ツイート 目次 目次を閉じる
ApeCoin(APE)の購入方法|BAYCの仮想通貨の買い方を画像で解説

ApeCoin(APE)の購入方法|BAYCの仮想通貨の買い方を画像で解説

ApeCoin(APE)の購入方法・買い方を紹介しています。おすすめの仮想通貨取引所や今後に備えたトレード方法も紹介しているのでご参考に。

APE(ApeCoin)の概要

APE(ApeCoin)の概要については下記でまとめています。

このトークンの活用法やDAOメンバーの紹介など細かな内容を解説しているので、このAPEがどういったものか知りたいという方はご参考ください。

ApeCoin|トークンの使用事例を解説

ApeCoinとは?

ApeCoin
$APEの概要
発行元ApeCoin DAO
発行数10億枚
チェーンイーサリアム
規格ERC-20
コントラクトアドレス0x4d224452801ACEd8B2F0aebE155379bb5D594381

ApeCoin($APE)とは、ApeCoinDAOが発行する通貨です。

今後はこのコインを使ってガバナンスの参加やBAYC関連の製品が購入、さらにはAPEが活用できる別のサービスも色々と展開されていく予定となっています。

またこの発行元のApeCoinDAOのメンバーは豪華。

Reddit共同創業者、Animoca Brands 共同創業者・会長、Horizen LabsのCEOなど幅広い分野の人脈で初期のメンバーが構成されており、今後の用途拡大にもつながりそうです。

そこで今回はこの$APEの購入方法を解説。

かなり興味のある方が多いと思うので、ぜひこちらもチェックしてみて下さい。

購入・買い方の手順

$APEの購入手順

  • 国内取引所でBTCを購入

  • Bybitに送金

  • BybitでBTCをUSDTに

  • USDTをAPEにトレード

基本はこの4ステップなので覚えておいてください。

APEの取り扱いにおいては、すでに複数の大手取引所で扱われていますが、その中でもバイビットを利用するのが一番おすすめです。

その理由としては、レバレッジトレードにも対応していること。

APE トレード画面

こちらは倍率をかけてトレードするというよりは、APEを使った何かしらのイベント時に同量のショートをかけることで、価格変動のリスクが抑えられるからです。

※APE保有は価格変動のリスクがあるのでショートで相殺

こういったトレード手法が有効に活用できるようになっているので、これからAPEを購入したいという方はバイビットを活用するといいでしょう。

Exchange – Bybit

バイビット|登録・口座開設のやり方

Exchange – Bybit

ショートを活用するメリットと手法

Bybit公式

国内取引所でBTCを購入

国内取引所

まずは国内でBTCを入手します。

このAPEはUSDTでしかトレードできないのですが、国内取引所ではUSDTは入手できないので、BTCを海外取引所に送ってUSDTを入手してください。

BTCの購入時の注意点としては、取引所形式で購入すること。

国内の取引所では販売所(対運営)と取引所(ユーザー間)の2種類の方法がありますが、圧倒的に後者の方が手数料が安いので、こちらは覚えておいてください。

コインチェック トレード画面

特にコインチェックが初心者にはおすすめです。

初心者向けの使いやすいプラットフォームとなっているので、初めての方でも簡単に利用できます。ぜひこちらも活用して原資を獲得してみて下さい。

これから登録を行う方は、下記に登録方法をまとめています。

また登録時に必要な本人確認の手順なども画像や動画で解説しているので、ぜひこちらも合わせてご参考ください。

Exchange – Coincheck

コインチェック|登録・口座開設のやり方

コインチェック公式

Bybitに送金

入金画面

次は入手したBTCをバイビットに送金。

送金の手順としては、バイビットの資産という項目の現物アカウントを選択しBTCの入金を選択することで、ウォレットアドレスが表示されます。

あとはこのウォレットアドレス宛に仮想通貨を送金しましょう。

アドレス表示画面

表示されたアドレスは上記のようになっています。

  • アドレスをコピー
  • 入金用アカウントを現物に変更

この2点を行って国内取所から送金を行いましょう。

入金手順の詳しいやり方は、下記でもまとめています。

Exchange – Bybit

バイビット|入金・出金のやり方

BTCとUSDTをトレード

BTC トレード画面

BTCの入金が完了したらUSDTとトレードです。

こちらはBybitの現物取引にBTC/USDTの項目があるので、こちらを選択して入金を行ったBTCを売却してUSDTを入手しておいてください。

具体的な注文設定は以下です。

注文設定画面
  • 売り注文を選択
  • 今回はUSDTの入手なので売りでOK
  • 注文方法を選択
  • 指値・成行のどちらかを選択
  • 売却時の価格と売却量
  • 成行の場合は売却量のみの入力
  • 売り注文の申請
  • ボタンを押すことで申請が可能

このようになっているので、こちらでUSDTを入手してください。

具体的なトレード方法は下記でもまとめているのでご参考に。

Exchange – Bybit

バイビット|仮想通貨取引のやり方

Bybit公式

USDTをAPEにトレード

APEトレード

最後は入手したUSDTでAPEを購入します。

このトレードのやり方は、先ほどのBTC売却とほぼ同じです。

APE/USDTの現物取引画面に移動し、買い注文で欲しい量を入力してAPEを入手すればOKです。成行であればすぐに購入は完了するので試してください。

これでAPEの入手ができました。

あとはこのAPEを利用するのであれば、メタマスクなどに送付したりして自分の思ったようにトークンを活用してみてください。

Bybit公式

今後の展開に備えて

APEは今後色々な場所で活用できるオープン通貨を目指しています。

外部のサービスで利用できたり、飛躍するとAPEを使ったステーキングなども出てくる可能性もあると思いますが、その時の価格変動リスクは覚えておくべき。

特にステーキングなどはロック期間があります。

このロック期間中にAPEの価格が下がってしまえば、せっかくAPEの枚数を増やしたとしても、ドルや円建てでみれば資産が減少しているという可能性も。

その時に備えてショートの活用も覚えておくことが大事です。

APE 無期限取引画面

具体的には保有しているAPEと同量のショートをかけるだけ。

そうすることでAPEの価格変動が起きても円やドル建ての資産は変わることなく、新たに獲得できるものがほぼ利益になるので、こういった方法も覚えておきましょう。

この手法がとれるのがバイビットの強みです。

そのため、APEを購入する場合はこちらの活用をおすすめします。

Exchange – Bybit

ショートを活用するメリットと手法

Bybit公式

まとめ

まとめ

$APEの購入方法を解説しました。

非常に話題性の高い通貨となっていますし、多くの大手企業などがこのAPEを活用して何かしらのサービスを展開していく予定なのでこちらは注目です。

もちろん今回紹介したショートの活用も重要。

色々な手法を知れば、よりトレードなども効率化することができるので、こちらの通貨を購入したいという方はぜひこの内容も覚えておいてください。

APEの購入ができるバイビットも使いやすい取引所なので要チェックです。

Exchange – Bybit

バイビット|登録・口座開設のやり方

Bybit公式

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所を比較
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所
仮想通貨取引所ランキング

記事一覧