ツイート 目次 目次を閉じる
【BAYC】ApeCoin(APE)|トークンの使用事例と買い方まとめ

【BAYC】ApeCoin(APE)|トークンの使用事例と買い方まとめ

ApeCoinDAOから発行され、BAYC(Bored Ape Yacht Club)エコシステムで活用される予定のApeCoin(APE)の使用用途と購入方法についてまとめています。

APEがリリース

2022/3/17にBAYCシリーズのホルダーにApeCoinが配布。

こちらはBAYCの運営であるYuga LabsのTwitterアカウントでも、ApeCoinをBAYCのエコシステムに採用するとアナウンスされています。

そこで今回はこのApeCoinの概要と買い方について紹介します。

ApeCoin公式

ApeCoin 概要

ApeCoin
$APEの概要
発行元ApeCoin DAO
発行数10億枚
チェーンイーサリアム
規格ERC-20
コントラクトアドレス0x4d224452801ACEd8B2F0aebE155379bb5D594381

ApeCoinはBAYCエコシステムで活用されますが発行元はApeCoinDAOです。

※BAYCの発行元はYuga Labs

つまりはDAOが主体となって発行したトークンとなっており、今後はこれらのトークンを活用したさまざまなゲームや関連サービスが登場することでしょう。

現状はガバナンスやYuga LabsのNFT購入に活用が予定されています。

またすでに多くのプロジェクトがこの$APEを使ったサービスを展開するものとして動きを見せているので、こちらも今後の動向に注目が集まっています。

トークンの割り当て

  • エコシステムファンド:62%
  • 1億5000万枚がBAYC/MAYCのホルダーへエアドロップ
  • 4億7000万枚がApeCoin DAOのトレジャリーへ
  • Yuga Labsとチャリティー:16%
  • 1億5000万枚がYuga Labsへ(ロック期間あり)
  • 1000万枚がチャリティーに使用
  • コントリビューター:14%
  • 1億4000万枚がコントリビューターへ(48ヶ月でロック全解除)
  • BAYCファウンダー:8%
  • 8000万枚がBAYCのファウンダーへ

トークンの割り当ては上記のようになっています。

すでにホルダーへのエアドロップは完了していますが、今後はコントリビューター(貢献者)などへの配布やチャリティで活用されるものとなっています。

エアドロップの詳細

エアドロップの詳細

エアドロップはBAYCやMAYC、Kennel Clubの保有者に行われました。

このエアドロップの内容は以下です。

エアドロップ詳細

BAYCのみ

10,094 tokens

MAYCのみ

2,042 tokens
BAYC
+
Kennel Club
10,950 tokens
MAYC
+
Kennel Club
2,898 tokens

執筆時(2022/3/22)約11ドルなので、BAYCホルダーには、1000万円以上のエアドロップがされたことになります。

ApeCoin DAO

ApeCoin DAO

ApeCoinDAOは基本的に誰かに管理される組織ではありませんが、DAOの決定を監督、実行をする管理チームとしてAPE財団のBoardメンバーが存在しています。

APE財団のBoardメンバーはApeCoinDAOコミュニティのアイデアの実現や必要なサポートを確保するために、日々の管理やその他の業務を担っています。

しかもこのBoardメンバーは豪華な顔ぶれ。

クリプト関連のオールスターが集まったといっても過言ではないので紹介します。

初期のBoardメンバー

Boardメンバー

初期のBoardメンバーは以下となっています。

  • Alexis Ohanian
  • Reddit共同創業者、Seven Seven Sixジェネラルパートナー兼創業者
  • Amy Wu
  • FTX社 ベンチャー&ゲーミング部門責任者
  • Maaria Bajwa
  • SoundVentures(投資ファンド)
  • Yat Siu
  • Animoca Brands 共同創業者・会長
  • Dean Steinbeck
  • Horizen Labs 代表取締役社長兼ジェネラルカンセル

