dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > go wallet > GO! WALLET|登録方法・入出金・Dappsブラウザの使い方を解説
GO! WALLET|登録方法・入出金・Dappsブラウザの使い方を解説

GO! WALLET|登録方法・入出金・Dappsブラウザの使い方を解説

日本発のDappsブラウザウォレットであるGO WALLET(ゴーウォレット)の登録方法から使い方までをまとめています。機能も充実しているのでご確認ください。

GO! WALLETとは

GO! WALLET GO WALLET ゴーウォレット 使い方 登録方法 ブラウザウォレット Dapps

GO! WALLETとは、Dappsブラウザを搭載したウォレットです。

仮想通貨のETHを始めERC20トークンやDappsで利用されるERC721トークンにも対応しているだけでなく、今後はサイドチェーンにも対応していく予定となっています。

特にサイドチェーン技術は、今後のDappsでかなり利用が予想される技術なので、ブラウザウォレットの中でも、GO! WALLETが対応をいち早く取ってくれるのではないかと期待が寄せられています。

ここではこのGO! WALLETのインストール方法を始め、細かな使い方まで紹介していくので、皆さんぜひご確認ください。

登録方法

GO! WALLET GO WALLET ゴーウォレット 使い方 登録方法 ブラウザウォレット Dapps

現状このウォレットは、iOSのみの実装となっています。android版も時期に実装される予定なので、androidを利用されている方は楽しみにお待ちください。

インストール方法は通常のアプリと同じです。

GO! WALLETの公式サイトにインストールできるアイコンがあります。

iOS

簡単にインストールができるように、上記のボタンからもインストール画面に飛ぶことができるようになっているので、ぜひご活用ください。

インストールが終了するとアプリを立ち上げてウォレットを作成します。

GO! WALLET GO WALLET ゴーウォレット 使い方 登録方法 ブラウザウォレット Dapps

ウォレットを新たに作成を選択し、次の画面に進むとバックアップをとることになります。パスワードの入力ですが、こちらは自分の好きなように設定できます。

もちろんセキュリティを高めるため、複雑なものにしておく方がいいので、パスワードの生成ツールなどを使って強固なものにしておくことをオススメします。

パスワードは度々使うことがあるので、こちらはメモをしておいてください。

検索:パスワード 生成

GO! WALLET GO WALLET ゴーウォレット 使い方 登録方法 ブラウザウォレット Dapps

パスワードを入力後、完了のボタンを押すことで、画像のようにメニューが出てきます。コピーやファイル保存などができるので、バックアップキーを保存しましょう。

バックアップキーは画像右のようなものです。画像は一部加工していますが、こちらは絶対に誰にも見せてはいけません。中身を見られると最悪資産を抜き取られる可能性があるので、厳重に保管してください。

