ツイート 目次 目次を閉じる
仮想通貨のレンディングができるおすすめ国内取引所と金利一覧

仮想通貨のレンディングができるおすすめ国内取引所と金利一覧

仮想通貨のレンディング(貸暗号資産)のメリット・デメリットやおすすめの取引所を紹介。各サービスでの金利もまとめたのでご参考に。

初心者は積立投資もおすすめ

仮想通貨の投資を始めるのであれば積立投資もおすすめです。

こちらは数百円の少額で始められる他、自動で購入まで行ってくれるので、積立で築いた資産をレンディングに回すと効率もいいでしょう。

積立投資の詳しい説明やおすすめ取引所は下記をご確認ください。

積立投資の基礎知識とおすすめの取引所3選

手軽にできる稼ぎ方

仮想通貨のレンディングは、誰でも仮想通貨の枚数を増やせる方法です。

具体的には取引所を経由して仮想通貨を貸し出すことで、これに対する金利を獲得できるものとなっており、今非常に注目されている投資法の1つとなっています。

もちろんやることは貸し出しのみなので、複雑な知識は不要。

そこでここでは仮想通貨のレンディングのメリット・デメリットと国内の仮想通貨取引所でレンディングサービスを取り扱う業者の情報を掲載していきます。

メリット

まずはメリットについて見ていきましょう。

主なメリットとしては以下があげられます。

  • 知識がほとんど不要
  • 確実に保有枚数が増える
  • 銀行よりも高利率
  • 持ち逃げのリスクが限定的

ではそれぞれの内容を掘り下げて解説します。

知識がほとんど不要

意識不要 イメージ

基本的に多くの知識は必要ないので誰でも簡単に利用できます。

知っておいた方がいいこととしては、レンディングを行うときのリスクとその契約内容(資金ロック期間がどうなっているのかなど)を把握しておけばOK。

トレードのようにチャートがこういう流れだから今後は…

このような複雑な知識は必要ありません。

そういった意味でも初心者が試しやすい投資法なので、非常におすすめです。

確実に保有枚数が増える

利息 イメージ

レンディングは確実に金利を得ることができます。

そのため預け入れ時よりも返却時は仮想通貨の保有枚数は確実に増えているので、トレードなどに自身のない方も安全に資産運用を行うことができるでしょう。

もちろん通貨の価格変動リスクはありますが、枚数を増やすといった意味では優秀です。

銀行よりも高利率

レンディング 金利

仮想通貨のレンディングは銀行においておくよりも高金利です。

例として

  • 銀行(普通預金)=約0.001%~0.2%
  • 仮想通貨レンディング=約1%~5%

これを見るだけでも金利の差は明らかですね。

眠っている資金を同じ放置で効率よく稼ぎたいというのであれば、この仮想通貨レディングの方が圧倒的なので、現状はこちらの投資法も注目されています。

持ち逃げのリスクが限定的

持ち逃げイメージ

仮想通貨のレンティングは取引所を介すので、持ち逃げのリスクも少ないです。

個人間のお金の貸し借りであれば、資金を持ち逃げされるリスクも大きく伴うのですが、取引所経由であればこの点も安心できます。

安全に資産運用ができると言うのも大きなメリットです。

デメリット

次はデメリットについて見ていきましょう。

  • 貸出中の価格変動リスク
  • 取引所の破綻のリスク
  • 利用期間が限定的

このリスクを知っておかないと後々不本意な結果を招く可能性があるので、どのようなリスクがあるかしっかり把握してサービスを利用するようにしてください。

ではこちらもそれぞれ解説します。

貸出中の価格変動リスク

価格変動のリスク

一番知っておく必要があるのは、価格変動のリスクです。

例えば1BTCが500万円の時に、1BTCの貸出を行い最終的に1.1BTCで返ってきたとします。

しかし返ってきたタイミングでBTCが下がっていれば…

仮に1BTC=400万円になるとすると、440万円が返ってきた金額となり60万円が損になるという計算になります。

これが価格変動のリスクです。

もちろん仮想通貨の保有枚数を増やすことだけを考えるのであれば大丈夫ですが、こういった円ベースでの損益の考えも覚えておきましょう。