この顔ぶれはまさにオールスターですよね。

ゲーム開発から投資部門まで様々な知見を持ったメンバーで構成されているので、今後はよりこのApeCoinDAOが発展していくことが想像しやすいです。

また彼らの任期は6ヶ月となっています。

今後はDAOメンバー(ApeCoinホルダー)が投票を行うことで、メンバーを維持するか新しいメンバーを任命するか選べます。

また票が集まればいつでもメンバーの削除、交代をすることが可能です。

ユーティリティ

現状のトークンのユーティリティは以下です。

  • ガバナンスへの参加
  • ApeCoin DAOのガバナンストークンとして使用
  • ステーキング
  • $APEを活用しAPEをステーキング
  • 他のサービスでの決済
  • BAYC関連製品などの購入や一部ゲームでの活用

現状の使用用途としては、ガバナンス参加がメインです。

またすでにBAYCの枠の外でもこの$APEを活用して各サービスの決済などに使用が予定されているので、こちらもそれぞれ見ていきましょう。

ガバナンス

ガバナンス

DAO組織の1番重要なのはガバナンスです。

提案プロセスに従って、エコシステムを促進するためにどのようにDAO活動を進めるか$APEのホルダー投票で決めていきます。

アイディアの提出、コメント、提案、投票の参加はApeCoinDAOのメンバーのみが参加できます。ApeCoinDAOに参加するには、ApeCoinのホルダーであることが条件です。

プロポーザルはフェーズ9まで用意されていて、提案が可決されるまでにしっかりとした議論を行う場が用意されています。

フェーズについては、下記のURLをご確認ください。

各フェーズ内容

提案・議論

提案内容

既にこの提案についてはいくつか提示されています。

  • DAOの提案プロセス
  • 投票のプロセス
  • 1年目の予算の割り当て
  • ステーキングのプロセス
  • ステークプールの割り当て

このページは誰でも閲覧できるようになっているので、今後どのようにDAOのガバナンスが検討されていくのかというのが見れるようになっています。

これらの情報を参考にApeCoinDAOに参加するか、検討してみてもいいでしょう。

提案フォーラム

Snapchat

投票自体は最終的にSnapchatで行われます。

これは、いくつかのフェーズをクリアしたのちにSnapchatに移行してホルダーたちが投票できるようになる予定です。

まだ始まったばかりなので現状はプロポーザルまでは到達していないようです。

Snapchat

ステーキング

また最新の提案でApecoinを活用したステーキングの実施も決定。

こちらは3年間をかけて総額1億7500万枚のAPE(総発行量の17.5%)がステークされるものとなっているので、こちらもホルダーの方は注目です。

今後この詳細も決定するはずですが、かなりの金額がステーキングできるようになっているので、Apecoinを入手して準備しておくと良いかもしれません。

他のサービスで活用

すでにいくつかのサービスで$APEの活用が発表されています。

  • Otherside
  • Benji Bananas
  • スヌープドッグのNFT
  • Openseaの決済通貨に

上記は代表的なものですが、それぞれの内容を解説します。

Otherside

2022/3/19にOthersideというタイトルの動画が公開されました。

これはApeCoinDAOとアニモカが作成したものとなっているようです。この動画の中には、下記のNFTプロジェクトのキャラクターが登場しています。

  • CryptoPunks
  • Meebits
  • Cool Cats
  • CrypToadz
  • World of Women

すでにこちらはメタバースのランドがApecoinを活用して販売されその後も驚異的な取引高を誇っています。

今後はこのメタバースの基軸通貨にもなりそうなので、このメタバース(ゲーム)がどのように発展していくのかも注目しておきましょう。

Benji Bananas

Benji Bananas

Animoca Brandsが開発するBenji BananasでもApeCoinが活用される予定です。

Play to Earnを成立させゲームを発展させていくことが考えられるので、BCゲーマーも取り込もうとしていることがわかります。

こちらの追加情報が欲しい方は、ApeCoinやanimoca brandsのオフィシャルTwitterをフォローしておくといいでしょう!

