dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > ProximaXとは?NEMのカタパルトを利用した分散型プラットフォーム
ProximaXとは?NEMのカタパルトを利用した分散型プラットフォーム

ProximaXとは?NEMのカタパルトを利用した分散型プラットフォーム

NEMのカタパルトを利用するDapps構築プラットフォームProximaX(プロクシマエックス)について、どのようなサービスになるのか、また特徴をまとめています。

ProximaXとは?

ProximaXは、NEMのカタパルトを活用し豊富なサービスとプロトコルを備えたブロックチェーンと分散型台帳技術(DLT)の拡張機能のことです。

もっとかみ砕いていえば、NEMのDapps構築を行うためのプラットフォームと考えてもらえばいいと思います。

現状のインターネットで使用されるアプリケーションの多くは、認証やデータベース、ストレージ、メッセージ機能、ストリーミングなどで構成されています。

もちろんこれらは中央集権化しているものなので、利用する場合もコストが高くつき、インフラの成長が制限されていることが難点です。

そこで仮想通貨のシステムを利用し、Dapps開発者や企業がより簡単に低コストでこれらのソリューションを導入できるように考えているのが、ここで紹介するProximaX(プロクシマエックス)となります。

カタパルトを利用

NEM カタパルト ProximaX Dapps

プロクシマエックスはNEMのカタパルトを利用しています。

これにより、いずれはパブリックチェーンとして稼働でき誰もがネットワークに参加できるような設計がされています。カタパルトの場合、チェーンとAPIサーバーが分離しているので、より簡単にアップデート等も行う事ができるようです。

これは開発効率もかなり上がることでしょう。

またプロクシマエックスではDapps開発が容易に行えるSDK(開発キッド)の提供も行う予定となっており、開発者はより簡単にDappsを作成することができます。

もちろんカタパルトで言われているスケーラビリティへの対策やセキュリティの向上などの恩恵も受けることが可能となります。

これらのDappsの開発者やノード管理者などは、このプラットフォームで利用される仮想通貨であるXPXトークンを報酬として受け取ることにより収益を上げることができるようになっているのも特徴です。

XPXトークンとは

NEM カタパルト ProximaX Dapps

XPXトークンとはNEMのモザイクを通して発行される仮想通貨になります。

このProximaXで作成されたDappsで使用するものと考えてもらうと分かりやすいでしょう。Dappsの開発者やコンテンツの提供者は、提供したサービスやものに対して、このXPXを手に入れることができます。

プラットフォーム内で利用できる通貨となっていますが、こちらは画像にある取引所でもトレード等が行えるので、しっかりとした収益を上げることも可能です。

ProximaXのサービスと特徴

NEM カタパルト ProximaX Dapps

ProximaXでは以下のようなサービスを提供します。

  • ブロックチェーン

NEMテクノロジーを活用したプラベートチェーンとパブリックチェーンの提供

  • ストレージ

分散型ファイル管理システムを活用

  • ストリーミング

オフチェーンも利用するピアストリームプロトコル(PSP)を使用し、ストリーム配信やメッセージ機能などに活用

  • コンセンサス

投票、ガバナンス、ハーベスティングなどのネットワークノードなどに報酬を付与。Dapps開発者などはこのプラットフォーム上から収益をトークンで受け取る

上記画像には細かなユースケースが記載されていますが、ここではProximaXにはどのような特徴があるのかを簡単に見ていきたいと思います。

  • ファイルホスティングサービス
  • ファイル共有
  • コンテンツ創作とマネタイズ
  • コンテンツ管理
  • 安全なマルチメディアやメッセージのストリーミング
  • 顧客確認(KYC)

これらが主に公式サイトやホワイトペーパーに書かれている内容です。

それぞれについて簡単に紹介していきます。

ファイルホスティングサービス

ファイルストレージと共有の分散化されたプライベートネットと言う形態でDappsをデプロイすることができます。

クライアントは保護された環境で、自動かつ非公開と言う形で複数のデバイス間でファイルを同期し、整理することが可能です。

ファイル共有

シームレスかつトラストレスにファイルの共有が可能となります。

もちろんユーザは常に保存しているデータがどこにあるのかも、容易に管理することも可能です。もちろん保存されているファイルはブロックチェーン(カタパルトも)を利用しているので、安全性も非常に高いと考えられています。

コンテンツ創作とマネタイズ

APIの活用やSDKの提供で、簡単にDappsの構築やコンテンツの作成ができるだけでなく、報酬面もしっかりと考えられています。

プロクシマエックスではコンテンツクリエイターには、閲覧数に応じた報酬を与える予定です。ユーザーがプラットフォーム内で作成されたコンテンツを閲覧するだけでも、簡単に支援ができるのでクリエイターも増えることが見込まれます。

コンテンツ管理

違法や不快なコンテンツをフィルタリング管理することができます。

ユーザー投票によって低評価とみなされたコンテンツは、ストレージとブロードキャストが制限されるようになっています。中央集権は存在しませんが、このような部分でも安心なユーザーエクスペリエンスが保証されています。

安全なマルチメディアやメッセージのストリーミング

ProximaXではストリームの帰属は匿名です。

作成者のIPアドレスや個人情報の特定もほぼ不可能となっています。もちろんこれらのコンテンツを利用するユーザーも同様です。

顧客確認(KYC)

もちろん詐欺に対する施策も大きな課題となります。

ProximaXは、KYC機能を統合し視聴者や開発者、コンテンツ作成者の情報を把握するようになっています。ただ先ほども触れた匿名性の部分はきちんと維持されるで、その点はしっかりと覚えておくといいでしょう。

ロードマップ

NEM カタパルト ProximaX Dapps

2018 Q2:
永続的なデータストア構造の定義

2018 Q3:
ノードエコシステムとルーティングレイヤーの開発

2018 Q4:
クライアント側のSDK/APIの開発
βプラットフォーム公開

2019 Q1:
コンセンサスと報酬

2019~:
レイヤーの拡張

簡単なロードマップは上記のような形です。

現在の日程からすると、少しプロダクトが遅れている感じがあるので、完全な形になるのは2019年以降になる可能性がありますが期待して待っておきましょう。

まとめ

まとめ

NEMのカタパルトを利用した分散型プラットフォームであるProximaXについてまとめました。

生活に基づいたDappsの構築が容易に行えるようになるので、実装すれば社会いたるところで利用されている可能性も充分にありますね。

NEMを活用したDappsも最近では増えているので、このようなものもチェックしておくと、また違った面白いDappsなどが見つかるかもしれません。

また今回紹介した、実生活に基づくようなプラットフォームの他にNEMではゲーム開発のプラットフォームプロジェクトもあります。

こちらについては、「ReadyPlayGoとは?NEMを活用した仮想通貨ゲームのアプリストア」に内容をまとめているので、興味のある方はこちらもご確認ください。

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players