。

このようにNFTには、多様な使い方ができる可能性が秘められています。

今回紹介したもの以外にも、今後は新しいものが出てくると思うので、これらがどのような進化を遂げて活用されていくのかが楽しみですね。

まとめ

まとめ

NFTの概要と活用事例についてまとめました。

最近では色々な活用方法が見いだされ、取引なども活発になってきているので、こちらの動向も今後は追っていくと面白いと思います。

特に海外セレブなどは、このNFTを活用してアートを作成したり、自分の楽曲をリリースしたりなどの事例も出てきているので、今後も注目です。

Check:意外と知られていないNFTの活用事例

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所

記事一覧