ツイート 目次 目次を閉じる
【インタビュー】Kollektion|独自のNFT戦略と今後の展開について

【インタビュー】Kollektion|独自のNFT戦略と今後の展開について

大型の資金調達を行ったNFTプラットフォームのKollektionにインタビュー。今後の展開や独自の戦略も注目の内容となっています。

Kollektionにインタビュー

Kollektion ロゴ

Animoca BrandsやDapperLabsから資金調達を行ったKollektionにインタビュー。

まだこのNFTマーケット(プラットフォーム)の概要はあまり知られていないと思うので、今回は基本的な概要から今後の展開について詳しく聞いてきました。

内容を知ると、このプラットフォームも今後かなり話題となりそう。

運営メンバーも非常に強力な人材がそろっているので、ぜひこちらのインタビューもチェックして、今後の展開などに注目してみて下さい。

Kollektion

どのようなNFTプラットフォーム?

Kollektion

Q:まずプラットフォームの概要を教えて下さい。

回答:

「Kollektion」(読み方:コレクション) は、ミュージシャンやアーティストの舞台裏をテーマとしたNFTをリリースし、ファンとの結びつきを豊かにするプラットフォームです。

アーティストは自身の作品の制作過程や独占映像をファンに共有。

またその一部をNFT化することで、ファンはこれらのアイテムを所有することができ、将来的には二次流通で販売することも可能となります。

同プラットフォームは今回資金調達を行ったDapperLabsが開発するFlowブロックチェーンを採用しており、快適にNFTの取引ができるように作成されています。

取り扱うNFTのジャンルは?

掲載NFT

Q:コレクションで扱う予定のアイテムジャンルはどのようなものですか?

回答:

コレクションでは主に3つのジャンルに焦点を当てています。

  • 音楽
  • 漫画
  • アート

既に音楽や漫画のNFTはリリースしており、今後はアート領域のNFTも取り扱う予定です。

音楽ではK-POPアーティストKevin Wooや、全米でも活躍する日本人ロックミュージシャンMIYAVIの新アルバムに合わせたNFTアイテム、MONDO GROSSOで知られる世界的ミュージシャンの大沢伸一のNFTオーディオステムプレーヤー等を販売しています。

漫画では、ヤングマガジンと連携し、新連載漫画「code:ノストラ」のページNFTを週刊誌と同時並行して販売しています。

NFT市場参入の経緯は?

Kollektion イメージ

Q:どのような経緯でNFTへの参入を試みようと思ったのでしょうか?

回答:

代表の岩瀬は「金融 × テクノロジー」に興味関心を持っていました。

また大学時代からジャズ研究会でピアノを弾いていたり、歌舞伎や文楽の劇場に通ったりと、音楽などに対しての興味関心を高く持っていたことが始まりです。

「金融」「テクノロジー」「アート」の3つが交差するNFTに対して、まさに自身の興味と強みが重なる場所として挑戦したいと考え、音楽プロデューサーであるジェフ・ミヤハラ、そして「Crypto Kitties」のリードエンジニアを務めたファビアーノ・ソリアーニとともにKLKTNを創業しました。

ブロックチェーン・NFT技術で目指すこと

Q:このブロックチェーン・NFT技術を用いてどのようなことを目指しているのでしょうか?

回答:

今まで一方的だったファンとクリエイターの結びつきを深める新たな体験を創り出すことを目指します。

またそれによりファンの楽しみを増やし、クリエイターがより創作活動に楽しめる環境を作ることを目指して行きたいと思います。

Kollektionの強みは?

共同経営陣

Q:色々なNFTマーケットプレイスがありますが、Kollektion独自の強みとはどのようなところですか?

回答:

やはり共同創業者のノウハウは、大きな強みだと思っています。

  • 岩瀬大輔
  • ライフネット生命保険の共同創始者
  • ジェフ・ミヤハラ
  • 少女時代、安室奈美恵、ONE OK ROCKなどに楽曲提供を行うプロデューサー
  • ファビアーノ・ソリアーニ
  • DapperLabsの創業メンバーであり「Crypto Kitties」のリードエンジニアを経験

「金融」「テクノロジー」「アート」の3つが交差するところにあるNFTは、まさに3人それぞれが得意とする領域を最大化できる場所であると考えています。

また日本のNFT関連企業と比較すると、よりグローバルな繋がりは今後のKollektionの大きな武器として機能すると考えています。

豪華クリエイターについて

参加クリエイター

Q:著名なアーティストや有名作家のアイテムがリストされていますが、これらの豪華メンバーはどのように集められたのでしょうか?

回答:

まず音楽分野はJeff Miyaharaより交友のあるアーティストにお声がけさせていただきました。

KLKTNの想いや目指す未来を伝えることで、これらのビジョンに共感いただき、色々な方の参加が実現できたと感じています。

漫画に関しては日本を代表するコンテンツであるマンガでファンとの新たな繋がりを作り、創作活動を応援したいと思いKLKTNから知人を介して講談社さんに声をかけました。

「創作活動及び新連載漫画を応援する」という点に共感いただき実現に至りました。

これまでの実績は?

