dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > 初心者 > metamask > MetaMaskトラブル!パスワード・バックアップを紛失したときの対策法
MetaMaskトラブル!パスワード・バックアップを紛失したときの対策法

MetaMaskトラブル!パスワード・バックアップを紛失したときの対策法

メタマスクのパスワードやバックアップシードを紛失したときの対処法をまとめています。インポート機能はこのような事態にも有効です。

ウォレットのトラブル

メタマスク MetaMask トラブル バックアップシード パスワード 紛失

日頃DappsやICOなど様々な用途に活用しているウォレット。

管理方法を一歩でも間違えれば、資産をいきなりGOXするといったトラブルも起こる可能性があります。

もちろんバックアップキーや、シードなどを厳重に保管していればこのようなトラブルも回避できるのですが、その管理が甘く保管していたものを失くしてしまった場合は…

このようなことあり得ないと思うかもしれませんが、全然あり得ます。

と言うよりもダプマGOXしかけました。

ここでの話は実際にダプマが体験したトラブルを元にパスワードやバックアップシードを使わず、メタマスクのウォレットを復元させた方法について紹介します。

メタマスクの情報が消える

メタマスク MetaMask トラブル バックアップシード パスワード 紛失

まずダプマの身に何が起こったのかを説明します。

いつも通りパソコンを起動し、メタマスクにログインを行おうとパスワードを探したところ、情報が記載されたメモが紛失!!

しかもこのメモにはパスワードだけでなく、復元用のバックアップシードまで記載していました。

おぉこれがGOX…

と最初は探せば出てくるだろうとしか思っていなかったのですが、探せど探せど情報を記入したメモが出てきません。途中ぐらいから異様な汗が出てきました。

ETHの資金、各Dappsのアセット、これらが一気に失われると考えただけで一瞬絶望さえ感じました。皆さんも同じ状況になったと考えたらヒヤヒヤしませんか?

ただ茫然としているものダメだと思ったので、スマホの中身も色々と確認し、1つの案が思いついたのです。

インポートしてるウォレットがあるから、逆にメタマスクにインポートさせることができのではないか?

これが今回伝えたかったインポートの重要性になります。

実際にこの方法は可能でした。ですのでこの方法もあわせてお伝えします。

メタマスクへのインポート

メタマスク MetaMask トラブル バックアップシード パスワード 紛失

メタマスクに対応しているインポートの方法は以下の2つです。

  • 秘密鍵(Private Key)の入力
  • JSON Fileのアップロード

メタマスクのパスワードやバックアップシードを紛失したときには、この2つのいずれかがあれば復元を行う事ができます。

一度全ての情報を失くしてしまった場合はメタマスクのアンインストールし、再度ダウンロードを行い新たにウォレットを作成しておきましょう。

ウォレットの作成が終われば、人型のアイコンのところをクリックし、Import Accountを選択することで、インポートを行うことができます。

ではこの情報をどうやって見つけ出すのか。

これについては先ほども言ったように、すでにインポートしてあるウォレットから情報を抽出することとなります。

Trustウォレットから情報抽出

メタマスク MetaMask トラブル バックアップシード パスワード 紛失

トラストを使うことで、インポートするときに必要な秘密鍵を入手できます。

まず設定の部分へ行きウォレットをクリックします。

インポートを行いたいウォレットの横にあるiマークをタップすることで、秘密鍵の情報が得られるページがあるので、そちらから情報を抽出します。

秘密鍵のエクスポートをタップすることで情報が出てくるので、こちらをコピーし、先ほどメタマスクで開いたPrivate Keyの部分へ入力してください。

こうすることで、パスワードやバックアップシードを使わずウォレットを復元することが可能です。もしこのような事態に陥った場合は試してみてください。

注意点

元々メタマスクで複数のウォレットを管理している場合は、1つ1つインポートさせておかないと、このトラブルの対処法は有効ではありません。

ですので、いくつか重要なウォレットがある場合は、全てトラストにインポートしておくといいでしょう。

トラストへのインポート方法については、「トラストの使い方」に記載しているので、こちらを合わせてご確認ください。

まとめ

まとめ

メタマスクの情報がなくたった時のトラブル対処法について紹介しました。

インポートは便利なだけでなく、万が一の時のことを考えても非常に重要なことと言うことがお分かりいただけたと思います。

何より体験したダプマ自身が本当に重要だという事に気づかされました。

もちろんパスワードやバックアップシードなどを厳重に保管しておけばよいのですが、インポートもあわせて行っておくことで、より安全にウォレットの管理ができるようになるでしょう。

ウォレットを使っていると、このようなトラブルは必ずと言っていいほど起こるので、色々な対策法を知っておくことが大切です。

様々なドラブルについては下記でもまとめているので、MetaMaskなどのウォレットを利用している方は合わせてご確認ください。

ウォレットトラブル集
注文処理(Tx)キャンセル方法
高ガス設定処理されない時の対応
アドレス急に消えた時の対処
TX上書きブラウザウォレット編

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players