dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > VReSとは?「VR×eスポーツ」新ジャンルの仮想通貨プラットフォーム
VReSとは?「VR×eスポーツ」新ジャンルの仮想通貨プラットフォーム

VReSとは?「VR×eスポーツ」新ジャンルの仮想通貨プラットフォーム

VReSの概要について紹介しています。eスポーツ化を目指しているということで、かなり注目度の高いVRプロジェクトとなってくるでしょう。

VReSとは?

VR 仮想通貨 VReS eスポーツ eSports

世界初のVRを利用したeスポーツで使用される分散型プラットフォームを目指しているプロジェクトです。

トークンの使い道はゲーム内対戦だけではなく、トーナメントの参加や対戦の視聴、選手へのチップなどの活用も可能になるとのこと。

このプラットフォームを利用してeスポーツの普及と選手のサポートを行うことが可能になりそうです。

トークンのメインセールはすぐに販売が終了されるため、いよいよ本格的な活動が開始されることが予想されます。

VRを使ったゲームは、これから注目していくべきジャンルなので、このVReSにも注目をしておきたいと思います。

VReSの利用方法は?

VReSのトークンの利用方法は現段階で以下の通りの構想となっています。

  • プレイヤーの参加費(勝利で配当)
  • ユーザーのベットに使用
  • バトルの視聴
  • プレイヤーへのチップ

このような形になりそうですね。少し簡単に見ていきましょう。

プレイヤーの参加費

VR 仮想通貨 VReS eスポーツ eSports

これは一番想像しやすいですね。プレイヤーが参加費を払って勝敗によってトークンを奪い合うみたいな形が一番現実的かと思います。

またeスポーツのような大会の場合はチームのエントリーフィーをVReSで集め、トーナメントの上位チームにこれらのトークンが配られていくことが想像できます。

ユーザーのベットに使用

VR 仮想通貨 VReS eスポーツ eSports

ゲーム自体に参加しないユーザーも勝敗の予想によってVReSをベットすることができます。ブックメーカーのような仕組みですね。

このベットについては日本での規制がどうなるのかまだはっきりとはわかっていないので、参加される場合は自己責任でお願いします。

しかしこのようなベッティングが出来るプラットフォームが今、市場でも盛り上がっていることは間違いありません。

ブロックチェーンを利用することによって、不正や仲介がない取引ができるということで、このような使い方と仮想通貨は非常に相性がいいと言えます。

バトルの視聴

VR 仮想通貨 VReS eスポーツ eSports

配信されるバトルの視聴を行うのにもこのトークンを使用する予定となっています。この市場を独占するようなプラットフォームになってくるかもしれません。

こちらについては、今やトークンのERC規格によっては、簡単に月額請求も可能なものがあるので、相性が良さそうです。

この支払については、まだどのような方式の課金体系化は決まっていないので何とも言えませんが、複雑な支払い体系にはならず、トークンを持っていれば、誰でも簡単に支払いを行えるような仕組みとなるでしょう。

プレイヤーへのチップ

VR 仮想通貨 VReS eスポーツ eSports

ここがかなり重要な点だと思います。

これまでのeスポーツプレイヤーは実際世界のトップランカーいならないとお金を稼げていないということが現実です。

これでは実績のない新たなプレイヤー層は、バイトや仕事を別で行いながらゲームの練習をしなくてはいけない状況というのがほとんどでしょう。

そこで視聴を行っているユーザーがチップという形で応援しているプレイヤーに寄付を行います。そうすることで今まで以上のプレイヤーが、ゲームを本職にし生活が出来るようになる可能性があります。

ゲームに集中する環境が出来ることで、プレイヤーはよりレベルの高いところが目指せるようになりますし、見ている側もより一層応援している選手のことを本気でサポートするといういい循環が広がると思います。

一般ユーザーもゲーム体験可能

VR 仮想通貨 VReS eスポーツ eSports

実は7月に行われたトークンスカイにもVReSは出店されていました。

こちらはアーケードゲームのような形で、すでにアジア各国3000店舗ほどに設置がしてあるようです。

話を伺ったところ、日本でもすでに30店舗くらい設置しているようなので、近くのゲームセンターやショッピングモールで目にしたときはチャレンジしてみてください。

かなり本格的なところはこのような感じで設置してあるのだそうです。ゲームの種類はバイクゲームだけではなく、バイオハザードのようなゾンビを撃って倒していくゲームなどもあるようです。

種類は豊富なので、色々なジャンルのゲームが楽しめるでしょう。

また先ほどのeスポーツも、このようなゲームから出てくるのでしょうね。

これはシューティングゲームのプレイ中の様子です。

VRなのでプレイヤーはかなりの臨場感の中プレイを行っているのでしょう。これは本当にドキドキしそう。。。

実際にダプマもオキュラスを買ってVRについても触りだしましたが、これ本当にすごいですね。

臨場感というか今までに見たことのない世界が広がってるというか…。おそらくこれは体験しないと分からないかもしれません。

ぜひ機会があれば、ゲームセンターでも体験できるところは増えてきているようなので、チャレンジしてみてください。

まとめ

まとめ

今回はVReSについてのプロジェクト内容を簡単にまとめました。

eスポーツも最近テレビで話題ですし、VRも徐々に認知が広がっています。さらにそこにトークンが掛け合わさることで、かなり未来的な展開が待っていそうですね。

同じVR系のプロジェクトとしてはディセントラランドがかなり有名ですが、これらのプロジェクトは若干方向性というかターゲットも変わってきそうですね。

VRプロジェクトも今後、今以上に増えてくると思われる市場なので、このようなものは是非チェックしておきましょう。

ディセントラランドについては、「Decentralandのおすすめポイント」で簡単な概要などを紹介しているので、ぜひ違いなどを見比べてみてください。

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players