ツイート 目次 目次を閉じる
【miinのNFT辞典】RTFKT(アーティファクト)の歴史とブランド化戦略

【miinのNFT辞典】RTFKT(アーティファクト)の歴史とブランド化戦略

村上隆とのコラボも発表され、話題のNFT・RTFKT。今回はRTFKTStudiosによるブランド戦略について解説します。

  • ご利用ガイド
  • 仮想通貨を取扱う前の注意点

NFT情報コレクターのmiin(@NftPinuts)です。

前回の「COOL CATSからみるNFTとマーケティングについて」では、多くの反響をいただきありがとうございます。今回は「RTFKT」です。

RTFKT公式サイト

RTFKT(アーティファクト)とは?

RTFKT アバター

バーチャルスニーカーの制作からはじまったデザイン集団。

2020年1月に3人の若者が立ち上げました。

彼らがつくろうとしたものは「ファッションブランド」

デジタルアイテムをNFTとして販売するだけではなく、フィジカルのスニーカーやスナップチャットのARフィルターで履くことができる機能など、実験的な試みをつづけてきました。

彼らのキーワードとしては以下が象徴されるもの。

「Supremeのデジタル版を目指す」

「将来のミッキーマウスになりたい」

この発言を実現すべく、NFT販売で数億円の売上や、村上隆とのコラボで世界的注目を集めるまでになりました。ではこの歴史から深く見ていこうと思います。

歴史

歴史
2020/013人のコアメンバーにより結成
2021/0218歳のアーティストFewocious とのコラボスニーカーをNFTで販売
608個 ×0.5ETHが7分で完売。 当時で約3.5億円の売上に。
2021/02中国のマーケットプレイスで純金のバーチャルスニーカーを販売
2021/03トヨタ「LEXUS」キャンペーン用のデジタルスニーカーを作成
2021/03ゲームメーカー「ATARI」とコラボしたデジタルスニーカーのNFTを販売
2021/036人のアーティストとコラボし「amoung us」のスキンをモチーフにしたデジタルトイを販売
2021/04アーティスト Zaid Kirdseyとコラボしたバーチャルジャケット
2021/05ファッションデザイナーJeff Stapleとコラボ
フィジカル+NFTのスニーカーを販売
2021/05クリプトパンクスの所有者だけが購入できるスニーカーNFTを販売
2021/078人のアーティストによる「デジタルホバーボード」NFTを販売
2021/07メタバース・Decentralandで着用できるウェアラブルNFTを所有者にエアドロップ
2021/08ゲーム「Apex Legends」とコラボ。キャラクターをモチーフにしたフィジカルのスニーカーを限定販売
2021/08アバタープロジェクト「CLONEX(旧名称:AKIRA)」を発表
2021/08「CLONEX」パーカーをエアドロップ
2021/10tiktokとコラボしたスニカーをNFT販売
2021/10CLONEX × 村上隆とのコラボを発表

メンバー結成時の紹介

メンバー結成時の紹介

Fewociousとのコラボスニーカー

純金のバーチャルスニーカー

ATARIコラボスニーカー

ATARIコラボスニーカー

amoung usモチーフのデジタルトイ

Zaid Kirdseyコラボジャケット

Jeff Stapleとのコラボ作品

Jeff Stapleとのコラボ作品

CryptoPunksスニーカー

CryptoPunksスニーカー

デジタルホバーボードNFT

Apex Legendsコラボ

Apex Legendsコラボ

CLONEX・村上隆コラボ

CLONEX・村上隆コラボ

特徴1:ゲームツールで作成

彼らはCGツールではなく、Unreal Engineなどゲーム制作のツールでグラフィックを作成することもあります。

「ポリゴンを気にすることなく、ビジュアルやデザインに専念できる」そうです。

特徴2:NFTの所有履歴も重要視

なぜNFTをつかうのか?という問いに対して「仮想世界全体での所有を追跡するのに役立つテクノロジーだから」と回答しています。

クリエーターチャレンジ

また彼らの面白い試みとしては、数多くのクリエイターとコラボすること。

自分たちだけつくるのではなく、多くのクリエイターとのコラボレーションや協業を実施。グループには数百人のアーティストが参加しているようです。

また、discordを中心としたコミュティではオープンな募集もおこなわれています。

チャレンジの一例

「プロモーション動画の作成」「オリジナルのおもちゃをデザイン」など

実際に選ばれたクリエイターの作品は販売されることもありました。指名と公募の両軸で優秀なクリエイターを取り込んでいくことで成長を続けています。

Clone X(旧称Akira)

Clone X公式サイト TOPページ

SNSでのプロフ画像を用途としたプロジェクトが多い中、彼らは別の目線を持っています。

「3Dアバターを介してメタバースで自分自身を表現できるようにする」スニーカー、ウェアとアイテムをつくってきたRTFKTによる、メタバースファッションの核となるアバタープロジェクト。

CloneXにはメタバースできる3Dファイルが付属しており、これまでのRTFKTがリリースしてきたデジタルスニーカなどを装着してカスタマイズと可能。

アバターのデザインには、日本のアニメにも影響を受けているそうです。

さらにCloneXの中には、村上隆さんとのコラボ作品も。

村上隆さんはinstagramで

「革新的でモチベーションの高いチームと一緒に仕事ができることはとても嬉しいこと。このコラボレーションを皆さんに楽しんでいただき、NFTの新たな魅力を発見していただければ幸いです。」

とのコメントを残しています。

販売情報

プライベートセール情報
販売数11,133
価格0.05ETH
販売日程11/27
パブリックセール情報
販売数8,367
価格未定
販売日程11/29

最近よく耳にするようになった「メタバース」

設立当初からメタバースでのファッションブランドを意識してきたRTFKTにとっては、絶好のタイミングでのCloneXリリースになったのかもしれません。

NFTを表現のツールとて使用し、まだ確立されていないブランドポジションを目指すRTFKT。

大手VCからの資金調達もあり、このジャンルのを牽引する存在となりました。既存のブランドからではなく、デジタル発のファッション。

今後の展開にも注目していきたいです。

また今回紹介した以外のRTFKTの概要や実績については、以下の記事でも紹介を行っているので合わせてチェックしてみて下さい。

Check:RTFKT Studio|メタバース対応のプロジェクト概要

RTFKT公式サイト

CloneX公式サイト

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所

記事一覧