dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > 仮想通貨Daiとは?イーサリアム上で利用されるペッグ通貨の特徴
仮想通貨Daiとは?イーサリアム上で利用されるペッグ通貨の特徴

仮想通貨Daiとは?イーサリアム上で利用されるペッグ通貨の特徴

Dappsやイーサリアムプラットフォーム上で利用されるDaiについて紹介しています。テザーとは違った価値の保証など様々な特徴があります。

Daiとは

Dai 仮想通貨 ペッグ通貨 イーサリアム 特徴

法定通貨と1:1の価値を持つように作られた仮想通貨です。

Daiについてはドルと連動するように出来ており、1Dai=1ドルの価値を保ちます。こう聞くとすでにTether(テザー)があるのでは?と思う人もいるかもしれませんが、Daiとテザーには価値を保証する仕組みなど、様々な違いがあります。

ここではそのDaiについて、何となく知っているようで、意外と知られていない部分にフォーカスして紹介していきます。

ERC20で作成されたペッグ通貨

まずテザーはオリジナルの仮想通貨と言うことに対して、DaiはERC20で作成された仮想通貨となっています。

テザーであるとそもそものチェーンが違うので、イーサリアムのプラットフォーム上ではDaiが使用されているという事ですね。

このことにより、Dappsで使用されるプラットフォームでは、テザーではなくDaiが利用されていることがよくあります。

価値の補償

テザーとの大きな違いとしては価値の補償の仕方も上げられます。

DaiはMakerと言う仮想通貨とセットの通貨となっており、その価値が安定するように作られています。具体的な仕組みな以下の通りです。

MakerにはCollat​​eralized Debt Position(CDP)スマートコントラクトと呼ばれる独自の機能があります。これはMakerに担保資産(ETH)を預けることによってDaiを発行する代わりに、その資産にアクセスできなくなるというものです。

簡単に言えば、ETHをMakerのプラットフォーム上に送ることでDaiと交換できるイメージです。もちろん交換なので、DaiをETHに戻すことも出来ますし、Daiを持っている間はETHを交換したものとみなされるので、ETHは使用できません。

ただ詳細なことまで言うと、DaiはETHを担保に発行されるので、実際はETHの資金がロックされるだけで、残高は減らないようになっています。

Daiを元に戻すことで、預けたETHを元に戻し使用することが可能になります。

※これはCDPを使ってDaiを発行する場合のみです。

もしDaiの価格と法定通貨に乖離が出た場合は、Dai自体の生成コストを変動させることで、法定通貨との乖離を無くす動きができるようにもなっています。

テザーは発行元のテザー社しか、その価値の信頼性を証明できませんでしたが、Daiの場合はMakerがスマートコントラクトによって制御されているため、信頼度の高いものとも言われています。

発行はかなり手間

Dai 仮想通貨 ペッグ通貨 イーサリアム 特徴

実際にDaiを手にしようと考えたときには、Makerの仕組みを使ってDaiを発行するとなると、様々作業が必要となり手間です。

またDaiとMakerの仕組み上、預ける資産は発行するDaiの150%以上の価値が必要などの決まり事もあるため、色々と調べたり調整したりする手間がかかります。

そこでオススメのDaiの入手方法は分散型取引所であるBancorを使用することです。

バンコールであれば、Daiも取り扱っていますし、取引所としての扱いもかなり簡単な方なので、初心者の方でも簡単にDaiを入手することができます。

取引所の使い方については、「バンコールの登録方法と使い方」に全て記載してあるので、こちらをご参考ください。

取引所を通してDaiを入手した場合は担保として預けると言うこととは違い、資産がロックされるという仕組みではありませんので覚えておきましょう。

まとめ

まとめ

イーサリアムベースで作られたDaiについて紹介してきました。

深く掘れば担保を入れてDaiを発行する方法など様々なことがありますが、まずはDai自体はイーサリアムベースのペッグ通貨で、テザーとは違い価値の信頼性が高いという風に覚えてもらえればと思います。

発行方法を知らなくても今では簡単にDaiを手に入れる方法もあるので、気軽にDaiを手に入れて活用してみましょう。

先ほども紹介しましたが、現在Daiを手に入れる方法で最も簡単な方法はバンコールからの購入なので、利用したいという方は「バンコールの使い方」を参考にDaiを入手してみてください。

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players