ツイート

Intella X|Polygonを活用するWeb3ゲームプラットフォームの概要

Polygonを活用するゲームプラットフォーム「Intella X」の概要解説。ブロックチェーンゲームの開発だけでなく、DEXやウォレット、NFTマーケットなど包括的なサービスを提供する予定となっているので注目です。

Intella Xとは

Intella XはPolygonを活用するゲームプラットフォーム。

韓国大手ゲーム会社「NEOWIZ」の元メンバーが立ち上げを行い、本格的なWeb3ゲームの実装を目指すと共にWeb2ユーザーも快適に遊べる環境を提供しようとしています。

  • ウォレットからNFTマーケットまで実装
  • クオリティの高いゲーム作成
  • ユーザーに収益の還元
  • 将来的にはマルチチェーン対応も

このプラットフォームは、すでにいくつかのゲームを開発中。

過去に人気を博したIPを活用したものや、既存のゲーム会社の知見を活かしたクオリティの高いゲームまでかなり面白いものが出てきそうです。

さらには大手との提携なども豊富で今後の躍進には注目。

そこで今回はこのIntella Xの概要を紹介します。

Intella X公式

特徴

まずこのプラットフォームの特徴は以下です。

  • 包括的な機能を提供
  • ガス代支払いのオプション
  • 多彩なジャンルのゲームを開発
  • プラットフォーム収益を還元
  • NFTのマルチチェーンサポート

基本的なゲームプラットフォームの特徴は網羅している印象。

ただ中には独自性のあるアプローチも取ろうとしているものもあるので、これらの内容もそれぞれ解説を行っていきます。

包括的な機能を提供

提供サービス一覧

まず1つ目は包括的な機能(サービス)を提供すること。

  • ウォレット
  • 分散型取引所(DEX)
  • NFTマーケットプレイス
  • ローンチパッド

ゲーム開発以外には上記が加わる予定です。

これらの機能を実装することで、独自のエコシステムを構築することが可能ですし、開発者にとってもNFTの販売からゲームリリースまで一括で行えるので便利。

かなり利便性の高いプラットフォームになっていると言えるでしょう。

ガス代支払いのオプション

メタトランザクション

次は珍しい特徴です。

このプラットフォームはPolygonを活用するので、基本的にガス代としてMATICが必要になりますが、ユーザーはMATIC以外でもガス代の支払いが可能になります。

  • ユーザーの選択肢(例)
  • MATICで支払い
  • その他通貨で支払い

各プラットフォームでガス代のためにネイティブ通貨を入手するのは困難…。

そのため、このプラットフォームでは、ユーザーが自分の保有する通貨でガス代を支払えるようにし、参加ハードルを低くしていくとのこと。

この取り組みも興味深いので上手く機能するか注目です。

多彩なジャンルのゲームを開発

このプラットフォームでは、すでにいくつかのゲームを開発中です。

  • MMORPG
  • FPS・TPS(シューティング)
  • ストラテジー
  • スポーツ
  • 箱庭系
  • ギャンブル関連

このように多彩なジャンルを取り扱うものとなっています。

もちろん今後提携が増えれば、これ以上のジャンルのゲームが登場するはずなので、今後このプラットフォームがどのように成長するかも楽しみにしておきましょう。

プラットフォーム収益を還元

収益還元

プラットフォームはエコシステム全体に還元されます。

開発者やユーザーからのプラットフォーム収益は、Intella Xのトレジャリーに入るものとなっており、最終的にはユーザーやエコシステムに還元される予定。

  • ユーザーへの報酬
  • ステーキングや流動性提供
  • ファンド資金での活用
  • 新たな開発など支援

具体的な明示はないですが、図の限りではこのように想定しているようです。

この収益のサイクルも上手く軌道に乗れば、ゲーム開発やユーザーの参入が活性化しそうなので、このような部分にも期待しておくといいと思います。

NFTのマルチチェーンサポート

マルチチェーンサポート

Intella Xはマルチチェーンのサポートを行う予定。

現状はPolygonとETHの予定ですが、今後プラットフォームの開発が進めば、その他のチェーンのアセットなども取り扱う可能性があるので注目しておきましょう。

もちろん色々なチェーンに対応してもガス代の支払いは楽。

多くのチェーンへの対応も見据えた展開を想定しているようなソリューションを提供しようとしていることも見受けられるので、今後の展開にも注目です。

提供ゲーム

提供ゲーム一覧

現状はすでに10近くのゲームを開発中。

  • House of Poker
  • ポーカーを楽しむゲーム
  • A.V.A
  • 本格的なFPS
  • Brave Nine
  • ストラテジーRPG
  • Crypto Golf Impact
  • 対戦型ゴルフゲーム
  • EOS GOLD
  • 本格的なMMORPG
  • Cats&Soup
  • 累計3,000万ダウンロードの箱庭ゲーム
  • その他
  • 派生ゲームやSNSの活用も

現在はこれらの公式ページも一部のみ公開。

ただ2023年からこれらの開発も本格的に進むものとなっているので、今後はこのIntella Xから面白いゲームが多く登場することに期待しておきましょう。

もちろんこの中にはアプリ対応になるものも多いはず。

そのため多くのユーザーが遊びやすい環境が整えられそうなので期待です。

トークンについて

IXトークン

Intella XではIXトークンが実装されます。

またこのトークンの他に各ゲームでのトークンが作りあげられ、それぞれのゲーム内で活用を行っていくイメージを持ってもらえればいいでしょう。

このトークンの獲得方法としては、現状以下を想定。

  • ゲームプレイ
  • 流動性提供

もちろん今後はその他の獲得方法が出てくる可能性もあります。

使い道としては、まだ未公開ですがNFTマーケットでの支払いなどに活用できることが想定されるので、こちらも覚えておくといいと思います。

資金調達も完了

Intella Xはすでに1,200万ドル(約15億円)資金調達も完了しています。

  • Polygon
  • Animoca Brands
  • Magic Eden
  • Big Brain Holdings
  • Com2uS
  • Planetarium
  • WEMIX

世界的に見てもWeb3の最前線にいる企業が多いことも目を引きます。

VCだけでなく開発やNFTマーケット、既存の大手ゲーム会社など幅広い企業から注目を集めているので、今後のコラボ含め次の動きを楽しみにしておきましょう。

ロードマップ

ロードマップ

現在Intella Xのロードマップは公開されていません。

ただAMAの中での回答としては、すでに主なツールはリリースの最終段階に来ており、これに合わせてゲームの開発も進行しているようです。

まず第一のリリースはウォレットを予定。

このウォレットを活用することで、ユーザーはトークンのスワップや流動性提供などが行えるようになるので、こちらも楽しみにしておくといいでしょう。

また具体的な発表も色々と控えているはずなので、今後の動向には注目です。

公式ツイッター

まとめ

まとめ

Intella Xのプラットフォーム概要を解説しました。

Web2ゲームでの知見を活かすだけでなくパートナーにはブロックチェーン関連のスペシャリストも多いので、今後このプラットフォームは注目して損はなさそう。

独自のサービス提供も面白いものがあるので注目です。

もちろん提供されるゲームのクオリティも楽しみなものとなっているので、今後Intella Xから発信される情報には注目しておくといいと思います。

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所を比較
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所
仮想通貨取引所ランキング

記事一覧