dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > ブレイブ > ブレイブ | Brave サイト運営者に寄付を行うペイメントの設定方法
ブレイブ | Brave サイト運営者に寄付を行うペイメントの設定方法

ブレイブ | Brave サイト運営者に寄付を行うペイメントの設定方法

ブレイブのペイメントに関する設定方法や、機能の使い方を紹介しています。ブレイブな成り立つ要素の人るでもあるので、積極的に寄付を行いましょう。

ペイメント機能って?

ブレイブ ペイメント 設定方法

サイト運営者に寄付が行えるシステムです。

広告表示をブロックする代わりに、サイト運営者を支援するため、滞在時間や訪問回数によってトークン(BAT)を寄付することが出来ます。

これにより広告収入がなくなりそうであった、サイト運営者のデメリットを解消しようというものです。

寄付は月に一回決まった日に行われます。

ペイメント機能の設定

ブレイブ ペイメント

設定方法は簡単です。

まずは設定の部分からペイメントを選択します。

上部にあるつまみをオンに設定し、ウォレットを作るのボタンを押してください。

ブレイブペイメント

しばらくするとウォレットを作ると書いてあった部分が入金というボタンに代わるので、そちらから入金を行いましょう。

入金できる通貨の種類は4種類です。

  • BTC
  • ETH
  • BAT
  • LTC

BATを持っていなくても、その他3種類の通貨を入金することで、自動でBATに変換してくれます。

ペイメント 入金

入金を行う通貨をクリックすることで、入金先のアドレスとQRコードが記載されたものが出てくるので、そちらに入金を行いましょう。

送金できる通貨は4種類あるので、くれぐれも送金先のアドレスを間違わないように気を付けてください。

ペイメント 入金

口座残高に入金が反映しました。

入金を行うとBATに自動変換するためか、多少時間がかかったので、入金できてない!と心配になるかもしれませんが、安心して待ちましょう。

ウォレットのバックアップ

ウォレットのバックアップも忘れずに行ってください。

万が一何かあった時、入金していたお金が全部消えてしまうということを未然に防いでおきましょう。

ブレイブ バックアップ

ペイメントのページ右上にある歯車のようなマークをクリックすることで、バックアップの設定が行えます。

ウォレットをバックアップというボタンがあるので、こちらをクリックしましょう。

ブレイブバックアップ

ボタンをクリックすると、24個の英単語が出てきます。

これがバックアップキーとなるので、しっかりとメモを取り保管しておきましょう。

パソコン内に保存することも出来ますが、万が一何かあった場合のことを考えると、自分でメモを取ることが一番安全性の高い方法と言えます。

バックアップ

バックアップキーを入力するときは、同じうように歯車アイコンを押し、ウォレットの回復というボタンがあるので、そちらから先ほどの単語を入力すればOKです。

以上がウォレットのバックアップを取る方法となります。

ペイメントの基本操作

ペイメントの簡単な扱い方について紹介します。

サイトへの寄付などの金額や条件を簡単に設定しましょう。

ブレイブ 寄付

まずは毎月寄付を行う予算額を設定します。

設定できる幅は広く、5.0BAT(現在約2USD)~50.0BAT(現在約20USD)となっています。

ここは自分が寄付を行える範囲での金額を指定しましょう。

ブレイブ 設定

次に歯車のアイコンの説明です。

歯車のアイコンを押すことで画像のポップアップが表示されます。

番号の順番に解説します。

①訪問を記録するための最低ページ時間

こちらは何秒サイトを見たら、寄付先の候補として認識するかの設定になります。

5秒・8秒・1分とあるので、任意で決定してください。

②支払対象に含むための最低訪問回数

何回以上サイトに訪問したかで、寄付先として認識するのかを決定できます。

1回・5回・10回とあるので、こちらも好きなように決定して大丈夫です。

あまり寄付先を増やしたくないのであれば、訪問回数の設定を多めにしておくといいでしょう。

③通知を表示

寄付の通知を行うかどうかの設定です。

④認証されていないサイトへの寄付を許可

オンオフを切り替えることで、ブレイブ公認のサイトのみに寄付を行うのか、公認以外のサイトにも寄付が行えるようになるのかの設定を行います。

⑤Allow contribut to videos

動画に対する寄付が行えるかどうかの設定です。

以上がペイメントで使用する設定の使い方になります。

まとめ

まとめ

ブレイブのペイメント機能は純粋に応援したいサイトを支援できる良いシステムだと思います。

広告ブロックシステムによって、収入が減りかねないサイト運営者のこともしっかりと考えていることが分かりますね。

サイト運営者にとってもよりクリーンなマネタイズになるのではないかと思います。

ブレイブを使用するときは、ぜひこのペイメント機能も利用してみてくださいね。

Brave | ブレイブ

広告ブロック機能・高速ブラウジング・トークン獲得!
これまでにないWEB3.0のハイスペックブラウザが登場

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players