dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > NFTの活用事例!意外と知られていないトークンの使い方とは?
NFTの活用事例!意外と知られていないトークンの使い方とは?

NFTの活用事例!意外と知られていないトークンの使い方とは?

今仮想通貨業界でも注目を集めているNFTの活用事例をまとめています。日本での認知と多少違った部分もあるので、ぜひ確認してみてください。

NFTはゲームだけじゃない

NFT 活用事例 ユースケース 仮想通貨

NFTと言えばブロックチェーンゲームのアイテム!

そう思われがちですが、近年では、これらの活用方法以外にも、様々な仕様事例が出てきており、さらに今後の活用幅が広がってくると思われます。

すでに大手のNIKEなども、このNFTを活用。

特に日本国内では、「NFT=ゲームアイテム」という認識が主となっているので、今回はその他の活用事例もあるよーということを知るキッカケになればと。

NFT×DeFiの解釈なども変わってくるはずなので、ぜひご確認ください。

コレクションとしての活用

まず1つ目はデジタルアート(コレクション)としての活用です。

こちらは多くの方がご存じだと思いますが、すでに日本では、「進撃の巨人」や「攻殻機動隊」など有名アニメのデジタルアートが販売されています。

また海外でも映画のポスターのような物も販売されていますね。

これらのNFTには、それぞれIDが付与されているので、唯一無二の自分だけのコレクションとして、保管・売買することが可能となっています。

NFT 活用事例 ユースケース 仮想通貨

また最近ではSKE48のトレカがNFTで販売されるというのも話題となりました。

このNFTにおいては、所有者のみが画像の閲覧が行えるといった特別な制限もかかっているので、こういった使い方も今後は増えてくるのではないでしょうか。

ゲームアイテムにも近いので、こちらはよく目にすることが多くなるでしょう。

証明書としての活用

NFT 活用事例 ユースケース 仮想通貨

証明書としてもNFTの活用は、今後多くの事例を見かけることでしょう。

単に証明書とは言っても、この活用については色々な場面が想定されます。

  • 所有権の証明
  • 流動性提供者の証明
  • 医療系の個人情報

まず所有権というのは、冒頭で上げたNIKEや不動産などが分かりやすいです。

単純にあるものの所有者(オーナー)が、所有権の証明として発行されたNFTを獲得し、自分の物であるということが提示できるようになっています。

NIKEの場合は、デジタルトークンとしてゲームに活用できるようですね。

ちょっとゲームに近い使い方にはなってしまうので、所有権として考えるのであれば、不動産の所有権証明と覚えてもらった方がスムーズそうです。

NFT 活用事例 ユースケース 仮想通貨

また流動性提供者の証明は、今後NFT×DeFiの分野で注目されそう。

簡単に言えば、何かのサービス(例えばNFTマーケット)で、流動性を提供(アイテムの出品)を行うことで、こちらを証明するNFT(LPトークン)を発行。

アイテムが売買されるたび、販売手数料の一部がLPの所有者に還元という形です。

またこれに付随して、質権や使用履歴、売買履歴などもNFT化することも視野に入れたプレジェクトもあるようなので、今後の動向にも注目です。

そう考えるとNFTは、かなり幅広く活用される可能性があり、今後はKYC的なものや、その他のユースケースなどが登場してくると言及されています。

会員権としての活用

NFT 活用事例 ユースケース 仮想通貨

また会員権の代わりとしてNFTを活用する事例も。

こちらはForbesが取り組んでいるものとなりますが、メディア内に表示される「広告の非表示権」をNFTとして販売したものとなっています。

もちろんこの権利はNFTなので二次流通をさせることも可能。

このような会員権をNFTとすることで、これまでハードルが高かったものの入会も権利の二次流通によって、より手軽に利用ができることでしょう。

こちらも非常に面白い取り組みなので、今後の活用拡大に期待です。

ドメインとしての活用

NFT 活用事例 ユースケース 仮想通貨

イーサリアムアドレスを簡略化させるサービスであるENS。

こちらもNFTを活用していると言えるサービスです。

このENSについては、イーサリアムのアドレス「0x525fsg59sfwea6597」のように複雑なものを任意のドメインのような形で取得が可能。(例:dappsmarket.eth)

こうすることで、独自のアドレスを伝えやすくすることが可能です。

すでにこちらは大企業の名前を使ったものが高値で売買されるなどの事例も出てきており、一部からは注目を集めている市場となっています。

NFT 活用事例 ユースケース 仮想通貨

NFTマーケットプレイスであるオープンシーで取引の履歴も確認可能。

見ている感じでは、安定して定期的な取引も発生しているので、まだまだ一定の需要のあるサービスとなってきていることも伺えますね。

今後はこれらから派生する可能性も出てくると思うので注目です。

個人的には、1つ1つのアドレスに応じた価値(使用や取引頻度に応じた)を算出し、DeFiと組み合わせてみるなどすると面白いかな?と感じています。

※RARIエアドロップが近いかもしれませんね!

ステーキングの材料としても?

NFT 活用事例 ユースケース 仮想通貨

またNFTは、ステーキングの材料とすることもできます。

こちらは現状ゲーム内の話にはなりますが、NFTアセットをロックアップすることでゲーム内通貨(ERC20)をステーキングできるという事例も。

日本でも注目を集めるF1デルタが、こちらに該当します。

実際にこのステーキングが始まってからもトークン(F1デルタのREVV)の価値も上がってきていますし、ゲーム内での活用・トークンの売却も活発です。

このような組み合わせも面白い活用なので、ぜひ注目しておきましょう。

Check:F1デルタタイム|ステーキングを1週間試した結果

まとめ

まとめ

NFTの活用事例について紹介を行いました。

まだ日本国内の認知としては、ゲームアセットが主だと思いますが、すでに海外では多くの活用事例が登場しているので、今後の活用幅の増加にも期待です。

NFTを活用することによって、色々な可能性はまだ眠っていそう。

特に最近では、このNFTとDeFiの掛け合わせなども注目されているので、より面白い活用事例が出てくるかもしれませんね。

ぜひこちらも楽しみに、今後のNFTの動向を追ってみるのも面白いでしょう。

Check:DeFiの意味と注目プロジェクトを紹介

記事一覧