ツイート

【時系列】STEPN|B国(BSC)の盛り上がりと崩壊の要因まとめ

この記事はツッキーからdApps Marketへの寄稿記事です。今回は実際に筆者ツッキーがプレイヤーとして稼いでるSTEPNで今何が起こっているのかを解説します。

ツッキーさん寄稿

今回は自身もSTEPNのプレイヤーであるツッキー(@tsucky_pharma)さんが寄稿!

STEPNの最新の動向をわかりやすく時系列に沿ってまとめていただいたので、今STEPNでどのようなことが巻き起こっているかチェックしてみて下さい。

またツッキーさんは自身のブログでもSTEPNを攻略中。

こちらも参考になるものがあると思うので、これからもSTEPNをプレイする方は参考にしてみて下さい。こちらもわかりやすくまとめられています。

ツッキーブログ

STEPNとは

STEPN

STEPNは歩いて稼げるMove to Earnのアプリ。

STEPNのNFTスニーカーを買った状態で歩くと、トークン(GST)が稼げます。

このSTEPNは元々Solanaだけでしたが、4月のアップデートでBSC上のSTEPNができ、新たな市場開拓でSNS上でB国(BSC)とS国(Solana)などの呼び方で盛り上がりを見せていました。

※BSC:バイナンススマートチェーン

ただこのB国が出来上がることで、これまでのSTEPNを取り巻く環境が大きく変化。

稼げる量の増大から始まり、現状では少しプロジェクト離れする動きも起こっているので、今回はこの内容についてまとめていきたいと思います。

BSCのSTEPNが高騰

BSCのSTEPNローンチ後は、B国の羽振りのいい話が聞こえてきます。

簡単に見てみるとB国であればS国の数倍以上の稼ぎが見込めるようになっており、これを機にBSC上のSTEPNを行う方が増加しました。

この要因としては2つがあげられています。

  • GSTの高騰
  • スニーカーの高騰

それぞれの内容を解説していきます。

B国のGSTが高騰

GST比較

まずはB国のGST(歩くことで稼げる報酬)の価格が高騰したことがあげられます。

SolanaとBSCではGST価格が別です。Solanaで稼げるGSTは「sGST」、BSCで稼げるGSTは「bGST」と呼ばれ、価格が違う訳です。

上記を見るとわかりますが、同じGSTでも1枚当たりの価格は約10倍の差。

そうなるともちろん報酬がいいB国に人は殺到します。

この報酬が高いことで参入に必要なスニーカーの価格も高騰しますが、こちらは後に紹介するMintの話なども含め回収率としては悪いものではありませんでした。

スニーカーの高騰

スニーカー価格比較

さらに、BSCのGST価格の高騰に引っ張られB国のスニーカー価格は高騰します。

上記はコモンのジョガーですが、だいたい10倍ほどBSC側の靴の価格が高くなっており「BSCのSTEPN高すぎ・・」と躊躇するユーザーも。

個人的には、ただでさえ初期費用面でハードルが高いSTEPNがより手の出しずらいものに。

ただ、この状況はMINTしたスニーカーを売買して稼ぐのには絶好な状況とも言えます。

スニーカー販売価格

この時のスニーカーのフロア価格はMINT価格を大きく上回っていました。

具体的にはMINT数4同士のスニーカーの場合は、MINT費用が40万円ほどなのに対し、フロア価格は80万円です。なので、MINTするだけで約40万円の利益が発生。

もちろん少し性能がいいものを引けば利益はさらに上乗せです。

歩いて稼ぐというよりも、このスニーカーをどんどんMINTして利益を上げるというのが、このB国での最も効率的な立ち回りとなっていたことがわかります。

そうなるとお金がお金を生むシステムの完成。

もちろんこの時もB国プレイヤーは崩壊のリスクも承知していたと思いますが、運営からもbGSTとsGSTのブリッジはまだ先という報告もあり早く原資が回収できると判断していたのでしょう。

しかしこの後、少しずつSTEPNを取り巻く環境も変化します。

第三、第四の国を検討+嘆願書

まず最初の大きな動きとしてはこの2つ。

  • 運営が第三、第四の国を検討
  • S国民が不満爆発で嘆願書を提出

1つ目については、崩壊の序章になったのかは不明です。

ただB国を作ったことにより、その施策が表面上はうまくいっていたため、対応するチェーンを増やしさらなるユーザーを獲得したいという運営意図はわかります。

ただすでにs国民は激怒中。

その理由としてはB国との報酬格差です。先駆者であり、質の高い靴などを保有しているにも関わらず報酬が悪いということがあげられています。

以下がその内容を示すツイートです。

簡単に整理すると初期ユーザーが後発に稼ぎが負けている。

さらにはS国からB国へ移動するためにSolanaのスニーカーは投げ売りされ始め、マーケットプレイス自体の需要も減り、S国民の心理的にも運営への信頼性がどんどん減。

