dApps Market > other > RARIとは?Raribleのガバナンストークンの仕組みと使い道を解説
RARIとは?Raribleのガバナンストークンの仕組みと使い道を解説

RARIとは?Raribleのガバナンストークンの仕組みと使い道を解説

Raribleの独自トークンであるRARIの仕組みと用途について紹介しています。プラットフォームでの重要な役割を果たすので、ご確認ください。

NFTの発行・売買には欠かせないプラットフォームRarible。

こちらのガバナンストークンであるRARIについて解説していきます。

単なる儲かるトークンとして見られがちですが、価格がつくには理由があるので、ぜひこの記事を見て仕組みも把握しておきましょう。

ガバナンストークンRARIとは?

Rarible RARI ガバナンストークン
RARI概要
用途ガバナンス参加
作品のピックアップ
総供給量2500万枚
規格ERC-20
コントラクトアドレス0xfca59cd816ab1ead66534d82bc21e7515ce441cf

RARIトークンはRaribleのガバナンストークン。

トークンの保有者はRaribleの今後の方針に関与することが可能です。

トークンの売買を除くと、基本的には保有者をガバナンスに参加させることで、プラットフォームの健全化・運営の民衆化を行わさせるものと思っていてください。

総供給量

RARI ガバナンストークン 供給量

RARIの総供給量2500万枚担っています。内訳は下記になります。

活用の内訳

  • エアドロップ10%
  • 実施済み
  • マーケットプレイスマイニング60%
  • Rarible利用者に配布
  • 予約プール30%
  • 用途は今後決定

供給量の多くがRaribleのマーケットプレイス利用者に配布される設定。

要するにコミュニティに貢献した人へ配布されやすいということなので、入手したい方は、次の獲得方法も参考にしてください。

Check:Raribleの使い方|NFTの発行と売買方法

獲得方法

RARI ガバナンストークン 獲得方法

RARIの獲得は、Raribleマーケットプレイスで売買すること。

配布条件は基本的にこの1つで、毎週日曜日に総額75,000枚が配布されます。

購入者と販売者の両方が分配される金額の50%を等しく受け取る設計です。

なので、販売者が少ない週や購入者が少ない週によって、配布されるRARIの量も変動があると思うので、Raribleで売買すればRARI獲得と覚えておきましょう。

使い道

RARI ガバナンストークン 使い道

では次にRARIトークンの使い道を紹介します。

  • 手数料や新機能などの提案に投票
  • クリエイターのモデレーション
  • 作品のキュレーション

RARIの目玉と言ってもいい使い道が提案に対する投票です。

Raribleの取引手数料や新機能などの提案に対して、投票する権利をRARIを保有することで持てます。

この他にも様々な投票に使えるとのこと。

RARI ガバナンストークン 使い道

さらに特定の期間内に限り、好きな作品を目立たせることができるようなので、アーティストを応援したい購入者にも使い道があります。

Raribleをメインで利用しているアーティスト、コレクターはRARIを持っていることで大きなメリットがあるかもしれません。

詳しくは公式アカウントのnoteにも掲載されていますので、ご確認ください。

また提案はこちらのサイトで行われているようなので、ガバナンスに興味がある方はみて見ることをオススメします。

公式note

ガバナンス提案

売買方法

RARI ガバナンストークン 売買方法 UniSwap

もちろんRARIは売却してETHなどに変えることも可能です。

UniSwapで取引が出来るようになっているので、「RARIが配布されたけど…」「ガバナンスにはあまり興味ないな…」という方は売却するという選択肢も良いでしょう。

逆に毎週配布されるRARIより多く保有したいなという方はUniSwapを使って、保有数を増やすことも可能です。

必要に応じてUniSwapで売買をしてみてください。

Check:ユニスワップ|安全なトレードを行うの方法

UniSwap公式

取引にはETHが必要

UniSwapでRARIを獲得するにはETH(ガス代)が必要なので、取引所でまずETHを購入してから、UniSwapでETHとRARIを交換してください。

ETHを購入するためのオススメ取引所

国内企業とも提携

国内では初めて、MCH+とRaribleがパートナーシップを結びました。

パートナーシップを結んだことにより、MCH+のサポートタイトルがRaribleで売買されるようになりました。

こちらも海外に向けた発信にもなるのでいい動きですね。

この提携でMCH+のアセットの流動性が今後高まっていく可能性も考えられます。

さらに今までのMCH+のユーザーたちへRARIトークンのエアドロップもあったことから、大いに盛り上がりました。

多いユーザーだと数百万円分のRARIトークンをゲットしたようです。

もしかすると今後もこのようなサプライズがあるかもしれないので、こちらはツイッターなどの情報を定期的にチェックしておくといいでしょう。

Raribleツイッター

まとめ

まとめ

RaribleのガバナンストークンRARIの解説でした。

RARIを保有して、投票権として使っていくのもよし!好きなアートのキュレーションをしてもよし!売却してETHに変えるもよし!

様々な使い方があるので、保有した場合は使い道を検討してみてください。

NFTプラットフォーム戦国時代の今、ガバナンストークンは重要な役割を果たすアイテムになると思うので、理解を深めていって市場を観察していくと面白いです。

ぜひRaribleだけではなく、他のプラットフォームもご覧になってください。

Check:今熱い!NFTマーケットプレイスまとめ

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所

記事一覧