dApps Market > other > ファントムウォレット|初期設定のやり方と入金・出金の使い方
ファントムウォレット|初期設定のやり方と入金・出金の使い方

ファントムウォレット|初期設定のやり方と入金・出金の使い方

Solana(ソラナ)対応のウォレットであるファントムウォレット(Phantom Wallet)の始め方と使い方を紹介。入出金以外の操作方法も掲載しています。

Solana対応のウォレット

Solanaブロックチェーンに対応しているファントムウォレット。

こちらはNFTの保管なども可能となっており、これからSolanaチェーン上で展開されるDappsにも活用できるので、こちらの使い方も覚えておくといいでしょう。

メタマスクに似た使い勝手になっているので、操作も簡単。

これから活用が増えそうなので、今回はこの導入と使い方を紹介します。

初期設定:始め方

拡張機能の追加画面

このファントムウォレットはクロームの拡張機能(PC専用)です。

なのでまずはこちらをクロームに追加する必要があります。

追加は以下のリンクから行えるようになっているので、ファントムウォレットをPCの中に入れておきましょう。追加のボタンを押せばそのまま設定画面が開きます。

拡張機能を追加

ウォレットの作成

ウォレット作成画面

拡張機能を追加すると、上記のような設定画面が開きます。

ここで新規のウォレット作成 or アカウントがある場合はインポートとなるので、自身の状況に合わせて選択を行ってください。

今回は新規の作成(Create New Wallet)で説明を続けます。

リカバリーフレーズ

※画像はイメージです

ウォレットの新規作成を行うとリカバリーフレーズが表示されます。

このリカバリーフレーズは、万が一ウォレットがなくなってしまった場合などにそのウォレットを復元させるためのパスワードと覚えておけばOK。

なので、こちらは厳重にメモを取って保管しておきましょう。

またこちらのワードを他人に知られてしまうとその人に勝手にウォレットを復元され、資産を抜き取られる可能性があるのでこちらも注意しておきましょう。

パスワード設定画面

次はパスワードの設定です。

  • 任意のパスワード
  • 確認用で同じもの

この2つを入力して、規約にチェックを入れてSaveを押してください。

その後に、ショートカットの設定(Alt+Shift+P)が出てきますが、こちらはそのまま次に進んで(Continueを押して)大丈夫です。

これでクロームの拡張機能にウォレットが追加されました。

秘密鍵の保存も

秘密鍵の表示

ウォレットの作成後は、秘密鍵の保存も行ってください。

この秘密鍵はリカバリフレーズと同様にウォレットの復元や、その他のSolanaのウォレットに同じアカウントをインポートするときに利用します。

なので、こちらも絶対に他人に見られないよう保存。

やり方としては以下の手順で行います。

  • 歯車アイコンを選択
  • Export Private Keyを選択
  • パスワード入力
  • 秘密鍵を保存

この流れなので、リカバリーフレーズと同じく厳重に保管しておいてください。

ウォレットの使い方

ウォレットの使い方は簡単です。

こちらは下部に色々なメニューがあるので、そちらに沿って解説します。

  • コイン:入金・出金
  • 四角:NFTの閲覧
  • 矢印:スワップ機能
  • 雷マーク:履歴
  • 歯車:設定

各アイコンとその内容は上記の通りです。

入金・出金

ウォレット画面

コインのアイコンは入金や出金が行えます。

  • Receive(入金)
  • Send(送金)

このようになっているので、自分の行うものに合わせて選択してください。

また複数の通貨を保有している場合は、その通貨の項目を選択すると同じメニューが出るので、そちらから操作を行いましょう。

では具体的な操作方法を紹介します。

入金方法

入金の手順

入金はReceiveを選択して行います。

その後、入金する通貨を選択すると対応するウォレットアドレスが表示されるので、QRコードを読み取るかアドレスをコピーして活用しましょう。

※Solana以外の通貨も検索で出せます

あとは送金元の情報入力欄にアドレスを貼って送信すればOKです。

出金・送金方法

出金画面 送金画面

出金はSendを選択して行います。

Sendを選択した後は保有している通貨の一覧が出てくるので、送金を行いたいものを選択して、送金申請の画面に移動しましょう。

あとは簡単な入力を行うだけです。

送金情報の入力画面

入力する項目は以下の2点。

  • 送付先のアドレス
  • 送金額

こちらを入力してNEXTを押してください。

すると確認画面が出てくるので、送付先や金額の入力ミスがないかを確認し、問題がなければSendのボタンを押して送金の申請を行って完了です。

送付先をミスすると、資金を失う可能性があるので見直しは行いましょう。

NFTの閲覧

NFTの閲覧画面

四角のアイコンはNFTの閲覧や送付が行えます。

こちらを選択することで、このウォレット内にあるNFTの一覧が表示されるようになっているので、自身のコレクションを確認したい場合は見てみるといいでしょう。

またこのNFTは送付することもできます。

こちらは出金と変わらない手順で送付することが可能です。

スワップ機能

スワップ画面 Swap画面

スワップとは”仮想通貨の交換機能”と思ってもらって大丈夫です。

ファントムウォレットでは対応通貨であればウォレット内でスワップが出来るようになっているので、手軽に仮想通貨の交換を行うことができます。

こちらは交換枚数を入力するだけ。

あとは交換レートなどが勝手に計算されるので、問題がなければSwapのボタンを押して通貨同士の交換を行えば大丈夫です。

こちらも便利な機能なので、ぜひ試してみて下さい。

履歴

トランザクション履歴の画面

入金や送金の履歴が確認できるようになっています。

またそれぞれの履歴をクリックすることで、Ethscanのようなエクスプローラーの詳細情報も確認できるようになっているので見ておくといいでしょう。

こちらも状況に合わせて活用してみて下さい。

設定

設定画面

設定ではウォレットの色々なものを登録・変更などできます。

  • ウォレット名変更
  • 送付先アドレスの登録
  • パスワードの変更
  • 秘密鍵の表示
  • リカバリーフレーズの表示

重要な情報の閲覧もこちらで可能です。

こちらもちょこちょこ使う機能なので覚えておくといいでしょう。

インポート方法

複数アカウント切り替え

最後にウォレットのインポート方法について解説します。

このインポートとは別のSolana対応ウォレットを利用していた場合に、ファントムウォレットにも同じアカウントを同期させ使用できるようにするもの。

ウォレットごとの管理が面倒という方は覚えておきましょう。

インポート手順

このインポート方法は簡単です。

上部のΞのメニューを開くと、Add/Connect Walletという項目があるので、こちらを選択してアカウントのインポートを行ってきます。

※ここで新規作成も可能です

秘密鍵の入力欄

あとはImport private keyを選択して、秘密鍵を入力するだけ。

秘密鍵は初期設定でもいったように、こういった使い方が出来るので、厳重に自分だけが確認できる状態で保管を行っておきましょう。

最後にImportのボタンを押せば、そのアカウントを同期させることができます。

こちらも重要な機能なので、やり方は覚えておいてください。

まとめ

まとめ

Solanaブロックチェーンに対応しているファントムウォレットの解説でした。

初期設定から使い方まで難しい操作などは一切ないので、初めての方でも触りやすいウォレットになっているのではないでしょうか?

特にメタマスクに近いUIなので、慣れている方はすぐに使えるはず。

これからSolana関連のプロジェクトもどんどん出てくると思うので、こういったプレジェクトも触ってみたいという方は、このウォレットも準備しておきましょう。

Phantom Wallet

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所

記事一覧