dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > ソニーが開発!ICカード型ハードウォレット技術の概要と特徴
ソニーが開発!ICカード型ハードウォレット技術の概要と特徴

ソニーが開発!ICカード型ハードウォレット技術の概要と特徴

大手企業のソニーがICカード型の仮想通貨ハードウェアウォレット技術を開発しました。その特徴や今後期待できることなどまとめています。

Sony CSLが開発

ソニー ハードウォレット Sony ハードウェアウォレット ICカード型

このICカード型のハードウォレット技術を開発したのは、ソニーコンピュータサイエンス研究所です。このウォレットの登場により、ICカードを使って秘密鍵を安全に生成することや保存が可能となります。

今回開発された技術は非接触型と言う事なので、よく日常でも使われているSuicaやICOCAなどのようにウォレットが使用できるようになるという事でしょう。

ここではこのICカード型のハードウォレット技術の概要と簡単にどのようなことができるようになるのかの特徴について見ていきたいと思います。

ウォレットの現状

ソニー ハードウォレット Sony ハードウェアウォレット ICカード型

現在多くの仮想通貨ユーザーは、仮想通貨を購入したときにそのまま取引所のウォレットに預けるような形をとっていると思います。

こちらのウォレットはオンラインで管理されているため、万が一の場合はハッキング等によって第3者に不正利用される可能性があります。

この問題を防ぐためには、PCなどのオンライン上で仮想通貨を管理するのではなく、独立したデバイス等でユーザー自身が自分の資産を保管することが最も重要です。

もちろんそのためには、現在も販売が行われているハードウェアウォレットなどの利用を行う事が、一番手軽にできる安全な資産の保管法と言えるでしょう。

しかし現状のハードウェアウォレットとなると、預けている資産を引き出す場合に、いちいちPCにウォレットを繋ぎ、パスワードを入力してとかなり手間がかかります。

しかし今回のICカード型のハードウェアウォレットであれば非接触型となっているので、ウォレットをUSBなどで繋ぐ必要性もなくなり非常に手軽に資産の管理が行えるようになると思います。

ICカード型ハードウォレットの特徴

ソニー ハードウォレット Sony ハードウェアウォレット ICカード型

ではこのICカード型のハードウォレットの特徴について見ていきましょう。

大まかな特徴は以下のようになっています。

  • 安全性が非常に高い
  • 持ち運びが便利
  • スムーズに使用可能

それぞれ見ていきましょう。

安全性が非常に高い

こちらは先ほど触れたように安全性の高さが1つ目の特徴です。

ICカード型だからと言うわけではないですが、ハードウォレット自体オフライン上で仮想通貨を管理しているので、ハッキングに合うリスクがほとんどなく、より安全に資産を保管することができます。

またこのICカード型のハードウォレットは内部で秘密鍵を使ったデータ処理も行うように出来ているので、非常に安全性が高いと言うことが分かります。

持ち運びが便利

現在市販されているハードウォレットも小型なものが多いですが、こちらはカード型になるので、更に持ち運びが便利になるでしょう。

カードであれば、パスケースや財布にも入れることができますしね。

保管が大事だからと言って家のどこかに隠して、保管場所が分からなくなったということも聞いたことがあるので、厳重かつ身近にウォレットを持っておけることも資産を無くさないためには大事なことなるでしょう。

もし今後、日常で仮想通貨を使用する場面が多くなってきた場合にも、このウォレットを持っておけば、そのまま決済が可能と言う風になれば、非常に便利そうです。

スムーズに使用可能

こちらは上記で想像した仮想通貨の決済にも関わります。

非接触型のICカードがなぜ爆発的に普及したのかと言うと、それはスムーズに使用ができるからだと思います。電車で言えば、切符を買って改札口に通してと非常に手間でしたが、現在はカードにデポジットしておけば、かざすだけ。

この手軽さが最大の特徴となり人気を博したと言えます。

将来的なキャッシュレス化の実現を見据えたうえで、このような非接触型のICカードハードウェアウォレットを開発した可能性も充分にあります。

このようなインフラが整えば、仮想通貨の普及もより現実的に行われてくるのではないのでしょうか。

こちらは期待しておきたい部分と言えます。

今後の展開

今後はこのICカードのハードウェアウォレットの技術を生かし、様々なブロックチェーンを活用したサービスに適応していくとの考えもあるようです。

例えば、個人情報の管理システムをブロックチェーンで行う場合の利用許可を出す秘密鍵の生成など、様々なアプリケーションへの対応も可能です。

今後分散型のアプリケーションは多くの分野で利用されることが予想されるため、今回のICカード型ハードウォレットの技術は注目しておくといいでしょう。

まとめ

まとめ

ソニーが発表したICカード型ハードウォレットについて概要や特徴をまとめました。

画期的だけどウォレットだからなーと思う方もいるかもしれませんが、この開発は今後の仮想通貨の普及を左右する大きな足掛かりになると思っています。

特徴で上げたように、仮想通貨の決済が普及し、さらにはウォレットから直接決済が行えるようになると利便性が向上され、利用者も増えることでしょう。

今後の展開が非常に楽しみな技術となっているので、こちらの進捗もチェックしていきたいと思います。またハードウェアウォレットについては、カードも持ち歩くのが面倒という方もいるかもしれません。

そのような方については、スマホで利用できるMEWconnectがオススメです。

スマホアプリになりますが、ハードウェアウォレットのような形で使用でき、こちらも手軽に持ち運び等も可能なので、ぜひチェックしてみてください。

詳しい内容については、「MEWconnectの登録方法と使い方」にまとめています。

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players