dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > Skymarch EntertainmentがEnjinのエコシステムへ参画
Skymarch EntertainmentがEnjinのエコシステムへ参画

Skymarch EntertainmentがEnjinのエコシステムへ参画

カナダのゲーム開発会社Skymarch EntertainmentがEnjin エンジンエコシステムへ参加したので、こちらの内容を掲載しています。

※以下プレスリリース全文

この度Enjin Pte.Ltd.(本社:シンガポール、CEO:Maxim Blagov、以下「Enjin」) は、カナダのゲーム開発会社、Skymarch Entertainmentが、Enjinのエコシステムへ参画したことをお知らせします。

同社はEnjin Platformを、現在開発している3つのゲーム(ZealCrystals of FateThe Galaxy of Lemuria)へ導入し、EthereumベースのNFTを発行します。

また上記ゲームは現在開発の後半段階にあり、既にデモ版が一般公開されています。

Skymarch Entertainmentのメンバーは、これまでUbisoft・RiotGames・Disney・ElectronicArtsといった大手企業とのプロジェクトに携わっており、ゲーム業界において計30年以上の経験があります。

同社はNFTを発行することで、複数のゲームで使用できるIPを作成するほか、10のゲーム開発会社が参画しているEnjin Multiverseにもジョインし、既存NFTの活用することも計画しています。

Skymarch EntertainmentのCEOであるJonathon McKay氏は、今回の参画に関して、下記のコメントを発表しています。

「Skymarch Entertainmentでは、没入感が高く質の高いゲーム体験を作り出すことに取り組んでいます。また我々は近い将来、ブロックチェーンがより多くの人に使われるようになると考えており、スケーラブルで使いやすいエコシステムを構築する、Enjinの方針に共感しました、ユーザーがデジタル資産をより自由に使える環境を、2社で協力して構築していきたいと考えています。」

Skymarchが開発するゲームには、さまざまなゲームユーザー層をターゲットにしています。

例えばeスポーツファン向けに構築されたカードゲームのCrystals of Fateは、Android・iOS・PCで利用できます。

またゲームシステムは、ハースストーンやマジック:ザ・ギャザリングなどから影響を受けており、臨場感のある仕組みになっています。

PvP RPGであるZealでは、World ofWarcraftのゲームプレイシステムをベースにしつつ、PvEやバトルロワイヤル、さらには1v1・2v2・3v3・5v5・10v10といった、さまざまなゲームモードを取り入れています。

The Galaxy of Lemuriaは、巨大な銀河を舞台にし、トレーディングカードの要素を備えたMMOサバイバルRPGです。

Enjin 会社概要

Enjin Cede ブロックチェーンゲーム

2009年に Enjin Network の提供を開始し、2000万人以上のユーザーが参加するゲームコミュニテ ィのプラットフォームを構築。

2017年にICOで1890万ドルを資金調達した後、誰でも簡単に、ブロックチェーンを用いた開発・マーケティング・取引ができる、プラットフォームの開発を進め ています。

ゲーム開発者は、Enjin Platform・Enjin Explorer・Enjin Wallet・Enjin Beam といったプロダ クトを使うことで、トークン化されたデジタル資産を、新規ユーザー獲得やエンゲージメント率 向上などに活用できます。

またこれらのプロダクトには、Ethereum ベースのトークンである、 Enjin Coin(ENJ)が使用されています。

Enjin 会社概要
代表Maxim Blagov
所在地16 Raffles Quay #33-03 Hong Leong Building Singapore, 048581
設立2009年
事業内容ブロックチェーンゲームプラットフォーム事業

お問い合わせ

問い合わせ
Enjin 日本市場担当平手宏志朗
連絡先kojiro@enjin.io

記事一覧