dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > Opera Touch(オペラタッチ)使い方|入金・送金・その他機能を紹介
Opera Touch(オペラタッチ)使い方|入金・送金・その他機能を紹介

Opera Touch(オペラタッチ)使い方|入金・送金・その他機能を紹介

Opera Touch(オペラタッチ)の始め方や初期設定から、ウォレットの入金・出金・ブラウザ機能などの使い方を紹介しています。

オペラがウォレット対応に

ウェブブラウザとして有名なオペラがETHウォレットに対応。

今回紹介するオペラタッチはスマホアプリとなっており、こちらを活用することで仮想通貨の管理だけでなく、ブロックチェーンゲームも遊べます。

オペラ自体、元々のユーザー数が3億人以上いると言われているので、仮想通貨またブロックチェーンアプリの普及にも貢献することでしょう。

ここではこのオペラタッチの使い方について紹介します。

アプリのインストール

オペラ Opera オペラタッチ Opera touch スマホ アプリ 使い方

まずはオペラタッチのアプリをインストールします。

iOS・androidの両方アプリはリリースされていますが、現在ウォレット機能が付いているのはiOSだけなので覚えておきましょう。

iOS

android

オペラ Opera オペラタッチ Opera touch スマホ アプリ 使い方

アプリのインストールが終了したら起動を行い初期設定を行ってください。

こちらは広告ブロック機能やコインハイブのサイト対策もできるようになっているので、任意の設定を行ってアプリを立ち上げましょう。

ウォレットの作成

オペラ Opera オペラタッチ Opera touch スマホ アプリ 使い方

このままではウォレット機能は使用できません。

まずはウォレットのアクティブ化を行うので上部にあるメニューを開き、設定を選択することで、アクティブにするというボタンがあるのでタップしてください。

始めて触るときは見つけにくいので、こちらはしっかり覚えておきましょう。

オペラ Opera オペラタッチ Opera touch スマホ アプリ 使い方

アクティブ化のボタンをタップするとウォレット作成ができます。

ウォレットを開くというボタンがあるので、こちらをタップすることでウォレットを作成することが可能です。作成はかなり簡単ですね。

またウォレットを作成した後はバックアップを必ず行いましょう。

オペラ Opera オペラタッチ Opera touch スマホ アプリ 使い方

ウォレットのバックアップはアクティブ化と同じで設定から行います。

バックアップフレーズとあるのでこちらをタップすると英語12単語で構成されているバックアップフレーズが表示されるので、こちらはメモしておきましょう。

スマホの機種変更や紛失を行っても、このバックアップフレーズを使ってウォレットを復元させれば、すぐに同じウォレットのデータが引き継げます。

ただバックアップフレーズはウォレットが簡単に復元できる分、他人などに見られてしまうと資産を抜き取られてしまう可能性もあるので注意をしておきましょう。

バックアップフレーズまでしっかりと保管すればウォレットの作成は完了です。

ウォレットの使い方

オペラ Opera オペラタッチ Opera touch スマホ アプリ 使い方

ウォレットを作成すると上部メニューにCryptoWalletが追加されています。

こちらをタップすることでウォレットが表示されます。またホーム画面の下にある「Ξ」のマークをタップすることで、ブラウザ機能が利用可能です。

  • 入金
  • 送金
  • ブラウザ機能

これら3つの機能の使い方を覚えておけば、このアプリも使いこなせると思うので、こちらはぞれぞれ簡単に紹介を行っていきます。

入金

オペラ Opera オペラタッチ Opera touch スマホ アプリ 使い方

入金はウォレットを開き受信をタップして行います。

タップを行うとウォレットアドレスとQRコードが表示されるので、こちらの情報を送金元の情報入力欄に貼り付けるなどして送金すればOKです。

スマホから送金を行う場合はQRコード、PCから送金を行う場合はウォレットアドレスをコピーして貼り付けると正確に送金が行えるでしょう。

入金は簡単に行うことができるので、ぜひご参考ください。

送金

オペラ Opera オペラタッチ Opera touch スマホ アプリ 使い方

送金はウォレットメニューの送信をタップして行います。

ETHの送金を行う場合は、以下の項目を入力するので覚えておきましょう。

  • 送金先のアドレス
  • 送金額

この2つの入力を行い確認のボタンを押せば送金は行えます。

送金額の入力についてはETHもしくは円でも入力できるようになっているので、円ベースでの送金を行うときも正確にできるので便利です。

ただ送金速度(ガス代)の調整ができないようだったので、こちらは今後のアップデートなどで追加されることに期待しておきましょう。

ブラウザ機能

オペラ Opera オペラタッチ Opera touch スマホ アプリ 使い方

ブラウザ機能はブロックチェーンゲームを遊ぶ時に利用します。

使い方はとても簡単で、ホームからブラウザ機能を開くことで色々なブロックチェーンゲームの一覧が表示されているので、こちらから任意のものを選択してください。

後は通常と同じようにブロックチェーンゲームを遊ぶことができます。

またこちらにリストされていないものでもURLを直接入力することで利用できるものもあると思うので、こちらもぜひ活用してみましょう。

まとめ

まとめ

Opera Touchの使い方を簡単に紹介しました。

オペラは元々大手ブラウザとして有名なので、UIについてはかなり使いやすいと思える部分がありました。興味のある方はぜひ利用してみましょう。

ただインポート機能がなかったり、ガス代の調整ができないなどブラウザウォレットとしては、もう一つという印象もあったのでこちらは今後に期待です。

この点を改善していければかなり使いやすいものとなるでしょう。

ブラウザウォレットも色々なものがあり、現状ではまだその他のウォレットが使いやすいものもあるので、色々なものを見てみるといいでしょう。

こちらについては「オススメのブラウザウォレット4選」でかなり使いやすいものを紹介しているので、こちらも合わせてご確認ください。

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players