※これは上記の問題に運営が言及しないため

早くS国とB国のバランスを取ってほしい。

一番簡単な要約をすると「S国の報酬を上げてくれ」という内容ですね。

個人的にはB国の方が当たり前に高いコストを払って参入する必要があるので、回収や報酬に差が出るのはしょうがないと思いますが、初期プレイヤーは我慢が出来なかったのでしょう。

要するにここで多くの方のモチベが下がったというわけですね。

個人的にはエネルギーの共有(エネルギーカウントはB国S国の靴で共有)でS国のスニーカー需要もあったと感じていましたが違ったようです。

ただこの時点では、S国の需給は崩れかけていますがB国には影響のなさそうな内容。そう思った方は正解です。しかしこの直後にB国を巻き込む大きな発表が行われます。

中国でのサービス提供を停止へ

今回STEPN崩壊と言われる要因の一番はこれです。

STEPNが中国の規制に対応するため、中国国内のアカウントを7月15日から停止する(サービス提供を終了する)と発表したことが大きな引き金となりました。

なぜこれが大きな引き金となったというと中国には大口のMint工場があるという噂が。

その中国でサービスが停止となると、この工場は大きな損失を出す可能性が高いので、S国、B国ともにさらなるスニーカーの投げ売りに直結します。

  • STEPNのデスパイラル
  • 工場(クジラ)が大量にスニーカーを売却
  • 損切込みで保有するものを大量に売り出し
  • 靴のFloorも下がる
  • 一般ユーザーも投げ売りが始まる
  • GSTやGMTにも下げの影響
  • リペアやMINTなどに活用されなくなる懸念
  • 報酬減で靴の価格に影響
  • GSTが下がると靴の価格も下げざるを得ない

このような負の連鎖が起こってしまったと推測されます。

そのためB国のスニーカーも一時1.7BNBなどを記録し、好調であったときの価格から約1/20ほどになることとなりました。

そのため現状はこのSTEPNのユーザー離れも加速しているという現状です。

STEPNは完全に崩壊するのか?

正直、今回の件でSTEPNを取り巻く環境は大きく変わったと言えそうです。

しかし、これが完全に崩壊に繋がるかと言えばまだ少々疑問も。その理由としては原資からの回収率でいえば、価格が底に達することである程度安定はするはず。

もちろんタイミング次第で回収が変わると思うので今現状は売り圧が大きくなり、まだこの数値も変化すると思いますが、運営はロードマップに沿って動いてると明言。

ここでどれくらいユーザーを確保しておけるかが勝負と言えそうです。

現状は投機層が撤退に走ったもの。

このタイミングで一回ユーザー層もリセットされることや、新たなイベントやコラボの実装などを行うことで何かしら反応はあると思うので、これらを見ることも大事になるでしょう。

一つの時代を気づいたプロジェクトなので、個人的には運営の立ち回りや今後の展開にも期待はしておきたいと思っています。

まとめ

まとめ

STEPNの直近の動向をまとめました。

かなり盛り上がりを見せていたSTEPNですが、直近の動きでネガティブな動きも出てきているので、こちらは今後どのような対策が取られるのかを見ることも大事になりそうです。

ただ現状はかなり参入はしやすい状態になったことには変わりありません。

そのため、ちょっとでもこの話題のアプリを触ってみたいという方は、少額でこのSTEPNにトライしてみてもいいかもしれませんね。

投機目的ではなく、体験したいという方にはいい環境になったとも言えそうです。

筆者(ツッキー)はSTEPNをプレイしており、この攻略法も自身のブログなどで発信中。日々色々な情報を提供しているので、ぜひこちらも興味のある方はご参考ください。

ツッキーブログ

Sorare基本情報
アプリの始め方始め方とスニーカー選び
効率的な立ち回りプレイ時の重要ポイント
直近の動向について暴落の要因は?
GMT買い方GMTの買い方と取引所
GST買い方GSTの買い方と取引所
暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所を比較
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所
仮想通貨取引所ランキング

記事一覧