Opensea オープンシー企業情報

世界最大のNFTマーケットプレイス「オープンシー」の登録方法からアイテムの売買・発行方法などあらゆる情報をまとめています。

  • ご利用ガイド
  • 仮想通貨を取扱う前の注意点

基本情報

Opensea オープンシーOpenseaとは?

Opensea オープンシー特徴

Opensea オープンシー掲載・取り扱いNFT

利用ガイド

Opensea オープンシー登録・アカウント作成

始め方イメージ

まずオープンシーを利用するための手順を紹介します。

複雑な準備などなく、用意さえしてしまえば誰でも簡単に利用できるようになっているのでご参考ください。

  • STEP1

    登録・アカウント作成

  • STEP2

    オープンシーにアクセス

  • STEP3

    ウォレットの選択

Opensea オープンシーNFTの購入方法

購入イメージ

NFTの購入・買い方

次はオープンシーを利用してNFTを購入する手順を紹介します。

ウォレットの使い方さえ覚えてしまえば、普段のネットショッピングのように簡単な操作でNFTを購入することができるので覚えておきましょう。

  • STEP1

    欲しいNFTを検索

  • STEP2

    購入するNFTを決定

  • STEP3

    支払いの申請

Opensea オープンシーNFTの出品方法・売り方

出品イメージ

NFTの売却方法

オープンシーでは、自身の保有するNFTも出品・売却することもできます。

今までに購入したアセットを手放すときや、ゲームのイベント等で獲得したものの使わないと判断した場合は、売却を行って次に充てる費用にしましょう。

この手順も簡単なので解説を行っていきます。

  • STEP1

    売却するNFTを選択

  • STEP2

    販売の詳細内容を設定

  • STEP3

    出品の申請

Opensea オープンシーNFTの作成方法

作成イメージ

NFTの作り方

アーティストの方などは、NFTの作成方法にも注目。

オープンシーでは簡単な手順でNFT(アートや音楽)を作成することができるようになっているので、興味がある方はチャレンジしてみて下さい。

  • STEP1

    NFTにするデータの用意

  • STEP2

    画像のアップロード

  • STEP3

    NFTの発行確定

Opensea オープンシーその他機能を解説

口コミ・評判

Opensea オープンシーユーザー評判・口コミ

ユーザー評判・口コミ

  • @futa_hii

    ふたひい新聞@仮想通貨・時事をわかりやすく

    だからと言って日本のサービスで自作NFTを出品しようとすると承認が必要で面倒。

    ということで、私は今まで通り
    主力『OpenSea』
    サブ『Ralible』
    で行きます。

    一度使い方を覚えてしまえば、これらの方が自由度が高くて使いやすいです😌

    午後4:31 · 2021年6月5日·Twitter Web App

  • @CryptoB0ne

    B0NE

    Openseaのプライベートセールはお互い安全に取引できてめっちゃ便利なので、みんなもどんどん取引しよう😊

    売買手数料が無料に!Openseaのプライベートセールのやり方
    https://dappsmarket.net/opensea/privatesale-howtouse/

    午前6:46 · 2019年9月18日·Twitter Web App

  • @Cryp_Jake

    Jake≪漢≫(ပωပ)

    よし。できた。Chocofactoryは細かく1アイテムずつ発行するのは向かない感じかな・・・?

    OpenSeaがやっぱり一番使いやすいかも。初回は売り出すときにGASかかるけど、2回目以降はそのままGAS無しでいけるのかこれ。

    午前0:41 · 2021年3月28日·Twitter Web App

  • @ookimaki_jp

    オオキマキ@バーチャル開発者

    openseaはNFT売買できることはもちろんだけど、NFTExplorer的な役割を果たしてるのが素晴らしいと思う。

    めちゃくちゃ便利なAPIも提供してくれてるし。

    午前0:05 · 2021年2月6日·Twitter for iPhone

  • @yuzuppy1

    yuzuppy

    OpenSeaで単品出品とバンドル出品のプライベートセールをどちらも初体験!

