dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > XAYAとは?MMOも作成可能な注目のDapps開発プラットフォーム
XAYAとは?MMOも作成可能な注目のDapps開発プラットフォーム

XAYAとは?MMOも作成可能な注目のDapps開発プラットフォーム

ブロックチェーンの知識がなくてもDappsの開発が行えるXAYA(ザイヤ)の概要と特徴についてまとめています。

XAYAとは

XAYA(旧称Chimaera)とは、2013年からDappsの開発を行ってるブロックチェーンゲームのプラットフォームです。

過去(2014年)にこちらで開発されたゲームはオン/オフチェーン使い分けMMOの作成を行うなど非常に技術力が高いものと言えます。いち早くオンチェーンとオフチェーンの技術を使い分けるという着眼点もあり注目のプロジェクトと言えるでしょう。

そしてこのXAYAは、独自でブロックチェーンゲームを開発するだけでなく、今後はSDKやAPIの提供を行うとのことなので、今後はこのプラットフォームを利用して多くのブロックチェーンゲームが誕生する可能性が十分にあると言えます。

ここではXAYAの概要とどのような特徴があるのかを紹介していきたいと思います。

主な概要

XAYA Chimaera ザイヤ Dapps 概要

主な概要は上記した通りですが、すでにXAYAの前身となるChimaeraでは、ハンターコインと言う世界初のブロックチェーンMMOを作成しており、2014年の時点である程度の稼働を完成させています。その時の動画が以下です。

3分ごろから特にわかりやすいと思いますが、これが2014年時点での出来ばえです。

すでにこの頃からゲームとしてある程度遊べそうなものとなっています。

またこの段階でも多くのユーザーがプレイすることを想定し、ゲーム画面にも多くのプレイヤーを配置し、スケール問題に対する様々なテストを行っていたのでしょう。

さらにこちらは現在でも改良が加えられていることが分かるのが以下の画像です。

XAYA Chimaera ザイヤ Dapps 概要 XAYA Chimaera ザイヤ Dapps 概要

更に現在のグラフィックはこのような感じです。

かなりゲームとしての完成度も高くなってきていることが分かりますね。これは現段階でのDappsでもなかなかハイクオリティなものとなりそうです。

XAYAはこのような技術力を持っているため、今後の展開としては、先ほどあげたようなSDKやAPIの提供やXAYAウォレットの提供など、ブロックチェーンゲームのプラットフォームとなることを元にプロジェクトを推し進めていくようです。

もちろんサーバーの必要のないゲーム構築やアセットの管理、決済ラインの確保なども同時に行うため、快適にXAYAではゲーム開発やプレイができることとなるでしょう。

特徴は

XAYA Chimaera ザイヤ Dapps 概要

XAYAの中でも特に特徴的な部分については以下の通りです。

  • Dapps構築が簡略化
  • セキュリティ耐性
  • スケール耐性

もちろんこの他にも分散型の特徴でもあるアセットの安全な取引や所有権の透明性など様々なものがありますが、ここでは特筆すべき点にフォーカスしていきます。

Dapps構築が簡略化

まずはDapps構築の簡略化です。

これはSDKやAPIの提供となる部分ですが、XAYA以外にもこれらを提供しているプラットフォームは多くあります。ただそれらと比べてもXAYAに利点があります。

それは開発に使用するプログラミング言語が既存のゲーム開発と同じでいいという点です。C++、JavaScript、Python、.NETなど様々なものが使用できます。

通常ブロックチェーンゲームを構築する場合は、solidityなどの専門的な言語を習得する必要がありますが、既存の言語さえ分かれば、だれでも簡単にXAYAのチェーン上でゲーム開発を行う事が可能です。

これにより、既存のゲーム開発者などがブロックチェーンゲーム開発を行いやすくなるので、よりゲーム性のあるものが誕生する可能性があると言えます。

またスマートコントラクト部分においては、APIを使用することで、チェーン上のデータをやり取りすることができるようになり、ブロックチェーンについての知識は、ほとんど必要なくなるということもXAYAの特徴です。

セキュリティ耐性

XAYAのチェーンは、PoWのコンセンサスアルゴリズムでの稼働となるようですが、こちらは独自のカスタムが行われており、セキュリティも高いとのことです。

少し余談にはなりますが、このXAYAのメンバーの中にはビットコイン・コアを構築したメンバーやその他のコインに関わるメンバーなどが関わっているため、様々なノウハウを集約して作られたチェーンと言うことが分かりますね。

セキュリティ耐性の検証なども行っているので、XAYA上で作られたブロックチェーンゲームは安全にプレイすることができるようになっているでしょう。

スケール耐性

先程も説明しましたが、スケール耐性については現状オンチェーンとオフチェーンを使い分けるようなイメージで対応がされています。

ビットコインで言う、ライトニングネットワークのようなイメージに近いとも言われており、多くのユーザーが同時にプレイを行っても、トランザクション詰まりの起こらない快適なゲームプレイを提供すると言われています。

こちらのやり方にも早い段階から目をつけていたというのは、さすがの一言です。

現状最も効率的なDapps開発が行える方式の1つなので、より既存のゲームに近い形のブロックチェーンゲームが誕生してくることが予想されます。

すでにゲームリリースも

XAYA Chimaera ザイヤ Dapps 概要

すでにXAYAの技術を利用したブロックチェーンゲームはリリースされています。

サッカーの監督になり、対戦を行っていくゲームなどがリリースされているので、興味のある方は、ぜひ「XAYA公式サイト」もチェックしてみてください。

今後はこのXAYAを利用したブロックチェーンゲームも更に出てくると思うので、ぜひこのプラットフォームはチェックしておくといいと思います。

本格的にMMO開発に着手

とうとうXAYAのプラットフォームを活用したMMOの開発が行われるようです。

このゲーム概要はまだあまり明かされていませんが冒険を始め、建築や採掘、バトルなど本格的なMMOの構想が行われていると記載されています。

このような動画も公開されているので、こちらのゲームの発信情報などにも注目を行っておくといいでしょう。かなり期待値は高いと思います。

MMOの開発についてはかなりのノウハウがあるプロジェクトチームなので、ぜひこちらのゲームは期待してリリースを待っておきたいと思います。

開発も着実に進行中

開発を行っているTaurionの進捗動画です。

このように細めに進捗の状況を動画で公開してくれると安心感が増すのでかなり好印象ですね。かなり開発も進んでいるようなので期待して待っておきましょう。

まとめ

まとめ

XAYAについてプラットフォームの概要や特徴を紹介しました。

かなり早い段階からブロックチェーンゲームの開発を行うだけでなく、ライトニングネットワークのようなオンオフ(チェーン)を利用したゲーム構築の仕組みを考えているというのも非常に興味深い部分となっていました。

今後はSDKやAPIの提供を行う予定もあり、ブロックチェーンの知識が不要なままDapps開発が行えるようになっているので、こちらはもっと注目が集まると思います。

技術力や着眼点の鋭さなど、かなり見どころのあるプロジェクトと言えるので、ぜひこちらのプロジェクトの進行もチェックしておきましょう。

同じプラットフォームとしてLoomなどのライバルにもなりそうですね。「LoomNetwork詳細ページ」も用意しているので、内容を比べてみるのも面白いと思います。

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players