dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > 初心者 > metamask > Metamask(メタマスク)トランザクションのキャンセル方法
Metamask(メタマスク)トランザクションのキャンセル方法

Metamask(メタマスク)トランザクションのキャンセル方法

dappsで遊ぶならばmetamaskで知っておくべきトランザクションの利用方法があります。どちらにもまとめられていないのでここでまとめておきます。

プレセールなどに参加する時に沢山のトランザクションが集まって、なかなか通りにくいことがあります。

今回はそんな時にどうすれば良いのか?

そちらのテクニックを紹介させて頂きます。また、バージョンが異なると出来ないことも確認済みですので、バージョンの切り替え方も合わせて説明いたします。

ガス価格を上げる

transaction

通常はトランザクションを送信して、成功になるまで待つことになりますが、混雑時はなかなか成功しません。

それはGas Priceが低いことに原因があります。

そんな時はmetamaskのSent一覧より、再度ガス価格を上げて送信してみて下さい。

見つけ方は簡単です。

transaction

まずはPendingになっている履歴を見つけクリックをすることで、SPEED UPキャンセルと書かれたものが出てきます。

キャンセルを行いたければそのままキャンセルを押してください。ただしこちらの場合も反映に時間がかかるので覚えておきましょう。

またトランザクションの処理を早めたい方はSPEED UPを選択してください。

すると、その時のガス代に合わせてSlow/Average/Fastで再調整を行うことができます。また上部タブでアドバンスモードに切り替えることで、より細かなガス代の調整も行えるようになるので、好みの方法で上書きを行いましょう。

重複トランザクションした場合

もしも、Metamaskの一覧に2つ同じトランザクションが並んでしまった場合は一つをキャンセルしないと2回同じ処理が行われてしまいます。

こちらは先ほど説明したキャンセルを行えば問題ないです。

ブラウザウォレットのトラストとサイファーウォレットでも、トランザクションのキャンセル(上書き)が可能です。

同じようなことが起こったとしても対処方法は簡単なので、合わせておきましょう。

今回のまとめ

まとめ

ICO参加時と異なり、dappsでは沢山のトランザクションを利用することになるため、ちょっとした変更や調整などが必要になることが多いです。

このテクニックを利用してオークションなど時間制のコンテンツや売切れ必至の限定販売などに有利に参加されてみてはいかがでしょうか

ウォレットトラブル集
注文処理(Tx)キャンセル方法
高ガス設定処理されない時の対応
アドレス急に消えた時の対処
TX上書きブラウザウォレット編

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players