取引所の破綻のリスク

取引所の破綻 イメージ

取引所破綻のリスクも忘れてはいけません。

こう言ったことは考えにくいですが、もし取引所が破綻してしまった場合は、預けた資金ごと失う可能性があるということも頭に入れておく必要はあります。

ただ現状は取引所の運営には大手企業が絡むことがほとんど。

もちろんこのような企業は潤沢な資金を保有しているので、取引所の破綻も考えにくいですし、ユーザー保護の観点から補填もあり得るでしょう。

ただこういったリスクも0でないことは忘れないでください。

利用期間が限定的

利用期間選択画面

基本的に国内のレンティングサービスは利用期間が限定的です。

  • 1ヶ月
  • 3ヶ月
  • 6ヶ月
  • 1年

パターンはさまざまですが、運用期間が長期的でないことは理解しておく必要があります。(延長の場合は再度申請が必要)

また常に貸し出しは募集しているわけではありません。

そのため利用しようと思っても即座に申請することができない可能性もあるので、レンティングを行なってみたいという方は定期的にチェックしておきましょう。

海外のレンティングサービスなどであれば、基本すぐに利用できます。

こちらについては下記でまとめているので、合わせて確認してしてみてください。

Check:放置で仮想通貨を獲得!ByFiセンターのサービス内容

おすすめの取引所

では実際にレンディングサービスのあるおすすめの取引所を紹介します。

  • コインチェック
  • ビットポイント
  • GMOコイン
  • ビットバンク

日本国内の取引所では、このようなところが活用可能です。

それぞれで金利なども変わってくるので、こちらもチェックしてみて下さい。

コインチェック

コインチェック ロゴ
サービス概要
金利14日:1%
30日:2%
90日:3%
180日:4%
365日:5%
貸出期間14~365日
対応通貨BTC,ETH,ETC,LSK,FCT,XRP,XEM,LTC,BCH,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG,PLT

※2021/12/08現在

コインチェックでは最大年利5%と豊富な取り扱い通貨が魅力。

こちらは仮想通貨を預ける期間によって金利が変化するようになっているので、最大の金利を得たいというのであれば、長期で資金を預けるようにしましょう。

ただ指定した期間内は引き出しができないので価格変動のリスクには注意。

コインチェック 貸暗号資産サービス

それ以外の問題がなければ手軽に申し込みはできますし、年利も十分なものとなっているのでぜひこちらはチェックして利用するか検討してみて下さい。

レンディング利用には登録が必要なので、こちらもご参考に。

Check:コインチェック|登録・口座開設のやり方

コインチェックに登録

ビットポイント

ビットポイント ロゴ
サービス概要
金利3~100%
※通貨・期間で異なる
貸出期間15日~
※募集毎に変更
対応通貨BTC,TRX,XRP,ETH,BCH,LTC,BAT,ADA,JMY,DOT,LNK

※2021/12/08現在

ビットポイントでも簡単にレンディングは可能です。

貸し出し対象通貨の中には短期間の運用にはなりますが、年利が100%になるものもあり、効率よく資産運用を行うことができるようになっています。

ただし注意点としては、貸し出せる通貨が定期的に限定されていること。

貸し出し申し込み画面

対応通貨は豊富ですが、各期間によって貸出が行えるもの・停止中のものなどがあるので、こちらはそれぞれの内容を見てレンディングを行うか判断しましょう。

ただビットポイントにおいては、高金利キャンペーンなどを行うこともあるので、こちらはチェックしておいて損はない取引所の1つとなっています。

Check:ビットポイント|取引所の登録方法を解説

ビットポイントに登録

GMOコイン

GMOコイン ロゴ
サービス概要
金利1ヵ月:1%
3ヵ月:3%
貸出期間1ヵ月~3ヵ月
対応通貨BTC,ETH,ETC,LTC,XRP,XEM,XLM,BAT,OMG,XTZ,QTUM,ENJ,DOT,ATOM,XYM,MONA

