dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > 意外と知られていない?アドレス以外でイーサリアムを送金する方法
意外と知られていない?アドレス以外でイーサリアムを送金する方法

意外と知られていない?アドレス以外でイーサリアムを送金する方法

ウォレットのアドレス以外を使った、イーサリアム(ETH)の送信方法についてまとめています。色々なものがあり便利なのでご確認ください。

仮想通貨の送金方法

ETH 送金方法 アドレス 電話番号 チャット ID

ウォレットのアドレス以外で仮想通貨(ETH)が送金できるって知っていましたか?

仮想通貨の送金方法と言えば、単純にウォレットのアドレスを使用し、長い乱数の序列をコピーして送信と言ったことが主になります。

もちろんQRコードも利用できることも多いので、とてつもなく手間がかかると言うわけではありませんが、アドレスの入力を何かしらの手違いで間違ってしまうと、送金しようとした仮想通貨がGOXと言う危険性もあります。

もちろんアドレス以外の方法でも送り先を間違ってしまうと、資産をGOXする可能性はありますが、アドレスよりも間違えにくい送金方法を知っておくことも大切です。

そこでここでは、ウォレットのアドレスまたはQRコード以外の方法で、イーサリアムを送金する方法を紹介したいと思います。

これらを知っておけば、より手軽にETHのやり取りを行うことができるでしょう。

電話番号で送金

ETH 送金方法 アドレス 電話番号 チャット ID

まずは電話番号を使った送金方法です。

こちらはEth2Phoneと言うサービスを利用します。

この送金方法はブラウザウォレットを使っての送金方法となりますが、もし受け取り側がブラウザウォレットを持っていなくても、通貨を受け取る過程で、インストールするように出来ているので、番号さえ分かっていれば問題ありません。

送金方法も通常のアドレスを使った送金方法とあまり変わらず、アドレスを入力する部分を送金先の相手の電話番号にするだけでOKです。

電話番号が分かれば簡単に送金することが可能なので、「Eth2Phoneを使ったイーサリアムの送金方法」もぜひ覚えてみてください。

手軽に送金出来て、かなり便利な機能です。メインで使用されているトラストウォレットは、バイナンスにも買収されているので、今後取引所からも電話番号を使った送金が行えるようになるかもしれませんね。

チャットで送金

ETH 送金方法 アドレス 電話番号 チャット ID

2つ目はチャットを使った送金方法です。

こちらはToshiからリブランディングを行ったCoinBaseWallet内の機能。

チャットの中にはETHの請求や支払いのシステムが導入されており、メッセージのやり取りをしている相手とであれば、簡単にイーサリアムを送ることができます。

チャットには友達の追加機能などもあるので、登録を行っておくと便利でしょう。この機能はコインベースウォレットを使っているもの同士でしか利用できないため、前提としてこのウォレットを双方がインストールしている必要があります。

ウォレット自体も簡単に作成できるので、興味のある方は是非こちらの送金方法も試してみてください。

コインベースウォレットの作り方や使い方」もまとめているので、こちらを参考にしていただければ、英語が苦手な方でも簡単に扱うことができると思います。

ドメイン形式のものに送金

ETH 送金方法 アドレス 電話番号 チャット ID

こちらは一応アドレスとなってしまいますが、通常のアドレスでなくとメイン形式のアドレスにもETHを送金することが可能です。

ENS(イーサリアムネームサービス)を利用することで、03x64af651d816d5sg6のようなアドレスをdappsmkt.ethのような任意の名称と紐づけることができます。

覚えやすい名前にしておくことで、手打ちでもアドレス入力ができるようになるので、こちらのドメインアドレスも取得しておくと便利でしょう。

アドレスの取得には少々時間がかかります(最短5日ほど)が、アドレスをこのような形式に変換でき、非常に面白いサービスと言えます。

ENSの登録方法や申請手順」も記事でまとめているので、取得を行いたい方は是非こちらも参考にしてみてください。

ツイッターIDで送金

ETH 送金方法 アドレス 電話番号 チャット ID

こちらはETHの送金は未だできませんが、今後に期待して紹介しておきます。

現在イーサリアムのトークン規格である、ERC721(ノンファンジブルトークン)をツイッターIDを使って送信することができます。

つまりは、今後ETHの対応も可能になってくる可能性が高いということが考えられるでしょう。そうなれば、かなり簡単にイーサリアムを送金することができるようになり、より多くの方が仮想通貨を手にする機会が増えてくると思われます。

この技術は、ブロックチェーンゲームの中でも人気のくりぷ豚が開発したものとなっており、今後はその他のSNSツールにおいてもこのような技術を実装できるようにチャレンジしているとのことでした。

トークンの送金だけでなく、通貨の送金が可能になれば仮想通貨への参入障壁となっているウォレットの用意などが手軽に行えるようになるため、この技術にも注目しておいていいでしょう。

この「くりぷトンのツイッターを使った送信技術」についても、やり方や仕組みを簡単にまとめているので、興味のある方はこちらもあわせてご覧ください。

まとめ

まとめ

イーサリアムアドレス以外を使ったETHの送金方法について紹介してきました。

意外と知られていない送金方法などがあったのではないでしょうか。送金技術も簡易化することによって、仮想通貨を手にする層が拡大することは間違いありません。

今後の市場動向を変える動きとして、このような技術革新にも目を向けてみると面白いかもしれませんね。

また送金だけでなく、通貨(ETH)を手に入れる方法も多様化してきており、取引所を介さない方法にも注目が集まっています。

特に「マイイーサウォレットでクレジットカードを利用したETHの購入方法」などは注目を集めているので、興味のある方は合わせてこちらもご覧ください。

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players