dApps Market > other > レディーガガ参加!「GAGA/MARAT」がNFT化しオークション開催へ
レディーガガ参加!「GAGA/MARAT」がNFT化しオークション開催へ

レディーガガ参加!「GAGA/MARAT」がNFT化しオークション開催へ

レディガガの登場するアート「GAGA/MARAT」がNFT化しオークションに出品されることが分かりました。こちらの内容を記載しています。

レディーガガのNFTが販売へ

2013年にビデオポートレートとして発表された「GAGA/MARAT」。

こちらが今回NFT化され“20th Century & Contemporary Art Day Sale”(PHILLIPS)で販売されることが発表されました。

このNFTについては、オークション形式での販売。

正式な入札開始は6/24(日本では6/25)からとなっており、現在はすでに事前入札も行われている状態となっています。(入札価格等は非表示)

コアなファンも多いレディーガガ。

このNFTのオークションがどれだけ盛り上がるかも注目です。

販売ページ

NFTの販売について

販売形式の説明

今回のNFTは、オークション形式でドル建てでの入札となります。(100ドル~)

しかし実際の支払いには、ドルのほかにETHでの決済も可能(ERC721サポートのウォレット保有などが条件)となっているようです。

注意点としては、ETHでの支払いを行う場合の換算方法。

こちらは落札時点のETH/USDではなく、支払いを行うタイミングでの換算を行うようになっているので、こちらは注意しておきましょう。

作品の背景

Death of Marat マラーの死

「GAGA/MARAT」は「Death of Marat」のオマージュ作品。

「Death of Marat.」はフランス革命で主要な役割を果たした過激なジャーナリストが、王族の共感者に浴槽で殺害されたことを示したもの。

1793年に発表されたこの作品は、政治的要素を題材に脚色をすることなく描かれた最初のモダニズム絵画と言われています。

この作品の作者であるロバートウィルソンは有名な舞台演出家兼アーティストで、ニューヨークタイムズ紙ではmonumental(記念碑)とも評されています。

ロバートウィルソンは「Death of Marat」見て真正性を追求していたとも。

そう考えるとNFTの仕組みは真正性とう言葉がマッチしますし、追求のキッカケとなった作品をNFT化してリリースするというのは納得ですね。

非常に思い入れのある作品なので、このNFT化はどれだけ反響を呼ぶか注目です。

過去のコラボ作品

こちらは2013年に2人がコラボを行った作品をまとめたものです。

ルーヴル美術館で行われた「Living Rooms」というウィルソン氏の個展のため作成された作品なので、こちらもぜひチェックしてみてください。

もしかすると、この作品の中から新たなNFTが出てきてもおかしくはありません。

色々な期待もあるので、今回のオークションも非常に楽しみにしておきましょう。

まとめ

まとめ

レディーガガが登場するNFTの話題でした。

多くのファンを抱えるレディーガガなので、このオークションについてもかなりの盛り上がりを見せることが期待されます。

またこれだけの署名人が入ってくると、またNFTの認知度も上がりそう。

色々な意味を含め、このオークションには沢山の楽しみが詰まっていると思うので、興味のある方はこちらの動向も追っていくといいと思います。

Check:NFTアートをリリースした著名人まとめ

販売ページ

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所

記事一覧