※2021/12/08現在

GMOコインは豊富な通貨がレンディング可能です。

ただし運用期間が短いことと金利もそこまで高くはないので、メジャーな通貨ではなく、GMOにしかない通貨を預けて運用するといった使い方になりそうです。

またこちらはシミュレーションが簡単にできるのが便利。

利息シミュレーション

その時点での計算にはなりますが、いくら入りそうか計算できるのはいいですね。

しっかりとした運用の見通しも立てやすいですし、事前にある程度の情報を得ておきたいという方は、このシミュレーションも活用してみるといいと思います。

こちらも事前に取引所の口座開設は必要なので、下記をご参考ください。

Check:GMOコイン|登録・口座開設のやり方まとめ

GMOコインに登録

ビットバンク

ビットバンク ロゴ
サービス概要
金利1~3%
※通貨・預入額で異なる
貸出期間1年間
対応通貨BTC,ETH,LTC,BCH,XLM,QTUM,BAT,OMG,XYM,LINK,XRP,MONA

※2021/12/08現在

ビットバンクもレンディングが行える取引所の1つ。

こちらはすべての運用期間が設定されているので、長期で資産運用を行っていきたい人向けのサービスとなっている印象です。

金利はそこまで高くはないので、こちらは覚えておきましょう。

貸し出し画面

貸出の申請は簡単に行えるようになっています。

初心者でもわかりやすい画面となっているので、簡単にレンディングを始めてみたいという方は、ビットバンクのサービスも1度覗いてみるといいと思います。

取引所の登録方法は、下記でまとめているのでご参考に。

Check:ビットバンク|取引所の登録手順まとめ

ビットバンクに登録

レンディングの登録・始め方

レンディング やり方 手順

今回はコインチェックベースでレンディングの始め方を紹介します。

まずは取引所の口座開設を行い、本人確認まで終了すれば貸暗号資産アカウントにアクセスできるようになるので、こちらにアクセスをしてアカウントに資金を移します。

資金移動は移動後の画面から下にスクロールします。

  • 振替=取引アカウントから資金移動
  • コインを受け取る=外部から入金

この2種類があるので任意の方法でアカウントに資金を移してください。

後は資金移動を行う通貨を選択し、移動額を入力して申請すればOKです。

※口座開設がまだの方は以下をご参考ください

Check:コインチェック|登録・口座開設のやり方

コインチェックに登録

貸出の申請手順

資金移動後は貸し出しの申請を行います。

こちらは上部にある「≡」のメニューよりコインを貸すを選択すれば、レンディングの申請フォームに移動するので、あとは金額と期間を入力して申請しましょう。

申請情報入力画面

申請は以下の手順で行います。

  • 通貨の決定
  • 貸出期間の選択
  • 貸出額の入力
  • 申請ボタンを選択

こちらで申請は完了です。

完了後は貸出申請中に資金が移動しているかを確認してください。

実際の運用はコインチェック側の承認が終わればスタートします。

かなり手軽に保有している資産を運用することができるようになっているので、放置で仮想通貨を置いておくのであれば、このレンディングを利用することをおすすめします。

レンディングをスタート

まとめ

まとめ

仮想通貨のレンディングについてとおすすめの取引所を紹介しました。

レンディングは誰にでもできる簡単な資産運用方法の1つとなっているので、トレードなど難しいことはせず仮想通貨の保有枚数を増やしたいという方にはおすすめです。

各取引所によって金利や期間は異なるので、自分に合ったものを探しましょう。

また最後に紹介したコインチェックであれば、レンディングに必要なビットコインも簡単に入手できるようになっているので、ぜひこちらも利用してみて下さい。

Check:コインチェック|登録・口座開設のやり方

コインチェックに登録

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所

記事一覧