このバックアップキーは、後に紹介するインポート機能(ウォレットの復元)で使用します。出来れば携帯などに保管せず、オフラインで管理する形が一番安全です。

このバックアップキーを保管すればウォレットは完成します。

使い方

GO! WALLETの基本的なメニューは以下の通りです。

  • ブラウザ
  • ウォレット
  • 取引履歴
  • 設定/その他

この4つになります。操作の仕方は直感的にわかりやすく出来ていますが、それぞれどのようなことができるかを解説していきます。

ブラウザ

GO! WALLET GO WALLET ゴーウォレット 使い方 登録方法 ブラウザウォレット Dapps

GO! WALLETに搭載されているブラウザを使ってDappsを利用することができます。

  • ゲーム
  • マーケットプレイス
  • メディア
  • ユーティリティ

これらのカテゴリーに分かれており、全て日本語での概要も掲載されています。国産のウォレットなので完全日本語対応にもなっており初心者の方にもオススメです。

使い方は簡単で、気になるDappsがあった場合はそちらをクリックすることでサイトに移行します。ここからDappsを利用することが可能です。

また右上部にはハートマークのアイコンがありますが、こちらはブックマーク機能です。タップすることでブックマークにお気に入りのDappsを登録できます。

またメディアとしてダプマも掲載させていただいているので、GO! WALLETからもdApps Marketを閲覧することも出来ます。是非ご活用下さい。

ウォレット

ウォレットでは仮想通貨(ETHやERC20、ERC721)の送受信が行えます。

また最近の取引履歴やERC721トークンの確認も行えます。ここではメインである入出金方法について紹介していきます。

  • 入金方法
  • 送金方法

操作方法は簡単ですが、それぞれ分けて紹介します。

受信:入金方法

GO! WALLET GO WALLET ゴーウォレット 使い方 登録方法 ブラウザウォレット Dapps

入金方法は簡単です。

まずはウォレットタブを開くと、真ん中に大きくETHの項目があります。ここにある受信するをタップすることで、ウォレットのアドレスが開示されます。

QRコードで読み取るかアドレスをコピーできるので、どちらかの方法で送信元の入力欄にアドレスを入力してください。アドレスのコピーを1タップで出来ます。

後は送信元から仮想通貨を送金すれば、じきに入金が確認できます。取引履歴もしっかりと残るので、こちらも確認して見るといいでしょう。

どのようなアドレスから送金されたのかも一目でわかるようになっています。

送信:送金方法

GO! WALLET GO WALLET ゴーウォレット 使い方 登録方法 ブラウザウォレット Dapps

送金を行う場合は送信するをタップし、入力画面に進みます。

次の入力画面では以下を入力してください。

  • 送金先アドレス
  • 送金量

この2点を入力して次に進みます。全ての資産を送金したい場合は、全部指定を押すことで持っている資産のすべてが反映されるようになっています。

※送金する1通貨の資産全てになります

GO! WALLET GO WALLET ゴーウォレット 使い方 登録方法 ブラウザウォレット Dapps

入力を終え次に進むと送信を行う事ができるのですが、状況によってはガス代を設定し直したいという場合があります。その時はネットワーク手数料をタップします。

ガス代やガスリミットの調整が行えるようになっているので、こちらで調整し手数料を変更することが可能です。基本的にはガス代のみの調整で送金処理速度が変化します。ガスを上げれば早く、低ければ遅く処理されるので覚えておきましょう。

また調整はつまみを使って行う事ができますが、うまく調整ができない場合は直接入力を行う事もできるので、こちらも活用してみてください。

調整後は保存をタップし送信を行えば、送金申請は完了です。

全部指定を行った場合は、手数料も綺麗に計算されたうえでの送金が可能となっているため、ウォレットに端数が残ることなく送金を行えます。

かなり細かな機能ですが、このようなことも出来るようになっているのは非常にありがたい機能だと言えます。

取引履歴

GO! WALLET GO WALLET ゴーウォレット 使い方 登録方法 ブラウザウォレット Dapps

取引履歴では過去に行われた入出金の履歴を確認することができます。

詳細な情報を見たい場合は、該当の履歴をタップすることで、より細かな情報が出てくるので確認して見るといいでしょう。

さらに細かく見たい場合はEtherscanにも飛ぶことができるので、何か送信履歴などを確認したい場合はこちらでご確認ください。

設定/その他

GO! WALLET GO WALLET ゴーウォレット 使い方 登録方法 ブラウザウォレット Dapps

設定/その他では、ネットワークの切り替えやウォレットの切り替え・追加、通貨の設定など様々なことが行えるようになっています。

一番使用するのは、ウォレットの切り替えや追加となると思います。

ウォレットの項目をタップすることで、これらの操作は可能です。切り替える場合は該当のウォレットの項目をタップ、新規追加を行う場合は下に記載してあるウォレットを追加をタップして行うことができます。

追加方法は、最初にウォレットを作成したときと同じです。こちらもよく利用する項目になる可能性があるので、しっかりと覚えておきましょう。

またバックアップの保存を忘れたという場合は、ウォレットの横にあるiのマークをタップすることで再度バックアップがとれるようになっています。

ウォレットのインポート

GO! WALLET GO WALLET ゴーウォレット 使い方 登録方法 ブラウザウォレット Dapps

最後にウォレットのインポート方法を記載しておきます。

インポートについては2種類の使い方ができます。

  • 復元用
  • 外部ウォレットインポート用

ウォレットをインポートするを選択することで、入力欄が現れます。

入力欄に保存しておいたバックアップキーと、設定したパスワードを入力し、インポートのボタンを押すことで、ウォレットの復元が可能です。

外部のウォレットをインポートする場合は、画像でバックアップデータと書かれているところに秘密鍵とアドレスのタブが追加されているので、こちらから行ってください。

細かな注意点もあったので、「GO! WALLETの外部ウォレットインポート設定方法」に細かなことをまとめているので、その他のウォレットをインポートしたいという場合はこちらを参考にしてみてください。

まとめ

まとめ

GO! WALLETと登録方法から細かい使い方までを解説してきました。

かなり使い勝手がいいようになっていますね。Trustとトークンポケットのいいとこ取りができているイメージです。

簡単にウォレットは作成できますし、ブラウザ機能も充実しているので、今後の活躍が楽しみなウォレットの1つです。サイドチェーンの対応も予定していますし、Dappsを利用する方は、ぜひGO! WALLETも触ってみることをオススメします。

iOS

GO! WALLETの解説は以上で終了となりますが、ダプマではその他のブラウザウォレットも多く取り上げています。特にメタマスクをインポートしたいという方は、トークンポケットもオススメです。

GO! WALLETと同じく日本語にも対応しており便利です。トークンポケットの使い方もまとめているので、興味のある方は合わせてご確認ください。

GO! WALLET | ゴーウォレット

国産のDappsブラウザ搭載ウォレットが登場!
サイドチェーン対応予定で快適にゲームプレイ

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players