漫画NFT

Q:すでに販売されているNFTについては、完売が続いていますが、販売における今までの実績について教えて下さい。

回答:

こちらは非公開情報が多いのですが、一部例を挙げると以下になります。

  • 初回の漫画NFT販売(全51ページ・各5部)は12時間で完売

中には30ページまとめて「大人買い」した人もいます。

また割合としては国内が約80%となっていますが、香港をはじめ、諸外国からの購入も見てとれるので、Kollektionの目指すグローバル戦略に手ごたえも感じるものとなりました。

今回の資金調達について

Q:今回の資金調達(元SB副社長 佐藤氏やAnimoca・DapperLabsなど)の経緯を教えて下さい。またこの資金調達で集められた資金はどのような部分に利用される予定でしょうか。

回答:

事業成長を目指して資金調達を行いました。

主に事業成長を目指した技術面の強化が目的です。

  • テクノロジーチームの強化
  • プラットフォーム開発の加速化

この2点がメインとなっています。

開発の加速化についてお話しすると二次流通機能やオークション機能の実装などを予定しており、ユーザーの「Kollektion」上での体験を、より良いものにして参ります。

また今後は音楽や漫画分野だけでなく、その他アートなどの領域も模索していく予定です。

VIV3との連携は主にどのような形で行う?

VIV3 イメージ

Q:FlowのNFTマーケットであるVIV3と連携を行うとの情報を見ましたが、具体的にはどのような連携を行っていく予定でしょうか。

回答:

KollektionのアイテムをVIV3でも取引できるようにしたいと考えています。

VIV3をご覧いただくとわかるのですが、多くのFlowサービスが連携されているので、同様の形でKollektionも対応する予定です。

こうすることでKollektionが提携するアーティストの方々の作品が、より多くの人々から注目されることを第一の目的としています。

今後の対応チェーンについて

Flow

Q:今後はFlowブロックチェーン以外の対応も検討しているのでしょうか?

回答:

まずチェーンについては将来的にFlow以外も検討する可能性はありますが、現時点では既存のサービスの充実度を上げることに注力をするため、早急な計画はありません。

ただ他チェーンとの互換性があると魅力的なので、柔軟に対応したいと考えています。

また決済面については、すでにクレジットカードやPaypalにも対応しているので、ユーザーの方には、通常のネット決済と変わりなくNFTを購入できる仕組みを用意しています。

コミュニティイベントについて

Discord

Q:コミュニティイベントも開催予定とのことですが、こちらはどのようなものを予定していますか?

回答:

Discordなどを活用しファンとアーティストの繋がりを変えていきます。

ファンとアーティストがオンラインで交流するイベントなど、すでに実施しています。

Month of MIYAVIを例に挙げますと、ファンは従来の一方的な音楽活動だけではなく、ファン同士で新アルバムの視聴会を行ったり、MIYAVIに関するクイズを出したりすることを通して楽しんでいただました。

その他には、Kodex(NFT版ライナーノーツ、昔の歌詞カードのデジタル版)の好きなところ、各楽曲の好きなところを共有しあうイベントなども開催しております。

また今後はKollektion内でNFTを所有している人同志でランキングをつけるなど、購入が楽しくなるような仕掛けを作っていきたいと考えています。

また、漫画のNFTでは、購入したページにコメントを残せる機能を実装しております。 

今後も、よりNFTの蒐集自体を楽しんでいただくため、ユーザーに対して、「特定の課題」を提示し、それをクリアしていくことでボーナス…といった形のKollektionチャレンジなどの取り組みも予定しています。

今後の提携について

提携

Q:今後もその他のプロジェクトやアーティストとの提携は増えていく予定ですか?

回答:

すでに別アーティストの方とも動き出しているプロジェクトもあり、リリースが整い次第改めてご連絡させていただきます。

また音楽と漫画以外にも、今後はアートの領域も模索していく予定です。

最後にサプライズを!

シークレット イメージ

Q:最後に初公開情報などあればサプライズでお願いします!

回答:

ヤングマガジンと連携して行っているマンガNFT関連の初公開情報です。

『code:ノストラ』の創作活動を応援している方(マンガNFTを「所有」されている方)を対象に、『code:ノストラ』の単行本第1巻初版に名前が掲載される予定です。

新連載ページNFTを週刊誌と同時進行で発売すること自体、世界初なのですが、さらに応援している方々の名前を単行本に掲載するというのも世界初です。(当社調べ) 

掲載基準ですが、こちらは後日MangaKollektionページにて掲載されます。

まとめ

まとめ

Kollektionへのインタビュー内容でした。

まだあまり表に出ていないイメージがありますが、今後の展開では大きく知名度を獲得する可能性も大きいので、こちらのプラットフォームもチェックしておくと面白いと思います。

すでに提携するアーティストや運営陣も非常に豪華メンバー。

メインテーマである「ファンとアーティストの繋がり」を前面に押し出すことができれば、新たなコミュニティも形成できるはずなので、今後の動向も注目です。

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所を比較
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所
仮想通貨取引所ランキング

記事一覧