dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > トークンエコノミーとは?仮想通貨ゲームが実現する新たな経済について
トークンエコノミーとは?仮想通貨ゲームが実現する新たな経済について

トークンエコノミーとは?仮想通貨ゲームが実現する新たな経済について

トークンエコノミーとは何か。メリット・デメリットをはじめ、トークンエコノミーを実現しようとしているDappsの話題について触れています。

内容は簡単に説明します。

タイトルが難しい感じになってしまいましたが、内容は簡単に理解できるようにまとめていきます。

トークンエコノミーとは

トークンエコノミー 仮想通貨 経済 Dapps お金 仮想通貨ゲーム ブロックチェーンゲーム

トークンエコノミーとは、紙幣の代わりに仮想通貨を利用した経済圏のことです。仮想通貨以外のジャンルでも利用されることがあるようなのですが、また少しニュアンスが変わってくるので、そちらについては省略します。

仮想通貨でのトークンエコノミーの場合は理解が簡単です。

少し大きな規模の例をあげると

A企業がICOを実施

多くの人がETHでトークンを購入

A企業のプロジェクトローンチ

トークンが使用可能になる(モノが買えるなど)

結果プロジェクト内ではトークンとETHのやり取りで成り立つ

このようなイメージでしょうか。

単純に法定通貨の代わりに仮想通貨を使い、モノが買えたりサービスを利用できたりと考えるだけでもいいでしょう。

エコノミー=法定通貨の経済
トークンエコノミー=トークンで成り立つ経済

ということも出来ますね。

メリット・デメリット

トークンエコノミーのメリット・デメリットについて、現在の法定通貨を使った経済と比べ、どのようなものがあるのかを考えてみました。

色々調べてみましたが、メリットのところに誰でも資金調達ができる!など少し違和感を覚えたものも多かったので、別のメリット等について記載していきます。

メリット

先ほど言ったように誰でも資金調達が簡単にできるようになった。

これは間違いではありません。ICOやIGOなど、意志さえあれば個人でも資金調達を行う事が可能です。

しかしこのような方法はクラウドファンディングを利用すれば、法定通貨でも行えるのが現状です。よって少し違和感を覚えました。ダプマが考えたのはこうです。

通貨の隔たりがなくなる

ダプマ自身が感じたトークンエコノミーの大きなメリットとしては、通貨の隔たりがなくなるということではないでしょうか。

現状、ドルで販売されているモノを日本円で買うことは出来ません。もちろん両替を行えばいいだけなのですが、手間や時間がかかります。

しかし仮想通貨であれば、通貨の交換を行うとしても、携帯でポチポチするだけで時間もそこまでかかりません。また24時間対応できるということも上げられます。

法定通貨に比べると圧倒的に楽なんです。

仮想通貨はある意味、世界共通の通貨としての機能が徐々に発揮しつつあります。特にDappsや仮想通貨ゲームを触っている人は、実感しているのではないでしょうか。

これらは、1つのプラットフォーム(例えば1つのゲーム)で世界中の人々が利用をしています。特に仮想通貨ゲームではゲームアイテムなどのユーザー間売買も行われており、国などが関係することなく資金のやり取りを行うことが可能です。

このような点で法定通貨とは違い、通貨の隔たりがなくなっていると言える部分だと思います。

送金も楽で速い

もうメリットデメリットについて何となくわかった方もいるかとは思いますが、要するに仮想通貨のものが、そのまま該当します。

もちろん送金についても例外ではないです。

国を跨いでの送金も、法定通貨に比べるとかなりスピーディで楽です。早いもので数十秒で地球の裏側にも送金可能です。経済を循環させるには、この辺りも重要になってくる要素と言えるでしょう。

デメリット

デメリットについても先ほどと同じで、仮想通貨のものが該当します。

流動性(浸透性)や通貨の価値の安定性などありますが、それぞれ解説していきます。

流動性の少なさ

もちろん徐々には仮想通貨の利用できる場所は増えては来ていますが、法定通貨に比べると全然と言っていいほど流動性は乏しいです。

  • コンビニでお菓子を買う
  • 自動販売機でコーヒーを買う
  • 家を買う(家賃を支払う)

これらはほんの一部にしかすぎませんが、ほぼ法定通貨で行っていることでしょう。

しかしこれは仮想通貨がより浸透してくることによって、解決できる問題だと思っています。あくまで現状でのデメリットと言えるでしょう。

通貨の価値の安定性

法定通貨には、ある程度約束された価値というものがあります。

逆に仮想通貨の価値は約束されたものではありません。極端な話、ビットコインもあと3ヶ月後には、ただのゴミくずになっている可能性があります。

法定通貨の価値は国が決めていることですが、仮想通貨の価値は人々の需給によって決まります。この通貨欲しい!そう思われればその通貨の価値自体は飛躍的に上がるでしょうし、いらないものと言われてしまえば途端に価値を失います。

現状、仮想通貨は投資・投機対象として見られることが多いため、この「欲しい・いらない」の切り替えが非常に速いです。

よって仮想通貨のボラティリティ(価格の変動率)が高くなり、通貨としての安定性がまだそこまで確立されていないというわけです。

もっと簡単な例で言えば、昨日1トークンで買えたものが、翌日は2トークン払わないと買えない。こんなことも起こり得るということも覚えておいてください。

仮想通貨ゲームが実現する新たな展望

トークンエコノミー 仮想通貨 経済 Dapps お金 仮想通貨ゲーム ブロックチェーンゲーム

まだ開発中ですが、ある1つの仮想通貨ゲームをここで紹介したいと思います。ステマではないのでご安心を。

そのゲームはディセントラランドです。

VR対応の仮想空間に自分の土地を購入し、ショップ経営やミニゲームなども行えるいわゆるセカンドライフのようなゲーム。

もちろん土地の購入は仮想通貨で行いますし、ショップなどを経営している場合は、そこで販売する商品(アイテム)も仮想通貨を使って手に入れることができます。

まさにトークンエコノミーが形成されているといいっても過言ではありません。

実際はまだ開発中なので、どこまで商売の自由度が高くなるかわかりませんが、将来的にはディセントラランド内で販売されたものが、実際に商品として受け取れるようになってくると、本格的なトークンエコノミーの形成と感じることも出来そうですね。

なかなか信じにくい話と思われるかもしれませんが、こういったプロジェクトもどんどん出てくるでしょうし、徐々に内容も実現していくものと思います。

まとめ

まとめ

トークンエコノミーとは何か?から始まり、仮想通貨ゲームの経済圏についての展望に至るまで解説しました。

考えれば考えるほど面白いです。

特に今は未だ仮想通貨の黎明期とも言われており、将来的には今以上に発展していくことしか考えられません。

まだ今はトークンエコノミー=小さな経済圏としかとらわれていませんが、これがより大きくなった時には、通貨自体の概念が今と変わっていそうで非常に楽しみです。

大きな経済圏を作るためには、まずは仮想通貨(トークン)を使う事、特にDappsは仮想通貨を使って十分楽しむことができます。

これは体感しないと伝わりにくいので、興味が出た方はDapps初心者まとめで基本的なことを確認してみてください。

Dappsの始め方から稼ぎ方、どのようなゲームを選んだらいいのか、この辺りをすべてまとめているので、ぜひどうぞ!

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players