    大きな問題もなく取引完了できて良かった😊
    これ、いろんなアセットのお試しが可能になるので楽しいですね!
    ハマりそう😅(買い手がつく間は)

    午前9:23 · 2019年10月26日·Twitter for iPhone

  • @ookimaki_jp

    オオキマキ@バーチャル開発者

    openseaの購入者のみアクセスできる機能便利そう

    午前2:33 · 2021年3月30日·Twitter Web App

Opensea オープンシー当メディア評価

ロードマップ・提携

Opensea オープンシーロードマップ

ロードマップ

オープンシーのロードマップは公開されていません。

ただ現状の動きをみると、ETHチェーンだけでなくMaticやKlaytnのブロックチェーンにも対応しているので、その他のチェーンの対応も検討しているでしょう。

もちろん扱うNFTのジャンルやタイトルも、どんどん増えてくると思います。

多額の資金調達も行っていますし、今後の展開には注目です。

Opensea オープンシー提携先・投資家

提携先・投資家

オープンシーの提携先の情報です。

代表的なものを記載しているので、こちらもご確認ください。

a16z

a16z(Andreessen Horowitz)は、米国を代表するVCです。

設立は2009年となり、Facebook・Slack・Airbnb・GitHubなど多くのスタートアップを支援した実績も持っています。

近年は仮想通貨市場にも積極的に投資を行っています。

a16z公式

coinbase

コインベースは米国最大の仮想通貨取引所。

仮想通貨取引所としては、初のナスダック上場など非常に信頼性も高いです。

また2021年には日本の金融庁のライセンスも取得するなど世界的な活動を行っており、今後の展開にも注目が集まっている取引所の1つと言えます。

coinbase公式

Y Combinator

主にスタートアップに出資を行うY Combinator。

2005年以来、3000を超える企業に出資を行った実績もあります。

その中には米国最大の取引所であるcoinbaseなども含まれており、仮想通貨の分野においても積極的に投資を行っている団体の1つです。

Y Combinator公式

Trust Wallet

Trust Walletは、ETH系のウォレット開発を行っています。

実はこのトラストウォレットは、バイナンスが買収した企業の1つでもあるので、今後の事業展開などにおいても深くかかわってくる可能性があります。

こちらも世界的に有名なサービスで信頼性は抜群です。

Trust Wallet公式

DapperLabs

NFTの生みの親とも言える企業がDapperLabsです。

こちらはクリプトキティの開発や、Flowブロックチェーンを作った企業となっており、あらゆるNFTについての知見があるのでOpenseaとの相性もバッチリ。

今後はさらに多くのサービスも展開するはずなので注目です。

DapperLabs公式

Quantstamp

Quantstampはスマートコントラクトのセキュリティ監査を行います。

世界5拠点を中心とし、200企業以上のパートナーシップも結んでいるので、実績と信頼性が非常に高い企業ということが分かります。

スマートコントラクトの監査はココ!

そういわれる程の企業なので覚えておきましょう。

Quantstamp公式

FOUNDERS FUND

米国TOPのVCとも言われるファウンダーズファンド。

PayPalの創業者であるピーターティール氏が創業し、これまでにFacebookやSpotifyといった世界的な企業にも出資した実績もあります。

ここに投資されることはかなり名誉なこと。

それだけOpenseaが注目されえているということが分かります。

FOUNDERS FUND公式

Blockchain Capital

Blockchain Capitalは5億ドル以上の資産運用を行う企業。

こちらはすでに100以上の企業にも出資を行っており、ノウハウの共有などを行っているよう。5つのファンドの運用も行い、投資先の実績も豊富です。

最終的にはプロジェクトの運用サポートも行うようになっているので、今後Openseaもこの企業や繋がりを活かし、面白い展開を行っていくことに期待が持たれます。

Blockchain Capital公式

Opensea オープンシーよくある質問

ツイート 目次