スヌープドッグ×ApeCoin

スヌープドッグが自身の音楽NFTをApeCoinで購入できるようにしました。

このNFTはすでに完売しています。

BAYCのホルダーには超がつくほどのセレブたちがいるので、今後こういった使われ方をApeCoinはしていくかもしれません。

ライブチケットの支払いが、ApeCoinで支払うなんてことも想像できます。

Openseaの決済通貨に

ApecoinはOpenseaでの決済通貨としても活用されています。

色々なNFTをこのAPEを使って購入できるようになっているので、APEホルダーの方はETHなどを用意せずともアセットの購入が可能です。

またこのように大手の決済通貨になった事例は今後にも影響しそう。

$APEを決済通貨として活用するサービスやプロジェクトも今後は多く出てきそうなので、こちらの進捗も注目しておきましょう。

ApeCoin(APE)の買い方

Bybit

ApeCoinはBybitに上場しています。

$APEはその他の取引所にも上場していますが、バイビットではレバレッジが可能となっているので、万が一のショートも活用が可能。

トレードの戦略なども幅広く練ることができるので、ぜひ活用してみて下さい。

次は具体的な購入手順を紹介します。

Exchange – Bybit

Bybit|登録・口座開設のやり方

Bybit公式

購入の手順

$APEの購入手順

  • 国内取引所でBTCを購入

  • Bybitに送金

  • BybitでBTCをUSDTに

  • USDTをAPEにトレード

BybitでAPEのトレードに対応しているのはUSDTのみです。

USDTは国内取引所で扱われていないので、まずはこれらを獲得するために国内取引所でBTCなどの通貨を購入し、BybitでUSDTと交換を行いましょう。

あとはこのUSDTを使って$APEの購入を行えばOKです。

コインチェック 取引画面

国内取引所はコインチェックがBTCのユーザー間取引ができます。

ユーザー間での取引であれば手数料も安く済むので、無駄な費用をかけずにBTCを獲得することが可能です。またコインチェックは取引フォームもわかりやすいのでおすすめ。

基本的に迷わず仮想通貨を購入できるのでチェックしてみましょう。

細かい登録方法や送金のやり方などは下記でまとめています。

Exchange – Coincheck

コインチェック|取引所の登録方法を解説

Coincheck公式

バイビット トレード画面

あとはこのBTCをバイビットに送金してトレードです。

バイビットの現物取引からBTC/USDTのペアを選択して、売りの注文を出すことでUSDTに交換することができるので、こちらも行って原資を獲得しましょう。

あとはこの資金で$APEを購入すればOKです。

APE トレード画面

USDTを保有していれば、あとは買いの注文でAPEを買うことができます。

これでAPEを保有することができるので、今後関連サービスで活用したいという方やAPEに投資を行ってみたいという方は、こちらも実行してみて下さい。

詳しい買い方は下記でも紹介しています。

Exchange – Bybit

Apecoin|仮想通貨の買い方をかんたん解説

Bybit公式

まとめ

まとめ

ApeCoin($APE)の紹介でした。

エアドロップ時は話題のトークンとして需要が高まりましたが、ApeCoinDAOの内容などを見ても、長期的に需要が高まってきそうな内容となっています。

BAYC関連のトークンというだけでなく、この辺りの動向を見ておくのも大事。

またスヌープドッグのようにApeCoinのユーティリティをつけるセレブも出てくる可能性はあるので、どのようにDAOが変化してくかというのも注目です。

コレクティブルNFTプロジェクトから、このようなガバナンストークンが発行されたのは初めての出来事なので今後の進展も楽しみにしておきましょう。

トークンを購入したい方は、ぜひバイビットもチェックしてみて下さい。

Exchange – Bybit

Apecoin|仮想通貨の買い方をかんたん解説

Bybit公式

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所
仮想通貨取引所ランキング

記事一覧