dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > MOLDEX|ゲームアセットの取引ができるマーケットプレイスの概要
MOLDEX|ゲームアセットの取引ができるマーケットプレイスの概要

MOLDEX|ゲームアセットの取引ができるマーケットプレイスの概要

ブロックチェーンゲームのNFTマーケットプレイスであるMOLDEXの概要と特徴についてまとめています。ERC1155に対応するのは楽しみな要素です。

現状はα版のリリース

MOLDEXは現在α版の提供のみとなっており、利用するためにはmoldcoinが必要になります。今後はmoldcoinの代わりにETHで対応できる予定です。

MOLDEXとは

MOLDEXとは、ブロックチェーンゲームのアセットを売買できるDEXです。

オープンシーなどと同じくマーケットプレイスと考えてもらうといいでしょう。こちらを活用することでゲームアイテムをETHで取引することができます。

現状は他のマーケットと比べて特質すべき部分は少ないですが、今後の展開を見ていると、対応トークンも増やす予定となっており、差別化された使い方が出来そうです。

そこでここではMOLDEXの概要と特徴について紹介を行っていきます。

概要

MOLDEX モルデックス 特徴 概要 α版 ERC1155

MOLDEXはNFTマーケットプレイスです。

現状はクリプトキティのみの対応となっていますが、今後はその他のブロックチェーンゲームや現状のマーケットでは対応しきれていないトークン規格にも対応予定。

これらのアセットはmoldcoinやETHを使って取引が行えるようになる予定となっており、対応するゲームによっては一気に人気の取引所となるでしょう。

α版を見てみましたが、かなり簡単に操作も行えるようになっており、日本語にも対応しているので、初めての方でも安心して利用できます。

本リリースに向けて今以上の機能性になることも想定されるので、今のうちにこちらのマーケットプレイスの概要や特徴は把握しておきましょう。

特徴は?

MOLDEXの特徴は以下の通りになります。

  • ゲームをイメージさせるデザイン
  • ウォレット内蔵
  • ERC1155に対応予定

これまでのマーケットとは若干違う視点で利用できる取引所になりそうなので、これらの特徴についてはそれぞれ解説を行っていきます。

ゲームをイメージさせるデザイン

MOLDEX モルデックス 特徴 概要 α版 ERC1155

まずはマーケットのデザインについてです。

既存のマーケットではアセット(アイテム)が項目ごとに並んでいるだけ簡略的なものとなっていましたが、MOLDEXはアセットの見せ方にもこだわっています。

画像やTOPの画像をみると分かりますが、キャラクターがスライドで表示されたり、キャラの並びも非常に見やすくなっていることが分かりますね。

扱うものがゲームアイテムと言うことで、ユーザーがワクワクするような見せ方にこだわったとのことなので、アイテム探しも1つの楽しみとなりそうです。

ウォレット内蔵

MOLDEX モルデックス 特徴 概要 α版 ERC1155

MOLDEXではプラットフォーム内にウォレットが内蔵されています。

このウォレットを活用することで、メタマスクなどの外部ツールを使うことなく、簡単にゲームアセットの売買ができるようになります。

もちろん既存のウォレットもインポートできるようになっており、すでにウォレットアカウントを持っている方は、その情報を継続して利用可能です。

このウォレットを使ってゲームにアクセスできるのかは、詳細が明かされていませんが、ゲームアセットを通常の仮想通貨取引のように活用するのは面白そう。

アセット商人が少しづつ出てきているので、ゲームで活用するために購入をするのではなく、プラットフォーム上で売買を繰り返して稼ぐという使い方もできそうです。

ERC1155に対応予定

MOLDEX モルデックス 特徴 概要 α版 ERC1155

MOLDEXはEnjinのトークン規格であるERC1155にも対応予定です。

まだ現状ERC1155に対応しているマーケットはないはずなので、こちらが実装されればEnjinのゲームアセットの取引の流動性が高まることでしょう。

※厳密にはオープンシーにEnjinがあるがゲームアセットではない

特にERC1155はトークンをまとめて送信することができるので、「Aのゲームの回復薬を10個まとめて購入する」ということもできそうですね。

既存のゲームのアイテム売買に近い形で、マーケットが機能していきそうです。

特にEnjinのブロックチェーンゲームはポーション的なアイテムやEnjinCraftのような沢山必要な素材がトークン化されているので相性はいいかと。

同じマーケットとして結構比較され気味ですが、オープンシーなどとは違った角度で攻めていけるマーケットとして見ることができるのでは?と思いました。

手数料について

手数料については今のところ若干高めの印象です。

α版では売却価格の5%の手数料が取られるようになっているので、オープンシーの2.5%(基本手数料)に比べると、ちょっともったいない感じが…

ただし扱うゲームによっての手数料などの変動がなければ、現状マイクリなどはオープンシーで10%ほど手数料が取られているのでお得に感じるでしょう。

こちらは今後多くのゲームに対応していくたびに注目しておきましょう。

まとめ

まとめ

MOLDEXの概要と特徴について紹介しました。

現状ではまだ対応ゲーム数が少なく、予定している機能なども対応していない部分が多いので、パッとした印象は受けませんが、将来性はありそうです。

まだα版となっており、ここから大幅な仕様変更もあり得るとのことだったので、こちらは今後の展開や正式リリースに期待したいと思います。

またすぐに色々なアイテムを売買したいという方はオープンシーを活用するといいでしょう。こちらは一番ユーザーの多いマーケットプレイスとなっています。

こちらの利用方法は「オープンシーの始め方と使い方」で紹介を行っているので、合わせて参考にし、アイテム売買に役立ててください。

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players